2005年3月5日最終更新
2009年8月27日一部更新(DVDタイトル追加)

『宮崎吐夢記念館』推薦所

MDCL-1462、\2,940(税込)、2004年6月23日発売

(発売元のミディのコメントより)
お喋りともコントともラップともコミックソングとも何とも言いがたい、
収録時間・放送コードギリギリのヌーベルシモネタソングが全30曲! 
・・・聴くだけで耳がつわりに。

<はじめに>
えー、ここでは宮崎吐夢さんという劇団「大人計画」のメンバー、ドラマ俳優、そして音楽アーティストとして多彩に
活躍されている方の集大成アルバム『宮崎吐夢記念館』(2004年6月23日発売、79分2秒収録)
について推薦してみたいと思います。私は、宮崎さんのこれまでの経歴をよく知りませんので、
この作品自身について自分なりに感じたことを書いてみます。(だから、カルトな方とは解釈が違うかも?)

このアルバムは、曲目(下記参照)のタイトルだけ見たら「これってお下劣ソングばっかじゃないの?」
と思う人がいると思います。

そうです、およそ70%の歌は、下ネタが出てきますし、残り30%の歌も、非常に大衆的な視点の
歌ばかりです。(キッパリ)

ですが、「中学生でも書ける単純な下ネタソング集」というのは、大きな誤りです!
よくよく聞くと、歌と歌の間のセリフで、もの凄く細かいナツメロネタが挿入されていたり、
あと音楽的にもテクノマジック系が好きな人がハマりそうなこだわり作品満載です。
(私の友人のキーボード・アーティストも、これは細かい!」と驚いていました。)
それに、第一、“中学生”が、この中で出てくる「First Chimpo Liquid」「イクって何?」
そして幻のボーナス・トラック「潮吹きマンボ」の意味を言葉の深い所まで
理解できる訳がありません。(笑) さらに、ここでは、敢えて下ネタ例を出しましたが、
別にそればかりではありません。(多分・・。)
とにかく、これは大人だけがこっそり、しかも何回も楽しめる贅沢なアルバムなのです。


もともと、こういった個人的に楽しむような作品に解説をつけるというのは、
無意味かもしれませんが、上記のように浅はかに誤解されているメディアが多く、
優良な音楽ファンには届かないし、作品の公式サイトもないし、何より
実際に多くの方に届いていないことに宮崎吐夢さんも嘆いておられたし、

ここは私が一肌脱いで、どんな楽曲なのかをご紹介してみたいと思いました。

文字だけを見ると、「こ、これ放送コードギリギリどころか超えてるがな!!」と驚きも多く、
実は私自身も ためらい、らい、らい〜なのですが、「プロのアナリストなら是非!」と
ご本人からもメールをいただきましたので、清水の舞台から飛び降りる覚悟で書いています!
(どうか無事に生きながらえますように・・・。)



<宮崎吐夢記念館>全曲解説
全作詞:宮崎吐夢 作曲・編曲:鳥羽ジャングル、河合克夫、蓮実重臣、(一部)宮崎吐夢

☆マークは、ネット上に試聴音源がございますが、よりクリアな音質で楽しんでいただきたいので、
CDの購入をオススメします!トムさんの次回作の制作資金にもなりますしね!
track 曲目
ジャケットの大きさは、
私からの推薦度を示しています。
歌詞掲載 あらすじ 『宮崎吐夢』音楽診断
「宮崎吐夢記念館」
ご案内1
×、
セリフ中心の
ダニエル・ダニエラ
(通称:ダニ江)
による記念館のご挨拶。
楽しげなイントロとデタラメな外国語で
名盤は始まります。便器前では一歩前へ、
という忠告と恵比寿で山城新伍を見かけた
という余談が後の小ネタの渦を予感させます。
mini mini chimpo
○(ローマ字
だからOKか)
局部に対してコンプレックス
を持つ男性に対しての
エールソング。

なお、終盤に
「ジャッキー・チェン」
(もどき)も登場。
南の島を思わせる太鼓のリズムと
初期テクノサウンドとの融合が
クセになる曲。もちろん、歌詞の
インパクトも絶大。
「皮を被れば被るほど こうべを
垂れる稲穂かな」という表現は、
部位はともあれ技巧的。あと、
リストラchimpo→首切りchimipo
→斬らないで!というオチも練りまくり。
D.N.A ○(これも
いいのか?)
下半身の体毛の濃さに
DNAを恨む男の歌。
続いてよりテクノ色が強い歌謡曲。
「何のためにあるの?ないと不便なの
?」とか「やっぱり相性とかあるの?」
とか誰もが歌に出来なかった事を
サラリとメロディーに載せられるのは
やはり才能!
あの女のハウス
〜彼を返して、
お金貸して〜
 
×、
セリフ中心の
夜中の3時に男を返してと
女の家に押しかけるが、
そこは・・。
後半は、帰りの交通費を
求めて押し問答。
おそらくリードトラックといえる楽曲。
トランス系のサウンドに乗せて、
ストーリーがどんどん繰り広げられる。
ドアチェーンの性質とかハイヒールの
音が加速度をつける所とか、ディテール
の全てが鬼気迫っていて可笑しい。
しかし、「船橋三丁目」間違える人って
本当にいるのか??(笑)
サビのハミング風コーラスも悶絶。
ビーチクビーチ 渚、胸、ポロリ。 以上。 渚といえばGSでしょう。ということで、
もろ60年代風サウンド(例の
ギターのテケテケテケ〜って音も
入っています。)に乗せて
ちょっとバカバカしいけど、この
ふざけ方ってサザンにも通じると
思うと、結構スケール感あるかも。
チン斬り寺 ○(これも
いいのか・・)
山のふもとの寺で
老婆達が、一物を次々に
斬るという夢物語。
ボサノバ風のギターに乗せて、
冷酷な歌詞が単調に歌われていく。
実際、そういう神社は国内にあります
が、こんな歌が思いつくこと自体、
やはり鬼才だと思います。ちなみに、
歌詞カードのイラストも芸術的です。
島根? OR 鳥取?


<お子様に
も安心!>
外国人(ペリー)がお得意先
の出身地が島根か鳥取か
思い出せず、もし間違えたら
「最大の屈辱を与えてしまう
のでは」と 思い悩む歌。
これは、東日本の80%の人が
間違っているようなので、ネタ自体は
よくよく分かります。それを、外国人
(ペリー?)にやらせて、本気で
悩んでいるようにみせるのが滑稽。
島根、鳥取、鳥取、島根と連呼される
サビもハウスっぽくて夢に出そう。
First Chimpo Liquid

×
というか無理
第一液の大切さを、
分かりやすく
そして馬鹿らしく
語ったもの。
この中で最も「皆で聴けない」歌。
打ち込みの音よりも、ヴォーカルが
前面に出すぎているような・・。
ともあれ、「教師びんびん」と「無職
びんびん」が対比され、更にその
「無職」には「無色(液)」がかけられて
いる。しかも、「我慢は大事、
我慢○はもっと大事、それが一番大事」
って、フレーズは格言のみならず、
90年代のポップスも、そして医学的な
根拠を理解した上での下ネタも理解
せねばとうてい書けません!(笑)
Ne Mets Pas
De L'Ocaca

Sur Mon Oqueque!
×、
セリフ中心の
アニメオタクの彼と
付き合う女性(またもや
ダニ江)が、どうしても
耐えられないという
彼の性癖をカミングアウト。
80年代前半の初期テクノを
思わせるサウンド。「オケケ」「オカカ」
を混ぜこぜにしたサビの歌詞が
一見馬鹿らしいが、「オケケ」「オカカ」
という発音の混同を、実物の混同に
話を飛躍させている点が、もの凄く
計算されている気がします。いや、
偶然ではないでしょうね。
10 私事(わたくしごと)
ほとんどセリフ
(自筆歌詞)
二つの夢物語が語られる。
1・『人妻Mの憂鬱日記』
2・(ヒデと)ロザンナ、
銀座の中華屋に現る
個人的には面白い事を言うだけ
言っておいて「全部 夢だった」と
いうのが残念。ロザンナのディテール
なんて最高に面白いのに!でも
これは、打ち込みを基調としながらも、
リズムはレゲエっぽくてサウンドだけ
でも楽しめます。
11 麻薬犬に生まれて

×、
セリフ中心の
成田の生活にもうなりた
(脱力・・)麻薬犬は、
単調な日常に飽きている。
しかし、そこにマユゲ犬が
現れ、「君はいいな〜」。
その理由は・・ツルツル。
トランスを基調としながらも、
途中「ギンギラギンにさりげなく」(1981年)
が挿入されているのに、クスリ。
「因果な商売、麻薬犬、
嫌なネーミング、麻薬犬」と、
犬の立場から語られる視点の
鋭さは、中島みゆきにも通じるモノを
感じます。(内容は別として。)
12 毎日、寿司でもかまわない

×、
でも明解です
寿司が大好きな女性が
将来、寿司を食べ続ける
為に、あれこれと妄想を
繰り広げる歌。
ユーロビートに乗せて、宮崎特有の
妄想に妄想を何段も重ねるところは
もはや止めることが出来ない。
特に、子どもを寿司職人にするわ!
今、遅れてるから妊娠してるかも?→
私産むわ!→名前は「すし太郎」よ!
・・というスピーディーな展開は、聴衆を
どんどん引き込んでいきます。
13 ディナーは炎のそばで 家の近くで食料品店が
燃えていて、その匂いで
ご飯をパクパク食べる男
(米どころ出身)の話。
しかし、その出火要因は・・。
火災やパトカーの効果音、
中華的なシンセサイザー音
などアレンジがシンプルながら
面白いです。歌詞は、まぁオチが
予想できる内容かも。それにしても、
外国の女性、情けない男、
退屈な犬、単調な語り、と
この歌による声色の使い分けは
中村美律子もビックリかも?
(まぁ、内容にも驚くだろうが・・。)
14 イクって何?


次々と深遠な
歌詞が出てくる
ので、ご確認を
「どこにイクの?」
「何乗ってイクの?」
「日帰りでイクの?」と
次々と疑問を投げかける
箱入り娘の歌。
初期のKYON2あたりがやっていそうな
歌謡曲的ハウスのアプローチ
とは裏腹に、妄想が妄想を呼び
加速度をつけていくのが聴いていて快感。
歌の途中で、「お客さんどこから来たの?
竹ノ塚?」というアドリブっぽいセリフは
LIVEを大いに意識した作りなのだろう。
後半のサンプリングもテクノファンの
ツボを大いに刺激。
15 猫飼いたい、
でも犬飼いたい


<お子様に
も安心!>
犬と猫を一緒に飼いたい
と悩む女性(おそらく
ダニ江)の歌。
80年代前半の洋楽ポップスに通じる
ギターとシンセサイザー音のループに
メインヴォーカルとコーラス(河合克夫氏)
の絡みがあるのが楽しい1曲。
こうして順番に聴いてみると、宮崎さんの
歌って、二者択一を悩んで心配しすぎる
ことが非常に多いですね。(笑)この辺が
マニア心をくすぐるのかも。
16 「宮崎吐夢記念館」
ご案内2
×、
セリフ中心の
ダニエル・ダニエラの
プロフィールについて。
体のある部分に
蟻が渡っていたそうです。
オカルト風のアレンジに、延々と
ダニ江の苦境が語られ、「記念館」の
案内とは何の関係もなく、オチの
「蟻の〜」(←これも今の中学生には
分からないネタのはず)以外は、コミカル
さも全くないトラック。(没になった曲の分の)
収録曲数&時間かせぎの1曲かも??
17 アイツはDOG FOOD! ○、
<お子様に
も安心!>
犬とドッグフード、
猫とキャットフードの
関係の歌(かな?)。
昭和マンボ歌謡にも通じる粋な
ベースやトロンボーンの音で始まるが、
歌の内容は1番はワンワワン、2番は
ニャンニャニャニャンと連呼するだけで
そんなに深い意味はなさそう。あ、
これを聴いて昔ポンキッキで聴いた
「サカナとニンジン」の歌を思い出しました。
それだけ子どもが聞いて喜びそうな
キャッチーでシンプルで危害のない歌で
す、珍しく。(笑)
18 倦怠期なんて怖くない

○、文字で
見るとやや
恥ずかしい
倦怠期を乗り越えようと
様々な性的アプローチを
考える女性が、最後に
見出したものは・・。
トランス系のループにタイトルのサビ
部分の歌が乗り、それ以外は延々と
「倦怠期を乗り越えるための漫談」が
語られます。「卑猥な言葉を挨拶代わりに
使ってみては?」という提案のあとに
出てくる用例がなかなかバカらしくて
笑ってしまいます。これはネタ度が
高いので、「エンタの神様」などのヌルさに
満足できない方にオススメします。
19 モンデモンデマンボ モンデ!モンデ!と
連呼する女性の歌。
あ、話をモンデ!という
歌らしいです。
イントロの「ウッ!アッ!」は田原俊彦の
「シャワーな気分」(1983年)を彷彿と
させ、その後は南国のカーニバル風の
アレンジが、気持ちを昂揚させます。
それもこれも「モンデ!モンデ!」という
メインの歌詞を盛り上げるための戦略。
(そして、最後に「ヘンな意味じゃないの」
と一気に落とすのも。)この急降下を
快感と取るか、スカされたと取るかは
その人次第でしょう。
20 DEKI-GOCOLO? ×、
セリフ中心の
出来心で万引きを犯した
母とその息子の潜入ルポ。
全体に声にディストーションが
かかっているのは、潜入ルポ風に
仕立てるためであろう。主人が、
静岡で警察をやっているとか、
知らせたら離婚されるとか、ディテール
がいちいち引っかかって面白い。
アレンジが(NHKではなく)民放の
オバちゃん向けドキュメンタリーみたい
なのも意外と凝っていると思います。
これは、全編下ネタなしです。
21 ナマハゲ・
トラウマ・ガール
×、
セリフ中心の
幼少の頃、ナマハゲに威嚇
されたのがトラウマとなった
女性が、自らナマハゲと
なって幸せを勝ち取ると
いう物語なのだが・・。
左記のようにベースとなっている
ストーリーは、いたって真面目なのだが、
肝となっているのは、友人・かずみの
ナレーション。芸能ネタ、下ネタ、単なる
ダジャレと蛇足の連発で、これでどれだけ
笑えるかで、その人のボキャブラリーの
多さが分かるかも?惜しむらくは、
小松智幸氏(おそらくパソコン雑誌の編集)
扮する友人のかずみが、ほとんど棒読みで、
笑えるところを逃しそうになる所。
私は、芸事はやはり芸人がやるべき
だと思っているので、やや気になりました。
22 裸のスチュワーデス

○、これも
文字で確認
いただければ
なぜか裸でいる
スチュワーデス(現:CA)
とパーサーの実況中継。
ベースの音だけ追って聴いていると、
後藤次利のようなドライブ感に酔える
ナンバーだが、歌詞はなぜか裸でいる
スチュワーデスが、これまたなぜかバス
ガイドのように左手や右手、そして
マリモ(・・絶句)の解説をしているという
内容。他にも、スチュワーデスから
パーサーへ連絡するときにステレオの
左右を移動する芸当などなかなか細かい。
23 サゲマン VS アゲチン ○、双方を
間違えずに
歌えるよう
練習できます
運気を下げる女性と
運気を上げる男性が
つきあうと、勝負は?
テクノ歌謡の真骨頂とも言えるアレンジ。
そこに、ひたすら「アゲチン」、「サゲマン」が
連呼されるので、これの
評価の上下で、その人が歌詞を重視
しているか、曲を重視しているかが
分かりそう。でも、「どっちが勝つか
負けるか、というより何をもって勝ちと
するか」というのはなかなかの名言。
そう、恋愛に勝ち負けなどないのです。
24 She's a
HIGO-MOCCOSS!
×、
音感重視で
作られた為
ひたすら「肥後もっこす」が
連呼されます。ちなみに、
頑固な人を表す熊本の
方言です。
平井堅の「KISS OF LIFE」にも共通する
四つ打ちサウンドに乗せて、
「お前のあそこもHIGO-MOCCOSS!」
ほかちょっと訳の分からない歌詞が
連発。「モッコス、モッコス、ズーチャ」(?)
と連呼されるあたり、どうやらこれは
頭で聴くのではなく、腰で聴く音楽
なのかもしれません。
25 お酒女優

○、ストーリー
仕立てなので
これは有難い
お酒を取るか、
女優を取るか、
選択を迫られた女優の
選んだ道は・・・。
これまた特定の(!)ダンスフロアで
パワープレイされそうなサウンドに、
途中、『夜のヒットスタジオ』で一時
あったような歌謡ドラマが挿入されて
いるミュージカル仕立ての作品。特に、
「お酒女優」さらには「点滴女優」という
道を選ぶというストーリーは、
宮崎吐夢の発想の余裕を感じずに
いられない。「歌は3分間のドラマです」
というかつての名言を思わせる1作。
26 コリコリ乳首、
フニャフニャ乳首
×、
意味を求めては
いけません
乳首の好みのタイプを
問う歌(でも、そこまで
意味はありません。)
様々なサンプリング音が重ねられた上に、
「コリコリ」「フニャフニャ」と声が混ざって
より煩雑になっているので、要素分析が
好きな人は、いろんな聴き方が出来て
楽しめるかも。それはさておき、
「コリコリ」の定義を騎馬戦の騎馬を
例に説明する歌詞は目から鱗です。
27 犬が私を噛むんです

○、
これは歌謡曲
っぽい構成
犬にも猫にも主人にも
噛まれてしまう女性。
そして歳をとり、いつしか
犬にも猫にも主人にも
噛まれなくなった女性。
噛まないで、かまへんで。
まるで細野晴臣作曲(「哲学しよう」
など)のような淡々としたメロディーに、
色んな生き物に噛まれる女の悩みが
綴られる。個人的には、噛まれなく
なってからの淋しい女が
「砂を噛むような日々続く
一人淋しくほぞを噛む」
と歌うところが上手い!と唸ってしまい
ました。河合克夫氏によるバカボンの
パパの歌のコーラスのような寂寥感も
いい味を出しています。
28 「宮崎吐夢記念館」
ご案内3
×、
セリフ中心の
ダニエル・ダニエラによる
「音楽と私」について。
16と全く同じアレンジだが、こちらは
「音楽って本当にいいものですね」と
後半の締めをとりあえず意識した形で
語られています。それにしても、
宮崎吐夢の叫びは、いじられキャラの
いい味を出していますよね。
29 バスト占いのうた 

(動画もあります。
○、見比べると
面白いです。
文字の話です。
AカップからHカップまで
の好きなサイズから
人格を判断するという
歌。先生はペリー。
早く言えば「ten little indian」の
替え歌。どのサイズを選んでも、
文句が出るのは悩ましいが、
「女の人を胸で判断するのはよくない
ことですよ」とすごく当然、しかし現実と
して全くそうではない世の中への
警鐘とも取れるオチが秀逸。
30 一生、
うんち出ないかも音頭


×、あまりに
馬鹿らしい
からかな?

<お子様に
も安心!>
バナナを食べても、
下剤を飲んでも
便通がない人が
「一生、出ないかも」と
お囃子に合わせて歌う。
演歌ファンが喜びそうな太鼓の音
から一転、ちょっと力んで音を外し
気味な宮崎の歌が始まる。
この歌でも「うんちのうの字もでないのよ
うんともすんとも出ないのよ」と
相変わらず作詞力は抜群。
(親が聞かせるべきかどうか
は別として)子どもが喜びそうな歌です。
(補足) 潮吹きマンボ

×、これは
無理でしょう
今年、三十路になる女性
が“未体験ゾーン”に突入
することを妄想。しまいには、
ドクトルマンボ!
ドクトルチエコ!
倍賞千恵子!
賠償請求!却下!
と狂乱してしまう。
某マンボの名曲を彷彿とさせるのでは
と懸念され収録が見送られた楽曲。
確かに、「景気をつけろ 潮吹いておくれ」
という歌詞は、歌謡通なら誰もが
「こ、これは・・」と絶句しそう。
(最後のサビの前の静寂の間も
よく似ている、もちろん確信犯。)
この歌では、潮吹きに関する全ての
知識を歌詞にするという相変わらずの
巧みな歌詞と、後半のシャウトが
素晴らしい。是非とも、また何かの
イベントで解放してほしい名曲です。
<おわりに>
ということで後先考えず、2日間にわたって全曲の解説をとりあえず書いてみました。
更に、詳しく知りたい人は、自分でCD店、あるいは↓のAmazonリンクで買って下さい。
そうすれば、宮崎吐夢さんの次回作の制作コストにもかなり反映され、
今後も名曲が生み出されていくことでしょう。

この「推薦所」によって、宮崎吐夢さんの音楽活動(ついでに、私の音楽アナリストとしての職務)が、
より良い方向に続くことを祈るばかりです。



2005年3月 臼井 孝

<こちらもオススメ!>2004/5/14に発売された同氏によるDVD BOOK
『今夜で店じまい』です。30ものコント映像集としりあがり寿(漫画家)/鏡リュウジ(占星術研究家)/大森南朋(俳優)
/天久聖一(漫画家)/篠崎真紀(イラストレーター・ライター)/高橋洋二(放送作家)/安田謙一(ロック漫筆家)/
伊村睦男(中小企業診断士)などが対談や寄稿したBOOKが付いています。定価2973円ですが、Amazonでは
数百円ととんでもなく安くなっています。この完成度で1000円以下とは驚き&怒り!是非とも皆で回収しましょう(笑)!


(収録内容)★は特にオススメ。死にたくなったら見て下さい。必ず元気になれます!
バーにて/ロックは死なない/春の風物詩/ストリートミュージシャン/
★FMスタジオ/ショービジネス/白衣の天使/父兄参観/
★手タレの一生/ストリートミュージシャン2/決勝/舟唄/カルロス/イワンのバカ/商談/ヤリマン/泣かせて…/前向き/
エリーゼのために/雨女/★コンブの風味のする女/降霊/究極の選択/ステージママ/★「パイパンだもの」/
ストリートミュージシャン3/
★★★カウパー&バルトリン/はつゆき/冬の土下座/「今夜で店じまいのテーマ」(完全版PV)

<こちらはちょっとオススメ!>2006/4/28発売のDVD+CD+BOOK
『今度も店じまい 今夜で店じまい 2nd SEASON 』です。第1弾に比べると、ちょっとネタ切れな部分が
散見されるし、河井克夫さんとのデュエットものが多く、宮崎吐夢単独名義の毒味はちょっと薄まっています。
それでも、清水ミチコとの対談は両方のファン必読ですし、CDで聞くとより締まった内容が良いです。


(収録内容★は特にオススメ。死にたくなったら見て下さい。必ず元気になれます!
【DVD】
★舌禍事件/ストリートミュージシャン4/★キューリー主人/エッチママ/カ・ジ・テ・ツ・ダ・イ!/カウンセリング/
ストリートミュージシャン5/女性専用車両/話し方教室/豪華3本立て!! 夏休み店じまいまんが祭/ストリートミュージシャン6/
倦怠期/ヨーデル教室/鼻クソほじり占い/ヤバイ奴ら/僕たちの邪馬台国論争/芦田兄弟/舌禍事件2/ストリートミュージシャン7/
もうひとつのバーにて/専門学校校歌 / (おまけ映像)
★★★ペリーのお願い/ピアノレッスン

【CD】
1. Intro〜今度も店じまいのテーマ/2. BLACK UNKO/3. むしろキューリーはこのアタシ/4. カ・ジ・テ・ツ・ダ・イ!(british neet mix)/
5. Tingue Bossa Bosa Bossa Nova(チンゲ・ボッサボサ・ボッサノーヴァ)/6. おつりもらってないんです/7. セミ・リタイヤのすすめ/
8. ニャンニャン写真/9. 裏日本に生まれて/10. 昭和の情熱/11. 専門学校校歌/12. TABASCO UNKO/13. カ・ジ・テ・ツ・ダ・イ!/
14. 僕たちの邪馬台国論争/15. 今夜で店じまいのテーマ /
(ボーナストラック)16~18. Acidda兄弟I、II、III〜組曲『芦田兄弟』(「南部イマラチヨ追分』『南部茶臼節』『南部乳腺包み込み恋歌』)より〜
19. 今夜で店じまいのテーマ(カラオケ)



<参考>
・・トムたんもいいけど、これを紹介しているうすちゃんもヨロピク。(ぼそっ(笑))
あ、吐夢たんファンなら、しりあがり寿さんのジャケットがイカシテる『アニソン・ヒッツ!』はまるはず。
あと、ビジュアル面からのお色気が好きな昭和歌謡好きは『ミッドナイトエビス シーズン1』もオススメ。


 

トップページ  @「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 B「U」の遊び部屋

c:\homepage\usunigao.gif