18回目のラスベガス
3日目〜

  4日目
 デスバレー
ツアー

出発
カジノの後はシャワーをして身支度。寝ないでツアー参加という結果になりました。

3時に集合でしたが私たちは2時半過ぎにロビーに。するとガイドの人も早めの到着ですぐ出発になりました。時間に余裕があるので『ラスベガスサイン」に寄ってくれました。

18回目にして初めての場所です。
深夜なので人は数人。でも、エルビス風のおじさまがいて記念写真を取ってくれました。ちゃんとハンディーライトを持っていてベストショットを撮影。ライトがないと後ろのサインボードで逆光になるらしいです。
もちろんチップが必要でした。
  

 
 星空と
朝日観賞付きデスバレー
ツアー
 ツアーの途中ガススタンドで小休憩し 曇り空ながらも星空の見えそうな所に車を止めて星を見ます。
たしかに曇っていましたが雲の切れ間から見える星は東京ではありえないくらい多くの輝きを見せてくれました。天の川までは無理でした。
その後、DantesViewで朝日が昇るのを待ちます。曇り空は相変わらずでした。でも、朝日っぽい写真が撮れました。

デスバレー公園内のホテルで朝食後はそれぞれのポイント観光になります。
が、一人友人が具合が悪くなって行動できなくなりました。始めのポイントはBad Waterは軽く散策。
その後、Artist Pallet、Golden Canyonを回る予定でしたが車窓からの観光で失礼させていただき帰路につきます。
 ところが途中のハイウエイ―で事故渋滞に…。引き返すにも他に道がない状況で30分くらい足止め。
     
 Dantes viewで見た朝日。

    

 以前(2001年)訪れたデスバレーは真っ白できれいだったのに それにもっと広々していたと思いました。
 なんだか残念。ガイドさんの説明では水位が下がっているらしいです。
休息 

夕食
 12時半にはホテルに戻って、お昼寝。3時間くらい寝てしまいました。
夕食は具合のよくない友達のため、
カジノフロアの中華屋さんでテイクアウト。
驚いたのはラーメンが麺と具、スープが別容器に入っていたこと。
テイクアウトでもおいしくいただきました。
サンドイッチと紅茶も用意して豪華な夕食でした。 
カジノ   食後はカジノへ移動。
パリスでスロットを始め、その後ブラックジャックもしますがどうもツキがなさそうなのでバリーズへ移りました。バリーズのブラックジャックでは一進一退しながらもチップがそこそこ増えて勝ちました。
ここでの、反省点は日本人の方が同じテーブルになって ディーラーが同じ日本人同士と言ってくれたのに愛想のないおばさんに終始したことです。まぁ、相手の方もこちらに関心があるようには見えませんでしたが・・・。
 勝った分はそのままパリスのスロットで消えました。
 5日目   
朝の散歩   2時半に寝たのに3時間ほどで目覚めてしまいました。
 今日はエンジョイラスベガスのまさしさんにお会いします。朝から一緒にショッピングの予定です。
 時間をもてあまし1時間ほど散歩に出ました。パリス→プラネットハリウッド→バリーズ→クロムウェルと歩きました。途中で小雨が降ってカジノで雨宿りしたり、のんびりしました。
 
   
 朝食  ホテルまでまさしさんのレンタカーで迎えに来ていただきショッピングツアー開始です。
 まずは地元の方の利用が多いというMarieCallenders でオムレツをいただきました。
 タイミングが悪かったのか料理の出てくるのが遅かったのですが、待つ間にお店のサービスでバウンドケーキが出てきたりしました。
   
 サマリンの
ショッピング
モール
 最近できたモールでどこも新しい感じです。とても広い敷地にデパートやアパレル、雑貨などなんでもありなところです。郊外のモールということでいたるところにきれいに緑化されたスペースがあります。ヤシやサボテンが主です。
 ストリップでは見かけなくなった雑貨屋さんもあってつい買い物。
 ラスベガスではよく利用するお店もしっかり出店でセールのブラウス購入。
   
 続いて
Trader Joes
dollar tree
TJMaxx
Ross
Walmart
 私が行きたかったTrader Joesへ行きます。ここでスパイスとかエコバック、お菓子など。
 Dollar Treeはアメリカ版の100均、面白いものがありますが日用品は日本のダイソーの勝ち。
 TJMaxxも外せないということでまた移動。安いのですがピンとくるものはなくて、隣のRossへ。お土産のTシャツとか買いました。
 最後にWalmartによって休憩を兼ねてお買いもの。
   
 休憩  ホテルまで送っていただき暫し休憩。
事前に19時ウィン集合と伝えてあった友人2人はどこにいたのか?
 
 ウィンで
オフ会


ル・レープ
 19時ウインのバフェの前に集まり、ミニオフ会が始まりました。
 まさしさんと息子さん以外は女性6名というメンバーでしたが、それだからかもしれませんがラスベガス話に盛り上がってとっても楽しかったです。一人で旅行を楽しんでいる方もいて頼もしかったです。
 またお会いできるといいのですが。

 2時間ほどの会の後、 私たち3人はル・レープを観るため失礼しました。
 数年ぶりのショーでしたが内容も多少変わって私的には◎。
   
 カジノ  ウィンでは少しの時間ブラックジャックをして$50だけ勝たせていただきました。
 でも、雰囲気もディーラーも覚えていません。
 
 6日目   
朝食   実質最終日。
 何も決まってないまま部屋でサンドイッチを食べる。
 
MGMホテル   とりあえずMGMに向かいます。途中でM&M’Sに寄りました。MGMでちょっとカジノをしてニューヨークニューヨークホテルへ。     
 MGMのスロット       NYNYのチョコレート製女神さま
ニューヨーク
ニューヨーク
 
 友人の一人がジェットコースターに乗ると言うので乗り場まで行ってみる。
 アーケードゲームがたくさんある中、友人を見送り待つことに。子供向けのゲームでしたので私は見るだけでしたが、外国人の子どもってみんなかわいい。親子の様子もほほえましくて楽しかったです。 
 ジェットコースターは横揺れ(古くて?)もあってスリルがあったみたいです。
 ホテルの2階にあるチョコレートショップHERSHEYSで最後の買い物。
シェイク・
シャック 
バーガー
 道なりに歩いているとホテルの角に看板発見。「シェイク・シャック」来年日本上陸予定のバーガーなので食べることにします。
 幸い行列も無くすぐに注文できました。
 おいしかったです。ポテトのチーズがけもおいしかった。ボリュームもちょうどよい感じです。
    
マイケルジャクソンンの
そっくりさん
ショー 
 再び、バリーズ前のチケット屋さんで何を観るか相談しながらチケットを購入。
 以前、思いつきで買ったショー「ICE」が予想に反して良かったので 知らない名前に挑戦してみました。
 ホテルで少し休んで、ストラトスフィアへ向かいます。
 マイケルのそっくりさんショー「MJ LIVE」です。一瞬そっくり、よく見ると…。でも、歌もうまいしダンスも。
狭い劇場ですがおおきなスクリーンがあって、そこにマイケルもどきさんが写ると目の前に居る実物より似てる!
客あしらいも面白いしプロだなぁと感じました。 
 トップ オブザ ワールド
でディナー
 ショーが終わった後にはそのままタワーの展望台でディナーにします。
 予約は必要なのでショーの前に予約。
 思いのほか早くショーが終わって、
  レストランの受付で時間変更をお願いしたらラッキーなことに日本語を話すおじさんが受付で、すぐ変更できました。そのままエレベーターへ。
レストランの席は窓際とは行きません。
窓際のほとんどがカップル席でしたから。
 この旅最後のディナーなのでここでは唯一の4コースを注文。一人$90なので飲み物やチップで幾らになったか…。不明。
 テーブル担当の若い女性は日系の方らしくぎこちないけど料理の説明などはきちんと日本語でしていただけました。
 ロブスタービスクは身が入った皿にテーブル上でスープを注いでくれます。
ホタテの焼き物も身が大きくてやわらかくおいしかった。
 フィレステーキもおいしかったのですが大きすぎて半分がやっとでした(もったいなかった)
 デザートは別腹でいただきました。
   

  このレストランはタワーの上で回っていますので途中で
 席を立つと場所がわからなくなります。
カジノ  ストラトスフィアでもカジノをした記録がありますが。
何をどうしたのか全く覚えていません。 
 ホテルの帰ってからは荷造りです。
 深夜には再びカジノへ。
 7日目   
 起床
チェックアウト
 午前3時、部屋に戻るが同室の友人はまだ帰っていませんでした(笑
 寝る準備をしていたら帰ってきましたけど。
 7時半に目覚め出発の準備をして9時には部屋を出ました。
 チェックアウトのカウンターはやっぱり列ができています。自分たちの部屋番号を伝えて清算しますが、カジノのカードを出してポイント分を差し引いてもらいました。
 でも、3人一緒に出したので誰がどれだけのポイントだったか???先にカジノのカウンターでチェックしてもらえば良かったと反省。
 一旦、荷物を預けて最後のラスベガス。
   カジノカード
      上から

・トータルリワーズ
      (ゴールド)

・エムライフ
      (セピア)

・パリスのカードキー
 ベラージオ
ホテルへ
 ここの中庭にまだ行っていない友人もいたので行ってみます。朝の光の中、優しい感じの庭です。
 多少けばけばしいのはアメリカらしくて良いかと。
   
カフェで
朝食
 
ベラージオのパンケーキはいたってシンプルでした。
その上、1枚とは上品です。 
  
最後のカジノ  12時過ぎまで別行動。他の二人がどこでどうしていたかは知りませんが、私はベラージオに残ってカジノです。
 ブラックジャックのテーブルがたくさんありますが$10のテーブルがあったのでそこに座ります。
 しかし、超初心者らしき紳士が左側の端に。そこで、初心者丸出しになんでもかんでもヒットを連発。
 それはないよねぇ。と、思っていたらディーラーも優しくレクチャーしてましたが理解ができなかったみたいです。
 結局$200負けました。
 ブラックジャックは基本ディーラーとの1対1の勝負ですが、いくらなんでも酷い有様でした。
 それも最終日だし、忘れられないです。 
12時30分
空港へ 
 パリスホテルで待ち合わせ、荷物を受け取ってタクシーで空港へ向かいます。 
 空港でのチェックインはスムーズでしたが、やっぱり私の荷物はヘビーだったみたいです。

 空港のトラムに乗る前にセキュリティーがあります。ここは何時も結構並ぶのです。
列の中にママに連れっられた男の子が見送りのパパを見ながら我慢しながらもポロポロ泣いているのをみて切なくなりました。
   
機内の様子  国内線(ラスベガスーロサンゼルス)は満席に近かったです。
しかし、ロスからの便はビジネス席は埋まってましたがエコノミーコンフォートはガラガラで空席あり。
離陸後、食事が出ましたが、今までで一番食べられない感じ。メインの料理がなんだったのか・・・。
もう、寝るだけですから1回目の食事が出た後は後ろの席移って3席使って寝てしまいました。
ぐっすり寝てしまったらしく、途中のスナックは気づきませんでした。到着前の食事?はオムレツを挟んだ様なパンでした。
   
羽田到着   予定より数十分早く羽田に着き、どこにも寄らずにタクシーで帰宅。  

 以上、長い旅行記にお付き合いいただきありがとうございます。

 ラスベガスって本当に魅了的な街で幾らいても飽きません。
日ごろの生活を抜け出し非日常を味わいリフレッシュできるところだと実感。

  今回はスマホを片手に相当記録を取ったつもりでしたが、振り返ってみると
あいまいなところも多く残念でした。
 でも、カジノの収支は凄くハッキリさせることができました。
 そこで分かった事は、スロットをやらなければそこそこ勝てた!ということです。
だからと言ってスロットをやめるわけではありませんが。