行ってきました、ラスベガス!!

 15回目のラスベガスは良く言えば自由な
実は「計画性のない旅行」でした。
 
 メンバーは昨年同様、友人A・友人B・私の3人。
日程は航空券の安い7月始め。羽田発のデルタ航空。
ホテルはParis。場所が便利でそこそこ安いから。5月初めから予約をして出てくる値段に応じて3回キャンセルと予約を取り直しました。最終的にLuxury Roomを$112(カジノレート)と$728で2部屋とりました。
デポジットは$400くらいカードに請求がきました。1泊目が金曜日なのでデポジットが高めでした。
  7/6(金)
   ギリギリ6時過ぎまで仕事をして、9時半に我が家を出ました。
10時の待ち合わせにも間に合って、出国エリアのフードコートでラーメンを頂きました。
定刻通りの出発で日本を離れます。
 現地時間7/6(金) 
座席は後方3列シートをとって正解、遠慮なくトイレに行ったり話したりできました。
始めは後ろの親子連れがにぎやかでしたが、少しすると寝てくれてました。
夕方、ロスに到着。第5ターミナルに着いたのに、延々と歩いてバスに乗せられ…。
入国審査はトムブラッドレーターミナル??
入国審査は空いていましたが出てから第5ターミナルまで歩きました。はぁ。
国内線出発までの 間に一服。ターミナル内のバーで一杯。
ラスベガスへは23;40くらいに着きました。機内からの夜景は素晴らしかったです。
 到着前の機内食 夜景(ブレてます)

空港からホテルにタクシーで、12時過ぎにはチェックイン。
ここで、「$20サンドイッチ」を決行。
クレジットカードとID(パスポート)の間にチップ$20を挟んで手続きすることなんです。
英語が苦手なのでiPhoneにあらかじめ入れた「アップグレードには幾らかかりますか?」「コネクティングルームをお願いします」というメモを見てもらいました。
すると、受付の女性は「待ってて」と奥へ。待つこと数分、多少の笑顔で戻ってきたら、「眺めのいい部屋で料金もそのままでOKよ」みたいな話をしてくれましたので、ありがたくキーをもらってエレベーターへ。
部屋は27階のエレベーター近くで『2751』と『2751P』で隣同士、、やった!!コネクティングルーム!
入ってビックリ!!
ワンランク上のRedRoom、その上、一方はミニスイート
ジャグジー付の無駄に広いバスルーム、ソファーセットも完ぺき。ミニバーもあって…。
これは、$20の効果か今までの私たちの実績か、謎です。
ラスベガスのホテルも最近変わってきたのか
どちらの部屋にもコーヒーメーカー(コーヒー付き)、空の冷蔵庫もありました
 深いバスタブ  

   
荷物をざっとクロゼットに入れて、まずは食事。
深夜なのでカフェで簡単に。オーダーはハンバーガーやサンドイッチなのにちっとも出てきません。
約20分待って夜食になりました。
その後は解散、カジノへ繰り出しました。
就寝は3時過ぎ。
 7/7(土)  
   時差ぼけのせいかあまり眠れず8:00には起きだして身支度。
まずは朝食、モナミガビに行きます。
行列もなく入れましたが、テラス席は満席。インサイドでもOKと言うとすんなり案内されました。
席はインサイドでも開け放たれたテラス席の窓際。気持ちよい朝日と、冷房の風に気分良い食事となりました。
    
   フレンチトースト 
滞在1日目ということで特に予定もなくカジノをやったり、昼寝をしたり、まず第一弾の無計画ぶりでした。
夕方から一人でショッピングに出かけ、フォーラムショップのコーチやミラクルマイルを見て回りました。
シーザースでは予約してあったセリーヌのチケットを受け取りました。
チケットの受け取りではアクシデントがあったのですが、ここには書けないのが残念。
スリッパ代わりにしようと履きやすそうなビーチサンダル?を見つけ購入。
$80は高かったとあとで気がついた。

夕食は待ち合わせてTODAIへ。1日目から日本食のバフェです。
寿司ネタは良いのですが、酢飯とはいえない味、御飯は握りが弱く箸で取ると崩れるくらいでした。
色々な巻き寿司やうどん、デザートなどそろってましたので良しとします。
この日は、3日遅れでシーザースパレスで 独立記念日の花火があるということで、ミラクルマイルの入り口で見物。日本ほど派手ではないけれど、大玉と思われる花火が次々に上がり壮観でした。特にベラージオの噴水とコラボしたかのように両方を見られて良かったです。
何回かは独立記念日にラスベガスに居ましたが花火は初めて見ました。
   
  その後は再び自由行動ということで、パリスに戻りカジノタイムでした。 
 7/8(日)  
 時差ぼけのせいかあまり眠れず・・・ってまぁそこそこ寝たみたいな中途半端な感じで10時ごろ起床。

朝バフェと言ったらフラミンゴでしょう。チェックインの時の$5オフのカードもあるし。
料理の質も落ちてないし、気持ちよく食事ができました。
         
   
  デザートのクリームブリュレ。
 これは甘すぎて食べてはいけないもの、NO1!
  フラミンゴからはタクシーで、プレミムアウトレットへ。
目指すのは、コーチ、トリバーチ、ロクシタンなど。
コーチでは、特にほしいバックとかは見つからず、傘とスニーカーを衝動買い。どちらも$40くらいで安い。
トリバーチではバックと、iPhoneケース。日本人のスタッフが居ました♪
バックはななめがけできるメッセンジャーバックなのですが、ふたになる部分のマグネットが強力みたいで、知らずに入れていたカジノカードとルームキーが使えなくなって…。
財布に入れていたクレカが無事でよかった。
ロクシタンでは最近のお気に入り、ローズシャンプーや石けん。
ここにも日本人の女性が居て、色々教えてもらいました。
レジで並んでいたら、前の中国系の新婚さん?袋に入れてくれたサンプルを見てもっと頂戴と言ってました。
これにはレジの人も苦笑い。私は特に何も言わなかったら、「日本人にはサービスするよ」と男性スタッフが二つかみもコンディショナーのサンプルをくれました。
他には、ジャケットくらいしか買ってない。
〜〜〜後から考えると、ゴディバやレスポートサックス、ディズニーストアも行けばよかった〜〜〜
  夜は楽しみにしていた「セリーヌディオンのコンサート」です。
チケットのトラブルで入場は開始ギリギリ。でも、すごくかっこよかった。
相変わらずきれいだし、後方の席でもスクリーンもあるので表情もわかり満足。
 7/9(月) 
   朝、5時集合でセドナツアーに
残念ながらボルテックスの力は感じられなかったけれど。
大自然の気持ちよさは格別。昼食もホテルのランチでのんびりできました。

        
 7/10(火) 
   ミラージュで朝バフェ
   ヴェネチアンでダビンチ展を見る
  フォーラムショップでお土産
  ミュージカル「ジャージーボーズ」パリス
  ステーキディナー
 7/11(水) 
  チェックアウト
  
帰国便まで時間があるので一旦荷物をベルデスクに預けて
  PHで朝バフェ
メニューがあまり良くなかった。
  パスポートがない!
  朝食中に友人のパスポートがバックに入っていない!
  食べながらどうするか相談し、他のバックかもしれないので
  パリスホテルに戻ることになった。
  もし無かったらサンフランシスコの領事館まで行くことになる。
  私は仕事が待ってるから行けないと言ってしまった。。。。
  結局、別のバックに入っていたので冷や汗をかいただけでしたが
  冷たい!と、散々言われてしまった。
  M&M's
  ちょっとだけお土産を購入。
  ヒルトン
  MGMを見てモノレールにでも乗ることにした。
  ホテル内はすっごくさみしくカジノをしている人もまばらでした。
  干からびる
  ヒルトンから何を思ったか外に出てサハラホテルまで歩くことに、
  ラスベガス好きなら知っていると思うがサハラは閉鎖されています。
  それを忘れて向かってしまった私たちの失敗で、サハラの裏からストリップ通りに出て
  サーカスサーカスまでの道を炎天下歩いてしまったのです。約2キロ。
  このときのつらさはラスベガスの熱さを知っている人でないと分かってもらえない。
  サーカスサーカスにたどり着いて冷房のありがたさを知り、しばらくカジノで涼んで
  タクシーでパリスへ戻りました。
  その後はもうぐったりでレストランに入り反省会。
  ラスベガス出発
 7/12(木) 
 7/13(金) 
  早朝、羽田に着いて解散。
羽田からはタクシーで帰宅。