赤ちゃんのあせも

あせもの種類と症状

赤ちゃんの体は大人と比べ小さいですが、汗腺の数は大人と同じで新陳代謝も激しいため汗をかきやすくなり、あせもができやすくなります。

あせもの種類は主に2種類あって、赤いブツブツができ、かゆみの症状がでる「赤あせも」と皮膚表面にできる小さな水泡の集まりができ、かゆみの症状がない「白あせも」があります。

あせものより」は、かきこわして化膿してしまうことを「あせものより」といいます。痛み・発熱などの症状がでるので悪化しないように注意が必要です。

あせもの予防方法

夏の赤ちゃんの過ごしかた(←詳しくしりたい方は、こちらを見てください)にも書きましたが、エアコンを活用して、室温27~28度、湿度60%前後に保って赤ちゃんにとって快適な環境づくりをしましょう。

また、吸水性のいい綿素材の服を選び、汗をかいたら着替えさせましょう。たくさん汗をかいたら、シャワーに入れてあげましょう。

夏は特に、1日1回必ずお風呂に入れて(理想は2回)低刺激性の石鹸をしっかり泡立てて(理想はピンポン玉2個分位の泡)、首・わきの下などのくびれの部分を、手でしっかり広げながらやさしく洗いましょう。

石鹸成分が残らないように、しっかり洗い流し、乾いたタオルで水気をふき取って乾燥させることも大切です。 シッカロールなどを塗ってお肌をさらっとさせてあげるのもいいですね。

ちなみに・・・敏感肌で肌の弱い赤ちゃんには固形石鹸をお勧めします。うちの子供は、二人とも肌が弱く液体石鹸で洗うと赤くなりかゆみを伴う症状をおこすので、体も髪の毛も固形石鹸で洗っています。次男はさらに皮膚が弱いので下の石鹸を皮膚科の先生に勧められて使っています。

皮膚科の先生は我が町では評判の先生です。予約で1時間待ちがかなりあります・・・

ミノン スキンソープ / MINON(ミノン) / 石けん★税込2480円以上で送料無料★ミノン スキンソー...
泡立ちが悪いけどね。と皮膚科の先生に言われたので私はこっちは使っていませんが敏感肌の赤ちゃんにはお勧めの石鹸だそうです。
持田製薬コラージュD乾性肌用石鹸
次男はこれを使っています。これを使うようになってから肌トラブルはなくなりました。

あせもの受診の目安

あせもは、通気性をよくしていれば、2、3日で自然に治りますが、赤あせもは、かきむしると悪化してしまうため、赤ちゃんが患部をかき始める症状が出たら、小児科か皮膚科を受診しましょう。また、あせもに似た皮膚トラブルはたくさんあるので、迷った場合は病院へ。

あせもの市販薬

病院へ行くのが一番ベストですが、どうしても・・・のときは、市販薬で様子を見てもいいでしょう。ただし、薬が合わないと悪化する可能性があるので、治らない場合は病院へ
←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る
あせも・かぶれも防ぐ非ステロイド剤です。アセモテーマS45g【第2類医薬品】
アセモの薬ですが、おむつかぶれにも使えるので、赤ちゃん時代には大変お世話になった薬です。