ベビーカーの選び方

ベビーカーの機能説明

A型ベビーカー
生後1ヶ月からが対象で、赤ちゃんが寝た姿勢で使えるのがA型ベビーカー。リクライニングを起こせば座らせることができ、2才くらいまで使えるタイプ(旧AB兼用型)も多いようです。安定性を重視した設計。

B型ベビーカー
生後7ヶ月から使用でき、軽量でコンパクトが特徴のB型ベビーカー。手軽に持ち運べ操作も楽なので、エスカレーターや階段利用が多い電車などの移動手段に適しています。A型に比べタイヤが小さいので小回りがききますが、振動はやや大きくなります。

また、B型ベビーカーのタイヤは電車の線路の溝にはまりやすく、電車の往来が激しくてよくしまる踏み切りや、踏み切りの距離が長い踏切を頻度に使用する人はA型やバギーなどのタイヤが大きいベビーカーの方がお勧めです。

多機能タイプベビーカー
1台でA型・B型ベビーカー、ベビーキャリー、ベビーシートなど何役にも使えるタイプ。ベビーカー本体と着脱可能なシートを組み合わせて使うのが一般的。新生児から2才頃まで長く使えて、室内から車への移動もそのままできて楽です。

ベビーカー選びのポイント

ベビーカーは、ライフスタイルに合わせて選択を

赤ちゃんが小さいうちから外出したいのか、移動は徒歩、電車、車のどれが多いか、収納スペースは?などライフスタイルが大きくかかわってきます。

徒歩の移動が多いなら多少重くても安定感のあるA型か多機能型ベビーカー。電車やバスの移動が多いなら軽めのA型かB型ベビーカー、車の移動が多いなら多機能型ベビーカーが便利でしょう。

また、二人目以降の出産は、上の子と外出する機会も多くなるので、A型または多機能型ベビーカーの方が便利になるでしょう。

ちなみに、私はB型ベビーカーを購入しています。二人目が生まれた後は、リサイクルショップでA型を3000円くらいで買いました。ある程度の汚れが我慢できる人はリサイクルショップを回ってみるのも手だと思います。

もちろん、ベビーカーレンタルも検討してみるべきでしょう。ただし、レンタルはリサイクルショップより値段は、高くなると思います。

また、ベビーカーレインカバーはベビーカーを移動手段として使う頻度が高い方は必需品です。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

妊娠・妊婦関係

出産準備品情報

赤ちゃん製品・選び方シリーズ

←妊娠・妊婦のトラブル・出産準備品情報戻る
[ベビーカー・バギー]カタログ
購入者の感想など、色々わかりやすく説明されていて一度はチェックしておきたいサイトです