母乳が出ない

母乳が出ないと勘違いしていませんか?

母乳の出が悪い時は、授乳の前に軽く温めたタオルでマッサージ(下記参照)し、水分を十分にとりましょう。それでも出ないときは、母乳が出ているのに出ていないと勘違いしていませんか?

なぜかというと、赤ちゃんが飲んでくれないから母乳が出ないと勘違いしているのです。なぜ赤ちゃんが飲まないか?と言うと母乳が「まずい」からです。

健康な母乳は少し青みがかった白や白です。私は青みがかった白でした。いい母乳の色か調べるには哺乳瓶に搾乳するとわかります。また、悪い母乳は黄色やオレンジ色です。悪い色の場合は白いタオルに搾乳した母乳を出すだけでタオルに色がつくのでわかります。

また悪い母乳は色でもわかりますが、味見をしてみることも大切です。しょっぱく、まずいのです。そんなおっぱい貴方だって飲みますか?もちろん、搾乳しなくて古くなってしまった母乳もまずいです。

今気づいたなら、今から反省すればいいんです。和食中心の食事に見なおして健康な母乳を作りませんか?

母乳の出ない場合のマッサージ方法

温かいタオルでおっぱいを包みながらマッサージすると良いでしょう

******おっぱいマッサージの方法*****

  1. 乳房側の手で、おっぱいの土台を持ち上げるようなつもりでおっぱいの中心に(乳首を隠すように)添え、反対側の手のひらで乳房の下を支えます。両手でおっぱい全体を押し上げ、数回ずつ両方のおっぱいをマッサージしましょう
  2. 片方の手で下側を支えたまま、もう一方の手を乳房の上にあて、上下から圧迫
*****乳首マッサージの方法*****

どんなおっぱいでも母乳は出ます

母乳の出やすさや条件はみんな同じです。おっぱいの大きさや遺伝は関係ありません。母乳が出にくい理由は適切な時期に赤ちゃんに乳首を吸わせていなかったり、精神的ストレス、勘違いがほとんどです。

扁平や陥没乳首などは、おっぱいをやわらかくする体操(下記参照)などをすれば、授乳は十分可能です。

*****おっぱいをやわらかくする方法******
扁平や陥没乳首の人は15分当てた後、乳首を優しく引っ張ってみましょう。乳頭をやわらかくしておくことも改善につながります。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

母乳・ミルク・食事関係

かわいい授乳服
かわいくて、便利な授乳服がたくさんあります。