妊娠中の体重管理とダイエット

妊娠中の体重管理に気をつけよう

妊婦の体重が増えすぎは・・・

妊婦の体重が増えすぎると、「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などの合併症を引き起こしやすくなります。

「妊娠高血圧症候群」は、ママの血圧が高くなり、重症になるとおなかの赤ちゃんに酸素や栄養がうまく届かなくなり、ママの腎臓・肝臓にも負担がかかったりと・・・母子ともにリスクが高くなります。

「妊娠糖尿病」は、おなかの赤ちゃんが巨大児になったり、重症の場合は、子宮内胎児発育遅延や先天性の障害が起こる可能性もあります。ただし、妊娠中に食事療法やインスリン療法で血糖値がコントロールできていればトラブルを防ぐことは可能です。

産後は正常に戻る人もいますが、糖尿病に移行する人もいるのでなってしまった場合は産後も定期的に検査をしましょう。

体重が増えすぎは、全身に脂肪をつけ、腟にもつきます。腟に脂肪がつくと産道が狭くなり、体重が増えすぎている妊婦の赤ちゃんは大きくなる傾向があるので、狭い産道を大きい赤ちゃんが通らなければならなくなります。

さらに、体重の増えすぎは微弱陣痛になる可能性もあるので、難産にならないためにも太りすぎには注意しましょう。

妊婦のやせすぎ・・・

妊婦のやせすぎの場合、つわり時期で痩せたぶんは今までママが蓄えた栄養を受け取り赤ちゃんは育つことができますが、もともとやせている人が妊娠中に体重増加をできなかった場合、赤ちゃんも体重が増えず、未熟児で生まれてくる可能性が高くなります。

低体重の赤ちゃんは消化機能が未熟な場合があったり、胎児期の栄養不良は成人後の生活習慣病を引き起こすという研究結果もでているそうです。

また、妊娠中のダイエットは、お母さんに体力がないため分娩時のいきみがうまくできず、出産に時間がかかり赤ちゃんが危険な状態になる可能性もあります。また母乳の出にも影響があると言われているので、妊娠中の過度のダイエットには注意しましょう。

妊娠中もダイエットをした場合の影響

母親が妊娠中もダイエットを続けた影響とみられる体重の少ない赤ちゃんが増えているそうです。

出産前は母親の体重は10kg前後増えるが、妊娠中も太りたくないと言う妊婦が近年目立ち妊娠中もダイエットを続けることが低体重の赤ちゃんが増える一因とみている。

元々やせがたの女性で、妊娠37週時点の体重の増加が7kg未満だった場合、2500g未満の低体重児が生まれる率は19.5%と平均の倍の水準になっている。

指針では、妊婦に必要とされる鉄分やカルシウムなどを多く含む食事内容や、どれくらいの量と頻度で食べるのが好ましいかなどをしめすそうです。

妊娠中の体重を増やす目安

痩せ型、肥満型の人など人により目標体重は違うので、BMI法で自分はどれに当てはまるのかチェックし、太りすぎ、やせすぎ、過度ダイエットに注意しましょう。

BMI法
BMI=体重/身長(m)×身長(m)
例)身長160cm、体重53kgの人は、
  53÷(1.6×1.6)=20.703・・・・
BMIは約21なので、標準

食事に関してはで妊娠中の食事詳しく説明しています

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

妊娠・妊婦関係

マタニティママ市場
妊娠月数別に、情報ももりだくさん♪