赤ちゃんの誤飲

赤ちゃんの誤飲(飲んだ)

赤ちゃんの呼吸や意識があるか確認。次に赤ちゃんのそばにある容器や口の中のにおいから、飲んだもの、量、時刻などを確認します。赤ちゃんの口の中に残っているものがあれば取り除きましょう。

飲んだものの容器に誤飲したときの処置が表示されているものも多いのであわてず、必ずチェックしましょう。

誤飲して、吐かせた方がいいものは?

誤飲して、吐かせた方がいいものは、水を飲ませて吐きやすくして吐かせます。*医薬品、タバコ、酒、化粧品、石鹸、シャンプー、ナフタリン

画びょう、マニキュア、除光液、灯油、アルカリや酸性の洗剤は吐かせると、のどや食道などを痛めてしまうので吐かずに病院(小児科)へ。また、うまく吐かせられない場合は、病院(小児科)へ。

*病院では口から管を入れて胃を洗う「胃洗浄」がほどこされるので、飲んだものや容器、吐いたものを持参していきましょう。

赤ちゃんの誤飲(詰まった)

赤ちゃんの誤飲事故予防のために

  1. たばこや灰皿は赤ちゃんの手の届くところに置かない。
    特に液体に溶けたニコチンは危険!、ジュース缶を灰皿代わりに使わない
  2. 直径32mm以下のものは1m以下の場所に置かない
  3. 薬・酸・アルカリ性の洗剤などは手の届かない場所に置く
  4. よその家を訪問するとき来客時にも、タバコや小さいものに注意
←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る