子どもの歯磨き

子どもの歯磨き

子ども自身で歯磨きする生活習慣をつけよう

・0才の歯磨き
赤ちゃんの歯は、下の歯(バラバラの場合もあり)から生え始めます。生え始める前に、歯茎が痒いので口を鳴らす、下の歯茎を舌で遊ぶ行為がみられます。歯が少しでも見え始めたら、授乳後には指に巻いたガーゼで歯をふき取りましょう。

・1才代前半の歯磨き
磨く姿を見せて、歯磨きを子供に興味をもたる、食べたらきれいにする生活習慣を身につけさせましょう。

・1才代後半の歯磨き
最初は歯ブラシを持たせて、ママと一緒にまねっこ遊びから。ただ、噛んでいるだけでもOK。口の中に歯ブラシを入れる習慣をつけさせましょう。必ず1日1回以上の仕上げ磨きをしましょう。

・2才代の歯磨き
食べたら歯磨きを習慣づけましょう。自分で磨きたがったら、満足するまでやらせてあげたあとに1日1回以上の仕上げ磨き習慣にしましょう。

・3才代の歯磨き
前歯や奥歯などどこの歯を磨いているのかを意識させながら歯磨きをさせましょう。もちろん磨き残しはあるので仕上げ磨きをしましょう。

ちなみに、仕上げ磨きをしてもらうため・・・子どもが歯ブラシをくわえたままママのところにきて転び、歯ブラシがのどに突き刺さる事故が仕上げ磨きが定着してきた今、増えているそうです。最悪の場合脳まで突き刺さってしまう場合もあります。磨く場所は洗面所ときちんと決めて小さい頃から実践していくのが良いでしょう。


歯磨きを嫌がったらどうすればいいの?

ちなみに・・・2才代くらいまでは仕上げ磨きを嫌がる子供も多いと思いますが、

歯磨きの大切さを教える絵本やビデオを見せる
・鏡を使って口の中を見せながら、楽しく話して磨く
・歌を歌いながら仕上げ磨きをする
・子どもに人形の歯磨きをさせる
などは、子どもの歯磨きを楽しくさせるアイディアの1つです。

また、育児には色々な考えがあるのでこれが正しいという意見は自分で判断するしかありませんが、私なら言って聞かないのであれば、むし歯になるよりましなので、押さえつけてでもします。長男は2才代前半までず〜っとそうでしたが、ある程度年齢がくれば、嫌がらなくなります


歯磨きの正しい仕上げ磨きの方法

歯ブラシは、ヘッドが小さく奥歯まで届く仕上げ磨き専用のものを選びましょう。

ハブラシを横に動かしてゴシゴシとみがいていませんか?それは×です。ゴシゴシ磨くとブラシが横に流れてしまいブラシが歯にあたらなくなるところが増えてしまいます。

軽く握って、指先で細かく左右に10回ほど振動(1,2ミリ程度のつもりで)させ、少しずつずらしながらみがきます。汚れやすいのは歯と歯茎のさかいです。縦に磨いてあげるのもよいでしょう。

また子どもから口臭がする場合は虫歯でない限り、磨き残しで口臭がする場合が多いです。磨き残しのサインだと思ってしっかり隅々まで磨きましょう。

歯磨き粉はいつから使う?

歯磨粉に入っている界面活性剤が歯にツルツル感を与え磨けた錯覚を与えてしまうので基本的には要りません。また、歯磨き粉が歯ブラシの邪魔をしてしまうのでつけるとかえって磨きにくくなります。

また歯磨き粉を使う条件として、歯磨き粉を飲まない・グチュグチュッペッが出来るは絶対条件なので歯磨き粉は早くても3才からで良いでしょう。


←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

沐浴の仕方
赤ちゃんの行事
月齢別赤ちゃんの様子
赤ちゃんの発育と発達
ベビー服のサイズ
出産内祝いに何を贈る?
赤ちゃん時代の洗濯攻略!!
おしゃぶりの欠点
赤ちゃんの服の着せ方
赤ちゃんの生活リズムを整えよう

はみがき

赤ちゃん・子どもの虫歯(むし歯)予防
子どもの歯磨き

トイレトレーニング

育児「トイレトレーニング」
トイレトレーニングに疲れたら
トイレトレーニングとおねしょ
子どもの夜尿症
←赤ちゃんの子育てへ戻る