赤ちゃんの鼻水・鼻づまり

赤ちゃんの鼻水

鼻水や鼻くそは、普段どおりミルクや母乳が飲め、離乳食が食べられればそのままで大丈夫ですが、食べられない、眠れない、機嫌が悪いのならとりましょう。こよりを作って鼻先をくすぐるとくしゃみと一緒に鼻水や鼻くそが取れるのでお勧めです。

また、赤ちゃんの鼻水は、耳鼻科を受診しましょう。赤ちゃんは中耳炎になる可能性があるからです。耳鼻科で吸引してもらったほうが治りは早く、処方されるお薬も小児科と同じです。痛みがない滲出性中耳炎もあるので、耳鼻科を受診しましょう。

赤ちゃんの鼻水を取る

鼻水吸い器 を使うと鼻水がきれいに吸い取れます。鼻の穴の入り口に当てやさしく吸いましょう。思いっきり吸うと鼻を傷つけてしまいます。また、やりすぎるとかえって刺激になるので気をつけましょう。

鼻水でかたまってしまった鼻くそをこよりで取る

ティッシュペーパーを使ってこよりを作り、鼻の穴に入れるとくしゃみと一緒に鼻くそがでてきます。

風邪予防に室内の加湿する

加湿器などを使って加湿しましょう。ちなみに風邪予防にも最適です。加湿器の機能については、加湿器は風邪予防に最適で詳しく説明しています。

鼻くそをとりやすくするためおふろに入れる

鼻水鼻づまりだけの症状であれば、お風呂に入ると湿気により鼻くそがとりやすくなり鼻も、とおりやすくなります。

鼻水NG集

鼻水をそのままにしておくと鼻の下がかぶれますが、ふきすぎても同じ結果になります。ぬらした温かいガーゼでそっとふきとってあげましょう。かぶれた場合は、皮膚を保護するクリームやベビーオイルを薄くぬってあげましょう。

また、幼児(2才ぐらい)になると自分で鼻をかめるようになるので、たびたび「ち~ん、しよう」と誘ってみましょう。ただし鼻を両方いっぺんに力を入れてかむと鼓膜を傷つけるのでかまない方の鼻の穴を押さえてあげましょう。

赤ちゃんの鼻づまり

鼻づまり解消に、鼻のつけ根をあたためる

鼻づまりで苦しいときは、鼻のつけ根をあたためるととおりがよくなり、楽になります。もし赤ちゃんが嫌がらなければ、お湯にひたしてしぼったハンドタオルを当てて、押さえてあげると効果的です。

お風呂は、鼻づまりだけの症状であれば入ってもOK!温めるのと同じで、鼻もとおりやすくなります。

室内の加湿する

空気が乾燥すると、粘膜も乾いて鼻づまりがおきやすくなります。加湿器などで湿度を保ちましょう。

鼻づまりがひどいときは、抱っこやおんぶ

寝ている姿勢より、体を起こした姿勢のほうが鼻のとおりがよくなります。余裕があれば抱っこやおんぶで楽な姿勢をとらせてあげることで鼻づまりが楽になります。

また、テレビでも紹介されていましたが詰まっている鼻と反対側の脇に空のペットボトルを挟むと鼻づまりが楽になります。ペットボトルでなくても脇を刺激すれば良いようなので赤ちゃんなら小さめのボールなど身近にあるものを挟んでみましょう。是非お試しあれ!

鼻づまりがこんな症状の場合は、病院へ

鼻づまりで夜も眠れない、ミルクも飲めないなどの症状となったら、病院で薬を処方してもらって、鼻づまりを解消してあげましょう。

その他の鼻水・鼻づまり

風邪でもない鼻水鼻づまりの場合は、アレルギー性鼻炎の場合があります。中耳炎や蓄膿症(ちくのうしょう)になりやすい子は早めに治療しましょう。
←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る
目次
・赤ちゃんの鼻水
・赤ちゃんの鼻づまり
・その他の鼻水・鼻づまり

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る
鼻づまりに、鼻の下に塗るだけ♪咳には胸に♪レビュー数もすごい♪