赤ちゃんの部屋づくり

赤ちゃんの部屋づくり

赤ちゃんの部屋づくりの理想

赤ちゃんの部屋づくりの中で一番大切なのが、危険なものを取り除くこと。生後0~5ヶ月は、赤ちゃんの窒息や転落による事故が一番おきやすくなるので、危険なものをまわりに置かないように心がけましょう。万が一の事を考えて地震の対策もしてある部屋づくりを心がけましょう。

1.かための敷布団を使おう

敷布団は赤ちゃんの体を支えるので、かためのものを。やわらかい敷布団は窒息の危険があります。また掛け布団は軽いものを選び、胸もとくらいにとどめておきましょう。布団を干したり、カバーの洗濯はこまめに!

枕元にはタオル・おもちゃなど窒息の原因になるものは置かないように。また、スタイなどもひもで首がしまってしまうこともあるので、つけたまま寝かせるのはやめましょう。

ベビージムのあし 我が家でも窒息事故を起こしそうな事件がありました。ベビージムです。赤ちゃん用のペッチャンコの敷布団の上にベビージムをおいて遊ばせていました。どうしてそうなったのかわからないのですが、息子の口の中にベビージムの脚が入っていてもがいていました。泣くにも泣けない状態だったと思います。(生後4ヶ月頃)

布団の上におくのは安定しないため片方側の脚が浮いていたのでしょう。また脚が細いタイプだったのも不運でした。今は脚の太いタイプが増えています。きっと我が家みたいな事故があったのかもしれませんね。

2.照明器具の真下は避ける

照明器具の真下は地震のときに心配。さらに赤ちゃんは明るい電気に興味を持つうえ、真上を向いている場合が多いため光をじっと見てしまい、目を刺激しすぎることに・・・。また、時計や額など落下する可能性のあるものは近くに置かないように。

3.背の高い家具は置かない部屋づくり

背の高い家具は倒れたとき危険なので置かない部屋づくりにしましょう。ただし、天井いっぱいまで収納部分になっているようなユニット式家具の方が逆に強度は増します。避けられない場合は、家具を固定し、引き出しストッパーやガラス飛散防止シートなどはるなどの処置をしましょう。

4.ベビーベッドが使える部屋づくり

ベビーベッドは、ほこりの影響を受けにくく衛生的です。ただし、寝返りはしなくても転落防止のために必ず柵をあげておきましょう。ベッドメリーをつける場合は万が一に備え足側に。

赤ちゃんにとって快適な部屋づくり

1.快適な部屋の湿度・温度

赤ちゃんにとって快適な温度は18~24度、湿度は60%です。温湿度計などで確認しながら、どのくらいの気温や湿度が快適なのか肌で大人が体感しておく事が大切です。慣れてくれば赤ちゃんの快適温度がわかってきます。

ただ、外の環境とあまりにも違うのはよくないので、とても暑い日は外の気温と5度位の差にすることが理想的です。

2.テレビ画面は見えない部屋づくりにしよう

テレビは音と映像が同時に出るため赤ちゃんにとって刺激になり眠りを妨げることに・・・画面が赤ちゃんの視界に入らない部屋づくりにしましょう。

3.ダニ・カビ対策してある部屋づくり

雑菌を増やさないように小まめに掃除・洗濯・換気する部屋づくりが大切です。特にじゅうたんは、ダニが繁殖しがちで、ほこりもたまりやすいので、畳やフローリングがおすすめです。

ダニはご存知喘息やアトピーの原因になりやすく、カビも空気中を漂うカビの胞子が原因で起こるアレルギー症状もあるのでこまめに掃除をすることが一番の健康の為の対策ですね!

自分で出来るダニ・カビ対策

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

赤ちゃんの環境(部屋)づくり・外遊び

はみがき

←赤ちゃんの子育てへ戻る
【楽天市場】月齢別アイテムリスト
赤ちゃんの月齢別必要アイテムがわかりやすく書かれています