赤ちゃん・子供のひきつけ対処法

ひきつけを起こしたら、安全な場所に寝かす

子供がひきつけなどをおこした場合は、けいれんなどの間にけがをしないように、広くて安全な場所に寝かしましょう。そして、とにかく自分自身が冷静になることが大切です。でも看護婦さんのお友達が言っていました・・・自分の子がひきつけを起こしたら冷静でいられなかったと。なのでとにかく冷静に!

ひきつけ中の注意事項

ひきつけを起こしたら衣服をゆるめ、顔を横向きに

ひきつけを起こすと吐くことがあるので、のどにつまらせないように顔を横向きにし、体を締め付けないよう衣服はゆるめましょう。

ひきつけの時間を計り様子を観察

何分ぐらいひきつけが続いたか、目はどちらを向いているか、手足のけいれんは左右対称か、顔色、おしっこやうんちをしていないかなど・・・全身状態を見ます。診断のときに医師に伝えましょう。

こんなひきつけは、病院へ

●救急車を呼ぶひきつけは・・・・
  1. 5分以上のひきつけ
  2. 熱がない
  3. けいれんが治った後も意識が戻らない。手足に麻痺がある
  4. けいれんに左右差がある
●夜間でも病院へ行った方がいいひきつけは・・・・
  1. 初めてのひきつけ
  2. 1日2回以上のひきつけ
#心配な場合は、夜間でも至急受診しましょう。

ひきつけの補足

赤ちゃんや子供のひきつけのほとんどは、あまり心配のない熱性けいれんで、10分程度で治まります。けいれん後、1~2時間寝るのがふつうです。落ち着いたら、小児科を受診しましょう。

短いひきつけは、命にかかわることはめったにありません。とにかく落ち着いて、子供の様子をよく見ましょう。

また赤ちゃんが風邪で高熱をだしても1~2日でおさまるようなら心配はありません。辛いようなら薬を処方してもらいましょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る
冷えピタボディ子供用
熱が高いときは脇の下・首筋にはるのが効果的です。肌にやさしい低刺激急な発熱に助かります。6時間冷却
アイスノンベルトタイプ子供用
アイスノンベルト こども用は、子供のおでこにピッタリフィットする、冷却パック。ベルトの長さは38-56cm。何回でも繰り返し使えます。