赤ちゃんの服の着せ方

赤ちゃんの服の着せ方

服の着せ方が薄着のメリット

赤ちゃんを丈夫に育てるために、薄着は大切なことです。もちろん、過度の薄着は禁物ですが、気温の変化を感じることは自律神経を鍛え、肌にいい刺激を与えます。

皮膚が丈夫になると免疫力がつくので、風邪をひきにくい丈夫な体をつくることができ、健康に過ごせることの第一歩は、薄着から始まるといっても過言ではないのです。

また、赤ちゃんにとって心地よく過ごせるスタイルでもあります。特に秋は1日の気温差があるので、薄着生活に慣れるピッタリな季節です。薄着生活を始めてみませんか?

寒くないか判断する服の着せ方

どの季節でも同じですが、赤ちゃんの手足がひんやりしていて機嫌や顔色がよく体が温かいなら、正しい服の着せ方をしていると判断していいでしょう。くしゃみをする、体全体が冷えているなら薄すぎなので、赤ちゃんの様子をみながら、服を調整してあげましょう。

どうしても心配なら体温計で計ってみるのも目安になります。

赤ちゃんが、寝ているときの服の着せ方

寝ているときも薄着がいいでしょう。わが長男は寝ているときは、冬でも半そでTシャツ1枚です。赤ちゃんが布団からでてしまうことを気にしてしまうママもいますが、暑いからでてしまうのです。

眠りたては特に体から熱をたくさん発散するので、あまり布団をかけず、寝入って手足がひんやりしてきたら、布団をかけてあげましょう。

服の着せ方のポイント(赤ちゃんの月齢別)

薄着をはじめるのは、動きが活発になる3ヶ月頃から始めましょう。新生児は大人より1枚多め、2ヶ月頃は大人と同じくらいを目安にしましょう。また、室内で靴下は、薄着スタイルには必要ありません。

また、3ヶ月くらいからは朝夜の区別をつけさせるために、朝着替えをさせましょう。汗をかいているようであれば肌着も着替えさせましょう

秋に薄着生活をはじめよう!

生後3~5ヶ月頃の服の着せ方

・室内基本アイテム
短肌着 + 長袖カバーオール
・室内で寒いとき
長肌着 +長袖カバーオール+ ベスト
*脱ぎ着がしやすいベストはとても便利です。

・外出の基本アイテム
短肌着+長袖カバーオール+ベスト+靴下+帽子
・外出で寒いとき
長肌着+長袖カバーオール+靴下+帽子+ カーディガン

生後6~9ヶ月頃(おすわり・はいはい時期)の服の着せ方

・室内基本アイテム
短肌着+長袖Tシャツ+ズボンorスカート
・室内で寒いとき
短肌着+長袖Tシャツ+ベストor オーバーオール or ジャンパースカート(ブルマつき)

・外出の基本アイテム
短肌着+長袖Tシャツ+ズボンorジャンパースカート・ スパッツ +靴下+帽子
・外出で寒いとき
短肌着+長袖Tシャツ+ズボンorスカート・スパッツ+カーディガン+靴下+帽子

生後10ヶ月~(たっち以降時)の服の着せ方

・室内基本アイテム
肌着+長袖Tシャツ(七分袖や薄手のTシャツ)+長ズボン
・室内で寒いとき
肌着+長袖Tシャツ(厚手のTシャツか綿のトレーナー)+長ズボン

・外出の基本アイテム
肌着+長袖Tシャツ(厚手)+長ズボン+靴下+帽子
・外出で寒いとき
肌着+長袖Tシャツ+カーディガン+ズボン+靴下+帽子

服の着せ方が厚着のデメリット

赤ちゃんは、体からたくさんのエネルギーを放出しているため体温が高く、保温する必要がありません。厚着をさせると、体をぐったりさせたり(夏でなくても服の着せすぎで熱射病になる可能性もあり)、赤ちゃんらしい動きをしなくなり、発達の障害になりかねないからです。

また、「冬あせも」の原因にもなるので、上着を脱ぐ、着せるなどその場、その場で調整をしましょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

赤ちゃんの環境(部屋)づくり・外遊び

はみがき

←赤ちゃんの子育てへ戻る