赤ちゃんの行事

赤ちゃんの行事はこんなにいっぱい

お七夜

生後7日目に、家族や親しい人と赤ちゃんの健康と無事を祈ってお祝いする行事です。昔は、親族や友達・知人を招いて、赤飯と尾頭付きの魚の祝い膳を用意しましたが、現代ではそれほど形式ばったものではなくなってきています。

大切なことは、この日に赤ちゃんの名前をみんなに知ってもらうことです。和紙に赤ちゃんの名前と誕生日を墨書した命名書を用意しましょう。

「お七夜」行事費用平均21,000円

お宮参り

生後1ヶ月頃の大安に土地の氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、健康と幸せを祈願することをお宮参りといいます。地方によって100日目もあります。日にちにはこだわらず、母子ともに体調が良く、お天気の良い日に選んでいくのもいいでしょう。

お賽銭をあげて、赤ちゃんの健やかな成長を祈願するだけでも十分ですが、神社へ申し込みをして、おはらいを受けることもできます。お礼の表書きは「後初穂料」または「玉串料」。

金額がいくらがいいかわからない場合は、直接申し込みをした場所で聞いてみましょう。

お宮参り」行事費用平均21,000円

内祝い

生後1ヶ月頃親しい人に誕生の挨拶として送るもの。出産祝いのお返しとして定着。「内祝い」費用平均135,000円

出産内祝いの定番・内祝い雑学などの紹介は出産内祝いに何を贈る?でしています。

お食い初め

お食い初めは、生後100日または120日目に子供が一生食べ物に困らないように・・・という願いを込めて、ご飯を食べるまねをさせる儀式です。

正式には一汁三菜の本膳料理を用意し、二の膳には、紅白のお餅を5個盛ります。本膳には鯛や鯉などを使った尾頭付きの魚料理とお吸い物に赤飯、昆布や勝ち栗、煮しめなどを用います。地方によって赤ちゃんのご膳に石をもったりもあります。これは、丈夫な歯がはえてくるようにという願いがこめられているそうです。

簡単にすませたい場合は、尾頭付きの魚とご飯に味噌汁だけでいいでしょう。また、今では赤ちゃんに生まれて初めて箸やお椀などの食器を買い与える日として、広く行われています。

「お食い初め」行事費用平均18,000円

初節句

女の子は3月3日男の子は5月5日に健康と成長を願います。節句の飾りは母親の実家から贈るものとされていますが、最近はどちらとも限らずお祝い金が贈られることが多いようです。

初誕生日

双方の祖父母や親しい人たちで無事に1歳まで育ったことを祝います。お祝いの膳には赤飯や出世魚を用意します。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

赤ちゃんの環境(部屋)づくり・外遊び

はみがき

←赤ちゃんの子育てへ戻る