妊娠・妊婦の痔

妊娠中から産後にかけて、3割のママがになっているそうです。では、にならないためにどのように予防したら、いいのでしょうか?

妊娠中、痔にならないために毎日排泄を

妊娠中は、規則正しい食習慣、排泄のリズムを逃さない、体調を整える、乳果オリゴ糖をとる、朝食前に冷たい牛乳・水を飲む、食物繊維を積極的にとる、油脂類をある程度とる、湿り気の多い食品を食べる(やまいも・昆布・わかめ・納豆・おくら・玉ねぎ・ごまなど)

妊娠中の痔予防には、血行をよくしよう

核の発症は肛門の血行障害と関連しているので、シャワーや入浴で体を温めることは有効。ただし、のぼせすぎないように注意。また、おしりを冷やさないことで温水洗浄便座を使うのも有効です。患部を清潔に保つことができるので、感染症の予防にもなります。

妊婦の痔予防に生活するうえで避けることとは?

痔の種類と症状

肛門のまわりのうっ血がひどくなると、血管がこぶ状になってくるのがいぼ痔。肛門の中にでいたものを内痔核、外側に出来たものを外痔核といいます。 内痔核は自覚症状があまりありませんが、痛みを伴わない出血があります。また、症状が進むと肛門から出てしまう脱肛もあるので注意しましょう。

外痔核は、肛門近くに血豆ができたものをいい、ズキズキと痛みます。 肛門周辺を傷つけてしまう症状がきれ痔で、排便中から排便後に痛みがありますが、しばらくすると治ります。紙に少量の出血がつく場合もあります。


妊娠中に痔になってしまったら気をつけること

●かたい便は厳禁
妊娠中は腸の働きが鈍くなるので、どうしてもかたい便になりがちです。かたい便はを悪化させるだけです。なんとしても普通のかたさの便にし、便秘を防ぎましょう。どうしても改善しない場合は、便秘薬の使用が望ましい場合もあるので医師に相談を。

●知識がないまま、無理なケアはしない
特にいぼの場合、気になるからといってトイレなどで無理に押し戻したりしないように。市販薬などでその場しのぎのケアをせず、医師や助産師に受診してきちんとケアをしましょう。

ただし妊娠中は完治は難しくの症状が悪化しないよう現状維持になってしまうケースがほとんどです。産後は自然に治るケースがほとんどなので、ひどくならないよう心がけましょう。 受診する場合は、産婦人科でも症状に合わせてアドバイスしたり、薬を処方してくれるところもありますが、肛門科を受診したほうが的確に処置してもらえるでしょう。

●生活習慣を整える
食事を決まった時間にとり、ゆっくりとトイレで排便する時間を持ちましょう。生活の乱れこそ、がなかなか完治しない一因です。

便秘解消法は、妊娠中の便秘・尿もれを参考に。


ちなみに、妊婦時代の私の痔

私は便秘症だったので、妊娠前からきれがたまにありました。それが一人目のときは妊娠8ヶ月か9ヶ月頃になると座ったりするだけで、痛みのあるいぼができているではありませんか・・・。 あれから、数年たちましたが、痛みがもちろんありませんがいぼがすこし縮んだ柔らかくなったのがのこっています(涙)

二人目のときは、コントレックスを飲んでいたおかげか、私もかなり気をつけていましたが、毎日同じ時間に排便するよう努力し運動もしていたので、にはなりませんでした。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

妊娠・妊婦関係

水・ミネラルウォーター市場
の予防に飲むことも大切ですが、赤ちゃんが生まれるならなおさら防災対策としても用意しておくことが大切ですよ♪
サニーナ
トイレットペーパーに数回スプレーして拭くだけで、おしり清潔♪まずは、おしりを清潔にしましょう。