赤ちゃん・子供の虫歯(むし歯)予防

虫歯の原因、え?そんなことも?!

赤ちゃんの乳歯や永久歯の基礎はママのおなかの中にいる段階で作られます。栄養が偏らないようにバランスの良い食事を心がけましょう。また、両親の口の中の歯周病菌や虫歯菌の数値が高いと赤ちゃんに感染する心配があるのでしっかりケアしましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯の原因となるミュータンス菌はありません。虫歯がある大人が口に入れた食べ物を食べさせることなどで、唾液を介して赤ちゃんの口の中に虫歯菌が感染してしまうのでやめましょう。

また大人が使っている箸で食べさせるだけでも、感染してしまうので赤ちゃん専用のスプーンで食べさせましょう。妊娠中は虫歯になりやすいので、大人はきちんと歯医者さんへ行って治療することも感染予防の1つです。

ジュースやイオン飲料などを哺乳瓶で長時間しゃぶらせたままにしておいたり、そのまま就寝させてしまうこともやめましょう。上顎の乳歯の前歯の周辺にその飲料が溜まった状態となり、虫歯になりやすくなります。

また、スポーツ飲料やジュースは酸性でペットボトルで頻繁に飲むと、口の中は異常に酸性になって虫歯の原因になりやすくなります。飲用を習慣化させないようにしましょう。

スポーツドリンクの強い酸度と糖分により、急激に歯が溶かされてしまいます。もちろん、甘いおやつもきちんと量を決めて控えめにしましょう。

乳歯は永久歯のためにも大切に

よく勘違いされているのが、「いずれ永久歯が生えるから、虫歯になっても・・・」という考え。乳歯は大切にしないと、あとあと苦労します。乳歯が虫歯になって早くぬけてしまうと、永久歯は行き場を見失い別の場所から生えてしまうこともあるのです。また、ひどい虫歯になると、永久歯の質も悪くなります。

また、食事とおやつの時間など生活のリズムがくずれている場合も見直しをしましょう。いつでも口の中に食べかすがある状態が一番のむし歯の原因です。また、食後には麦茶または水を飲むことを習慣にしましょう。

唾液は、虫歯菌を退治するよ

唾液は、虫歯菌に有効な働きをしています。人間の口の中は食べ物が入っているときが、酸性に傾き虫歯の原因になりやすくなります。食べていない時間は、唾液の作用で正常な状態に戻ります。ので、ダラダラ食べが一番の虫歯進行の原因なのです。

要するに規則正しい生活が唾液をたくさん分泌してくれるのです。

1才過ぎの、夜中の授乳は虫歯の原因に!

1才を過ぎてからの寝ながらの授乳は、口の中の状態によっては虫歯になる恐れがあり、寝ている間は口の中を洗い流す作用がある唾液が少なくなるため、夜中の授乳は虫歯のリスクを高めてしまいます。

母乳にも糖分が含まれており、人工乳と同様に、授乳後のケアや授乳の時間帯について注意が必要です。

虫歯予防には、フッ素で仕上げ磨きを

乳歯のエナメル質は永久歯に比べてやわらかいため、虫歯の進行が早いといわれています。また、奥歯は前歯に比べ虫歯になりやすく、歯と歯のすき間に食べかすが残るなど、永久歯に比べ磨きにくい形をしています。家庭で出来る対策として1才から仕上げ磨きは、 フッ素入りの歯磨き粉 を使いましょう。

フッ素が持つ作用で初期虫歯は修復され、虫歯に強い歯を作ることができます。歯磨き粉は綿棒の先につける程度の量と仕上げ磨きは1日最低1回、寝ている間は虫歯になりやすいので、寝る前に磨くのがベストです。

磨く時間がないときは、食後のあとにすぐお茶などを与え、口に残る糖分を洗い流すことが虫歯予防につながります。

泡が出て磨きにくいようだったら、歯磨き後にレノビーゴや、少し安価な ピジョン乳歯ケアジェルなどのフッ素ジェルを使いましょう。ただし、使用説明書をよく読んで、フッ素のつけすぎには注意しましょう。

また、2才後半くらいからは、「ブクブクッ、ペッ」を教えてあげましょう。口にふくんだ水を飲まずにためておくのが最初のステップです。大人がお手本を見せながら教えてあげましょう。ただし、フッ素をつけている場合はゆすぐのは1回程度に。フッ素が落ちてしまいます。

余談ですが、アメリカなどの先進国では、水道水にフッ素を入れたり、学校でフッ素入りの水でうがいをしたりして、虫歯予防を積極的に行っています。その効果は、WHOでも認められています。また、仕上げ磨きは6才くらいまではしてあげましょう。(理想は小6までです)

*歯磨きの仕方は子供の歯磨きを参考に

乳歯の歯並びは永久歯に影響する?

ちなみに、乳歯の歯並びと永久歯の歯並びは関係ありません。あごの成長が歯並びを決めるのでやわらかいものばかり食べていると、あごが大きくならないので将来歯並びが悪くなります。

また、指しゃぶり・おしゃぶりする時間が長いと永久歯の歯並びに影響します。詳しくは、おしゃぶりの欠点を参照に。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

沐浴の仕方
赤ちゃんの行事
月齢別赤ちゃんの様子
赤ちゃんの発育と発達
ベビー服のサイズ
出産内祝いに何を贈る?
赤ちゃん時代の洗濯攻略!!
おしゃぶりの欠点
赤ちゃんの服の着せ方
赤ちゃんの生活リズムを整えよう

はみがき

赤ちゃん・子どもの虫歯(むし歯)予防
子供の歯磨き

トイレトレーニング

育児「トイレトレーニング」
トイレトレーニングに疲れたら
トイレトレーニングとおねしょ
子どもの夜尿症
←赤ちゃんの子育てへ戻る