おむつかぶれの治し方

おむつかぶれの症状

おむつかぶれとは、おむつがあたる部分が炎症を起こした状態のことをいいます。初めは、少し赤くなる程度ですが、赤い発疹や水泡、重症になると真っ赤にただれます。皮膚がむけたり、化膿してジュクジュクまでなってしまうと、赤ちゃんは痛みがあるので、常に不機嫌な状態が続くでしょう。

「おむつかぶれ」しやすい原因を知ろう

・おむつ替えの回数が少ないとおむつかぶれの原因になるので、おしっこだけでもおむつを替えるようにしましょう。

・下痢や、ゆるめのうんち(生まれたばかりの赤ちゃんはゆるめのうんちで回数も多いので)おむつかぶれなりやすいです。座浴やシャワーで洗い流してあげましょう。ぬるま湯にひたしたコットンでも可。最後にはきちんと乾かしてあげることも忘れずに!

・おむつはきつめのものを使っていると、動くたびにすれてかぶれの原因になるので、股やウエストに指1~2本のゆとりをもちましょう。

・おしっこだけのときも、おしりをふかないとおむつかぶれの原因になるので、男の子でも、拭いてあげましょう。

・布おむつがごわごわだと皮膚に傷ができおむつかぶれの原因になるので柔軟剤などを使ってあげましょう。

・おしりふきや紙おむつのメーカーによりかぶれの原因になる場合もあるので、メーカーを変えてみたり、かぶれた場合は前のメーカーに戻したり、おしりふきを使えない場合はぬるま湯にひたしたコットンなどで代用しましょう。

・布おむつは、洗濯用洗剤や柔軟材のメーカーによってかぶれを起こす場合もあるので、替えてかぶれた場合は元に戻しましょう。液体石鹸洗剤は、液体なので石鹸カスも残ることがなく、環境にも赤ちゃんにも優しいのでお勧めです。

おむつかぶれの受診の目安

皮膚が少し赤くなった程度ならおむつをこまめにとりかえたり、市販薬などの改善でいいでしょう。自宅ケアしても、なかなか治らない場合や、皮がむける・どんどん悪化しているなら、皮膚カンジダ症の可能性もあるので、皮膚科または小児科を受診しましょう。

おむつかぶれの症状が強い場合、亜鉛華軟膏や炎症をおさえる軟膏を処方されます。清潔にしてよく乾燥させ、医師の指示どおり薬を塗っていれば、数日間で治ります。

亜鉛華軟膏はおむつかぶれはもちろん、あせもやアトピーにも効き、赤ちゃんも安心して使える薬です。金額もそれほど高くなく市販でも売っているので1つ持っていると便利でしょう。また、外傷・火傷などにも使えるため日常のケガ・防災にも役に立つのでご家庭で1つ持っていると便利です。

おむつかぶれの治し方と防ぐ座浴の方法

おむつかぶれの治し方として一番有効なのは座浴です。座浴とは、洗面器にお尻をつけて洗う方法です。軽くウンチをふき取った後、お湯にお尻をつけてさっと洗います。その後は、タオルで拭き、パウダーなどを使って、しっかり乾燥させてあげることで、かぶれを防ぎます。(おむつかぶれの場合はパウダーは中止して下さい)

また、食器用洗剤やペットボトルにお湯を入れておしりを流してあげるのもいいでしょう。食器用洗剤なら、キャップをつけておしりを流せば少しのお水で水も勢いよく出るので、お勧めです。

おむつかぶれ体験記

ちなみに、生後2週間目位から長男・次男ともむつかぶれを体験しました。生後0ヶ月のときは、1日10回以上うんちをします。きちんと拭いているつもりだったのですが、おむつかぶれになってしまいました。

長男は慣れていないせいか、肛門付近が真っ赤にただれました。おしっことかがかかるだけで、痛そうにしていたので申し訳なかったです。

治し方は、食器用洗剤にお湯を入れておしりを流してあげて、医師に処方された薬を塗りました。次男は市販薬でしのぎました。
←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る
おむつかぶれに「ポリベビー」
ステロイド剤を配合していないので赤ちゃんの肌にも安心
ミヨシの液体複合石鹸
長男が肌が弱いので、うちはミヨシの液体複合石鹸を使っていました。幼稚園に上がってからは皮膚も丈夫になり落ち着きました。