加湿器に入れる水についての注意点と特徴

加湿器は特に乾燥しきった、風邪の流行る冬には最適です。是非赤ちゃん・子どもの風邪予防に購入を検討してみてはいかがですか?加湿器を使用するにあたっての注意点と特徴・掃除方法などをまとめてみました。参考にしていただけたら幸いです。

加湿器に入れる水に関しての注意点

加湿器 に入れる水は、毎日新しい水道水(飲用)と交換してください。浄水器の水・ミネラルウォーター・井戸水などはカビや雑菌が繁殖するおそれがあるので使用しないようにしましょう。

理由は、水道水を使用する設計で作られていること、それと水道水は塩素で殺菌処理されていることにより、雑菌が繁殖しにくいのです。ですから煮沸水も使用しないようにしましょう。

加湿器の方式別特徴

スチーム式加湿器
ヒーターを使って、水を加熱・沸騰させてスチームを噴気させます。スチームの蒸気が目に見えます。ファンで蒸気を送り出すタイプとファンのついていないタイプの加湿器があります。

スチーム式加湿器の長所

スチーム式加湿器の短所

スチームファン式加湿器
方式は、スチーム式と同じですが、吹きだし口の温度が約40度という、スチーム式の短所であった「吹きだし口の熱さ」を解消した加湿器

ヒーターレスファン式(気化式)加湿器
湿らせたフィルターを通して送風して気化させる加湿器。熱を使わないので、蒸気は見えません

ヒーターレスファン式加湿器の長所

ヒーターレスファン式加湿器の短所


ハイブリッド式(加熱気化式)加湿器
最初は、ヒーターで温めた温風で加湿量をアップし、部屋がうるおってきたら気化式で快適湿度をキープする、スチーム式と気化式を組み合わせた加湿器。消費電力はヒーターレス式より大きいがスチーム式よりは小さく、加湿のパワーも両者の中間です。

ハイブリット式加湿器の長所

ハイブリット式加湿器の短所

超音波式加湿器
タンクの水を、超音波の振動によって噴きだす加湿方式。熱もフィルターも使わないので、衛生面で注意が必要

超音波式加湿器の長所

超音波式加湿器の短所

加湿器の掃除をしよう

加湿器をこまめに掃除することも(理想は、月1回)カビや雑菌を繁殖させないために必要な仕事です。汚いままだとカビをまき散らしていることになりますよね・・・?

加湿器でやっかいものなのが、白い塊です。あの白い塊は、水に含まれるカルシウムなどで、ポットの底に付着する白いものと同じです。なので、お手入れするには、電気ポット用のポット洗浄中などの洗剤や、クエン酸(水2Lにクエン酸大さじ1)、米酢が良いでしょう。(必ず使用説明書を読みましょう)

かなりの強敵になってしまった場合は、何度かやれば落ちるでつけ置きして繰り返し清掃しましょう。
←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る
こちらのクエン酸は、食品添加物規格なので清掃にも使えますが、食べちゃうこともできちゃいます。なので体に害がないこと間違いないのでいいですね。レビュー数もすごく、値段もお手頃で大人気♪