着替えのしつけ

子供自身で着替える生活習慣を

1才代前半の着替えのしつけ

服や着替えに興味が出てくるので、着脱するのはまだ無理ですが楽しく声かけをして自分でやろうという意欲を育てましょう。親が自分の着替えを見せる前準備も大事です。

1才代後半の着替えのしつけ

最初は、ママが手伝いながら脱がせましょう。洋服ならズボンやスカートを脱がせたり、靴下をかかとまでママが脱がせて、あとは子供にやらせてみたり・・・できたときは褒めて、やる気をださせることが大切です。

また、出来なくてもさりげなくサポートして自分で出来たと思わせてあげましょう。

次に脱ぐことになれてきたら、着ることにチャレンジ。全部は出来ないので脱ぐ同様一部をやらせてみましょう。

「○○ちゃんのお顔でてくるかな?」など、楽しい声かけが大切です。

2才代の着替えのしつけ

お気に入りの服がでてきたり、着替えも自分でしたがるようになって自分での気持ちが強まってきます。うまく出来ていないところだけそっとサポートしてあげましょう。

3才代の着替えのしつけ

自分で上手に着替えられるようになってきます。ボタンも少しずつ上手にかけられるようになってくるので、やらせる機会を増やして自信につなげていきましょう。

ちなみに、きちんと上手に着替えられるようになるのは4才くらいからです。と言っても洋服が前後反対だったり、下着がズボンやスカートに入れられないのは当たり前!長ーい目で見てあげましょう。

ちなみに、小学生になった長男くんは前後反対は高確率であります。この前はポロシャツまで前後反対でした。いつもの事ですが、さすがに失笑しました。次男はあまりありません。性格もあると思いますが、気長に怒らず温かい目で見てあげましょう。

着替えやすい服を選ぼう

着替えの練習時はデザインで選ばず大きめのボタンやゴム・ファスナーなど脱ぎ着のしやすい洋服を選びましょう。ボタンの色が別々になってたりするとわかりやすいですね。

また、なかなか着替えをしなくて(幼稚園や保育園が始まると時間もあるので余計そうですよね)イライラする部分も多いですが、がまんして子供の自主性を育てましょう。いつまでも続くわけではありませんから。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

パパ・ママのかかわり方しつけ関係

パパ・ママのかかわり方