子供が協力したがる言い方をしよう

例えば、昼寝をしたいとき・・・「子供が昼寝なんかさせてくれるでしょうか?」といいたくなるかもしれませんが、どんな幼い子でも協力できたときの自負心や満足感を感じることはできます。重要なのは、協力してくれた子供に「ありがとう」と心から伝えることです。

「うるさい!疲れているんだから、静かにしろ!」

「ママね、今とっても疲れているから少し休みたいの。静かにしててね。○時になったら、一緒に遊ぼうね」など・・・子供にとっても協力したがる言い方と、したくなくなる言い方があります。

協力してくれたときは必ず子どもに対しては、

協力してくれてありがとう。ママとっても元気になったわ」

こんなふうに会話できたら、子供もママもお互いに幸せに感じるはずです。

ママ次第で子どもは変わり、またひとまわり大きくなれるでしょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

パパ・ママのかかわり方しつけ関係

パパ・ママのかかわり方

世界のおもちゃ知恵玩具
人気ブランドから定番アイテムまで。楽しみながら学べるアイテムがいっぱい