妊娠中のむくみと静脈瘤

妊娠中のむくみの症状

妊娠中のむくみ予防

妊婦さんは、疲れがたまると血液の循環が悪くなりむくみやすくなります。無理は禁物なので小まめな休憩を心がけましょう。しかし休憩といっても座りっぱなしなどの同じ姿勢を続けるのも血液の循環が悪くなるので、適度に体を動かすことも大切です。

他にむくみは、食べすぎ・便秘をしない・きつい下着はさける・下半身を冷やさないなどで予防すれば、改善することも出来ます。症状が出ていない人も日頃から予防を心がけましょう。

また、注意していただきたいのがむくみの症状がでたら、水分をとらないのではなく、渇いているのであれば飲みましょう。飲まないことでかえって血液循環を悪くしてしまいます。ただし、糖分・塩分の高い飲み物は避けましょう。

妊娠中のむくみ対策

妊娠中の静脈瘤の症状

静脈瘤は、静脈が青白く浮いてきたり、こぶのようにふくらんでくるのが特徴です。ひざの裏やふくらはぎに出来やすいですが、妊娠中は肛門や外陰部などの見えにくい部分にも発生します。ひどくなると、痛みを伴うこともあります。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

妊娠・妊婦関係

本日の「子育て・出産・妊娠関連本」ランキング
赤ちゃんが生まれる前は、一番時間のあるときです。子育て関連の本をたくさん読もう