の赤ちゃんの過ごしかた

夏の赤ちゃん過ごしかた

地域にもよりますがの暑さ対策は赤ちゃんのためにも、万全に過ごしたいものです。エアコンなどを利用しながら室温調節をし、赤ちゃんの汗をこまめにふいたり、シャワーを流したりしましょう。

また、授乳と授乳の間にお茶や白湯などで水分補給も忘れずにしましょう。お出かけは涼しい時間帯を選びましょう。

夏の室温調節

赤ちゃんは暑いと不機嫌になったりあせもができやすいので、快適に過ごすためにも暑さの厳しいときはエアコンなどを使って室温の調節をしましょう。

ただし、冷やしすぎは体調不良になることもあるので設定の目安は外気温マイナス5度以内、27~28度が目安です。

また、赤ちゃんに扇風機やエアコンの風がじかに当たると体温が下がりすぎることがあるので、風がじかに当たらない工夫をしましょう。

エアコンを使う場合はなるべく昼間の暑い時間だけにし、2時間に1回は換気をするようにしましょう。また、寝苦しくて夜つける場合もタイマーを使って一晩中つけっぱなしにするのはやめましょう。

赤ちゃんのあせもについては、赤ちゃんのあせもで詳しく紹介しています。

赤ちゃんの夏の汗対策

室温が27~28度くらいなら、汗を吸いやすい綿の袖つきの服1枚で十分です。汗をかいたままにしておくとあせもになりやすいので、ぬれガーゼなどでこまめにふき取り、服まで汗ばんでいるようなら着替えさせてあげましょう。

また、汗をたくさんかく時期はシャワーなどで汗を流すとさっぱりします。お散歩やお昼寝の後など、1日2回くらいできるのが理想です。

またの授乳は親子で汗ばんでしまうので、赤ちゃんの頭とママの腕の間にタオルをはさむとお互いに快適になります。

赤ちゃんの夏のお出かけには・・・

外出の時間は朝夕の涼しい時間帯にし、日中出かけなければならないときには、日傘や帽子で直射日光をさけましょう。
スーパーや電車などの中には冷房が効きすぎている場合は、バスタオル1枚くるんであげると冷房対策ができます。

ベビーカーでお出かけの場合は、バスタオルが日よけがわりになったり、頭の下にアイス枕などひいてあげると赤ちゃんも快適に過ごせます。

夏風邪

熱が高いときは汗をかき食欲も落ちます。できるだけ水分をこまめにとりましょう。飲み物は麦茶・白湯、ジュースや牛乳でもOK。ゼリーやヨーグルトなどのどごしのいい食べ物をあげましょう。

まったく食べられない場合は、麦茶ばかりでなくベビーイオン飲料などにしましょう。おなかをくだしている場合は、牛乳や糖分が多いものは控えましょう。

風邪をひいたときのホームケア

代表的な夏風邪

手足口病

手足や口の中、ひじ、肛門のまわりなどに湿疹や口内炎ができます。高熱はでないことが多いですが、重症化すると脳症などを引き起こしたりすることがあるので、嘔吐やぐったりしているなどの症状を見逃さないようにしましょう。

口内炎は痛がりますが、手足に出来た湿疹は子どもは痛がることはないでしょう。

プール熱

突然高熱が出て、のどが赤く腫れあがり高熱が1週間くらい続く場合もあります。さらに目が充血して結膜炎を起こす、下痢や腹痛の症状も見られる場合もあります。

解熱剤を使えば楽になることはありますが、治るわけではないので必ず受診しましょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

赤ちゃんの環境(部屋)づくり・外遊び

はみがき

←赤ちゃんの子育てへ戻る