出産準備品(ねんね編)

生まれたばかりの赤ちゃんは1日の大半をねんねして過ごします。だからこそ、お布団は赤ちゃんにあった気持ちのいいものを用意してあげましょう。ただ、赤ちゃんの生まれる季節によって布団選びは違うので、布団セットは必要最小限で選び、無駄のないセット選びをしましょう。

出産準備品(ベビー布団)

・枕
枕は、必ずしも必要ではありません。ただ、ミルクを吐いたり、汗をかいたりするので、洗濯しやすい綿のタオルを頭の下にしいておくだけでもOKです。

キルティングパット
赤ちゃんの汗やおっしっこを吸収し、ムレを防ぐのに役立つパット。防水シーツとペアで使うと効果的です。秋冬生まれの赤ちゃんは、用意しない人も多いようです。

防水シーツ
キルティングパットで取り込んだ赤ちゃんの汗・おしっこなどの湿気を敷布団にしみ込ませないガードするシーツ。こちらも、秋冬生まれの赤ちゃんは、用意しない人も多いようです。

敷布団
まだしっかりしていない赤ちゃんの背骨を支え、窒息しないようにある程度の固さがあるものを選びましょう。

・シーツ
赤ちゃんは汗っかきなので、吸湿性と肌触りの良いものを選びましょう。

・毛布
掛け布団に重ねるなどして、温度調節するのに便利なアイテムです。夏生まれの赤ちゃんは使わないと思いがちですが、少し大きくなってからのお昼寝用にも使えるので、とても便利です。

掛け布団・掛けカバー
軽くて、通気性・保温の良いものを選びましょう。秋冬生まれの赤ちゃんには必要なアイテム。

・肌掛け布団・肌掛けカバー
掛け布団よりやや薄手の布団。秋口など少し暑いときに使います。寒いときは掛け布団と重ねて使います。

出産準備品(あれば便利グッズ)

赤ちゃんのねんね関連の品はベビー布団以外は必ずしも用意しなければならないものではありません。ただしベビーベッドは家族や家の状況によってあった方がいい場合もあるので、見極めて上手に準備しましょう。

ちなみに、年の近い上の子がいる・室内でペットを飼っている・親がベッド派という人はベビーベッドを置くスペースがあるならば、ベビーベッドを用意することを考えましょう。

ベビーベッドは、購入だけでなく ベビーベッドレンタル もあります。費用も安く、使わないベッドを置くスペースも省け、赤ちゃんが嫌がったら返却すればよいので、一石二鳥!三鳥?利用する価値ありです。

また、ベビーベッドにも色々種類があり、床板の位置が高いもの・成長に応じて形を変えられるもの・添い寝ができるもの・素材にこだわっているものなど色々なタイプのベビーベッドがあります。

メリー

赤ちゃんには色のはっきりした物の方が喜びます。床置きタイプメリーもあるので、ベビーベット派だけでなく布団派でも大丈夫。メロディーで赤ちゃんをご機嫌にさせましょう♪

モニター

ママが家事などで赤ちゃんのそばを離れるとき・・・そんなときに役立つのがモニターです。明かりがつくもの・動きに反応するものなど、モニターによって色々な特徴があります。

ベビーチェア

昼間のリビングなど、寝室以外で過ごすのに役立つのがベビーチェア。赤ちゃんをママのそばに連れてくることができ、揺れるのでぐずり対策にもなります。

ベビーチェアは、大きくなってからも離乳食を食べたりするのに使えるのでとても便利ですが、中には嫌がる赤ちゃんもいます。ベビーベッドの代わりになるものではないのでご注意を!

ベビーベッド

ベビーベッド選びは家のどこに置くかを決めてから買いましょう。ベッドに物が落ちてくる可能性のある場所はさけてスペースを確保しそのスペースに合わせたベッド選びをしましょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

妊娠・妊婦関係

出産準備品情報

赤ちゃん製品・選び方シリーズ

←妊娠・妊婦のトラブル・出産準備品情報戻る

ベビー用品レンタル取り扱い専門店

・Good baby
・HAPPY ハッピー