熱射病・日射病・熱中症

日射病

日射病は、頭や首すじに直射日光を長時間浴びているとおこしやすくなるので、炎天下では必ず 帽子 をかぶってあそびましょう。子どもは背が低いのでアスファルトの照り返しもかなり暑く照り返しで日射病になってしまう事もあるので注意しましょう。

熱射病

熱射病は、高温多湿のところで長時間遊んでいたり、水分補給もせず運動をすると起こしやすくなります。車内に残された事で起こる死亡事故は熱射病です。絶対に車内に子供を残したまま出かけるのはやめましょう。

また、熱射病は暖房の効きすぎた室内や衣服の着せすぎによっても起こるので注意しましょう。

熱中症

高温多湿が原因となって起こる症状で、室内で起こります。熱中症は医学では混迷しているそうで熱射病日射病を総合して熱中症と呼んでいたりするようです。症状としては、脈拍・呼吸の増加、めまいなどです。

日射病・熱射病・熱中症を起こしてしまったら?

冷房の効いた部屋や、日陰で涼しい場所に移動し飲めるようならスポーツドリンクや食塩水(0.9%)をたっぷり与えます。また常温の水でぬらしたタオルで体を拭いて体温を下げることも重要です。熱を出したときと一緒で脇の下を冷やすと効果的。

脱水症状がひどいと、けいれんを起こす場合もあるのでそんな場合は至急、救急車を!

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

子供・赤ちゃん(病気・ありがちトラブル)

子供・赤ちゃん(けが・事故)

←子供・赤ちゃんの病気・けがへ戻る