子供の生活リズムを整えよう

子供の生活リズムを整えるメリット

早寝・早起きの規則正しい子供の生活リズムは、体温の変化・ホルモンの分泌がされるようになり、午前中から活動でき、頭も体も発育→おなかが減る→疲れてよく眠るようになるなど、心身の発育が順調になるので、子供生活リズムが整っていることは、とても大切であり、健康に過ごせる第一歩になります。

また、子供の生活リズムを整えるのと同じにパパとママも早寝・早起きを始めませんか?家族そろって健康的な生活を目指しましょう。

子供の生活リズムの理想

7時 起床
8時 朝食
10時~12時 外遊び
12時 昼食
13時~15時 昼寝
15時 おやつ
16時~17時 外遊びまたは室内あそび
17時 お風呂
18時 夕食(遅くても就寝の2時間前までに)
21時  就寝

子供の生活リズム改善は、早起きから

毎日同じ時間に起きることは、子供の生活リズムを整えることの基本です。できるだけ、7時までに起こして、朝の光を十分に浴びさせ体内時計をリセットさせましょう。一度習慣になればすっきり起きられるようになってきます。

*夜更かしの影響は、子供の夜更かしは心の健康に影響?を参考に

子供の生活リズムを崩さないために食事の時間を決める

子供の食事の時間が決まっていると生活リズムは整いやすくなります。夕飯はお父さんの帰りを待ってから食事をすると就寝時間がずれる原因になるので、先にすませましょう。また、遊びつかれて眠そうな日は、早めにしてあげましょう。

生活リズムを整えるためにも、午前中外で遊ぼう

朝食後は、家事を早めに切り上げ午前中は子供を外遊びに連れて行きましょう。しっかり体を動かせば昼食もたくさん食べられるようになり、疲れているので昼寝・就寝時間も早くなります。外遊びは五感も育つのでいいことずくめですね。洗濯などは、子供が夜早く就寝するようになれば、夜のうちにすませておければいいですね。

*赤ちゃん時代の外遊びは、赤ちゃんも外遊びをしようを参考に。

子供の生活リズムを乱しがちなトラブル対処法

今日は○○があったから・・・など日常生活を乱すトラブルなどは、たくさんありますが、なるべく子供の生活リズムを整えてあげたいものです。周囲に人に協力してもらいながら、できることからチャレンジしてあげましょう。下にはありがちな、日常トラブルをまとめてみました。

下の子がいるので生活リズムが乱れがちに・・・

下の子が1才過ぎれば一致してくるようになりますが、赤ちゃん時代はなかなか難しいので、せめて起床時間だけは遅れさせないようにしましょう。上の子を下の子の生活リズムに合わせるのではなく、下の子を上の子の生活リズムにあわさせちゃいましょう。

共働きで子どもを早く寝させられない・・・

子供が就寝してからや朝できることは後回しにして(お皿洗いなど)、子どもを早く寝させることを最優先にしましょう。それでも遅くなりそうなときは、お惣菜を買ったり、お風呂はたまにはパスや朝に入れても可

テレビやビデオばかりで、子どもの生活リズムが乱れがちに・・

テレビやビデオは最長30分、1日2時間までにしましょう。家事がはかどるのはわかりますが、つけっぱなしはやめましょう。見たがる場合は外遊びなどに連れて行って気分転換をさせましょう。体を動かさないとお昼寝や就寝時間が遅くなり生活リズムが乱れがちになります。

休日は出かける機会が多いので、子どもの生活リズムが乱れがちに・・・

休日は1時間くらいなら起床や就寝が遅くなってもいいでしょう。ただし、平日の朝は、いつもと同じ時間に起床させましょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

*子供・赤ちゃん知恵袋

*絵本をたくさん読もう

レディースファッション売れ筋ランキング
子供が小さいとなかなか買い物にいかれないですよね。今はネットで売れ筋も調べられるし便利です。