3才の子供のしつけ

3才代の子供のしつけ方

3才は、1日の生活の流れがだいぶつかめるようになり、先の見通しがついてきて少しずつ自立への準備が始まります。

強い主張がおさまり、自分の感情をコントロールできるようになります。また言葉でのコミュニケーションもとりやすくなり、ほめられると自分が認められたと感じ自信が生まれます。親は、子供をよくみようとする心が大切です。

3才のしつけのポイント

その他のしつけ

しつけとしかる

そもそも、「しかる」とは何なのでしょうか?しつけのためにしかると考えている人も多いと思いますが、「しかる」はしつけのほんの一部で、しつけはしかるだけでは出来るものではありません。子どもをしかって何かをさせようとすることはとても難しいことです。

例えば3才位の子供が着替えをしていたとき、「ぐずぐずしない!」としかっても、子供は理解できません。こういう場合は「自分ではけるかな?」と提案してあげること。イライラしてしかればしかるほど、こじれるだけです。出来なければ少しの過程だけ(ボタン1つだけつけてあげるなど)フォローしてあげましょう。

親が子どもにしてほしいこと(着替え、片付け、あいさつなど・・・)をさせるには、しかるのではなく大人がしている姿を見せる、手伝う、ほめるが有効です。

感情的になってしかっていませんか?

理想を高くもちすぎたり、他の子とくらべたりして必要以上に子供をしかっていませんか?感情的にしかると「○○する子は嫌い」などと子供を傷つけてしまうこともあります。「○○するのはいけないことだよ」と行為をしかりましょう。

しかるときは、親の言い分を押し付けるのではなく、「○○したかったんだよね、でも○○はいけないことだよ。」と子供の気持ちに寄り添ってあげるといいでしょう。

またできないことは、「もう○才なのに、まだできない」ではなく「まだ○才だから、できなくてしかたがない」と思うほうが子育ての肩の荷がおりますよ!

どういうときにしかる?

しかるのは、親が子供にしてほしくないことをやめさせる場合です。危険なこと、公共の場で騒ぐ・・・などです。以上のことを理解していれば無駄なしかり方もしないで済むでしょう。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

パパ・ママのかかわり方しつけ関係

パパ・ママのかかわり方