赤ちゃんの室内不慮事故対策

乳幼児の死亡原因の第一位は「不慮の事故」です。事故を防ぐには、大人が目を離しても安全な環境を作ってあげることが大切です。注意するポイントは赤ちゃんの成長時期によって違います。少し先回りしてセーフティグッズなどを利用し、安全な環境作りを心がけましょう。

室内にはこんなに危険なところがいっぱい!

ベランダ(転落)

かなり長い年月注意が必要です。子どもは一人でベランダに出ないよう、しっかりロック。ベランダの柵の間隔が広いときはネットなどを貼りましょう。足場になるものは置かない。クーラーの室外機などにも注意が必要。

ベッド(転落、窒息)

手足を活発に動かすようになったら、体がズリ落ちて転落することもあります。必ず柵をあげましょう。タオルや洋服は柵にかけたりせず、足元へ。顔が沈み込む布団もやめましょう。

ドア(手をはさむ)

ハイハイをするようになってから、注意したいのがバタンとしまるドアで手をはさむこと。ドアストッパークッションで予防を。また、玄関などのドアを一人で開けて外に出てしまわないように、予防も必要。

トイレ・洗面所(溺れる・誤飲・転倒)

洗面所の洗剤は手の届かないところへ置いてしっかりロック。足場になるカゴなどは洗濯機によじ登ったりして転落などの原因になるので、片付ける。トイレもブラシや洗剤などは触れられないところに片付けましょう。

お風呂(溺れる・転倒・やけど)

子どもは、残り湯10センチでおぼれるので残り湯をしない。蓋の上にのぼって落ち転倒、シャワーをひねって熱湯をあびるなどお風呂には危ないことがたくさん。ドアをしっかりロックするのが一番です。滑りやすい床は滑り止めをつけましょう。また手の届くところに、シャンプーや石鹸、お風呂の洗剤など置かないようにしましょう。

キッチン(やけど・感電・誤飲)

入り口をゲートでガードするか、キャビネット・引き出しをしっかりロックしましょう。電気ポット・炊飯ジャーなどやけどに注意!
*おすすめ対策グッズ(ベビーゲート冷蔵庫ドアロック

階段(転落)

ハイハイするようになったら、階段には、ベビーゲートをつけてあげましょう。下からよじ登っての転落もあるので、上下にゲートがつけられれば、ベスト。

リビング(打撲、誤飲、感電)

テーブルの角に頭をぶつけたりするので、コーナークッションをしましょう。コンセントは、触れると感電の危険があるので、コンセントカバーなどでガード!(これがまた、子供は鍵を入れたりする)硬貨、タバコなど・・・小さいものは手の届くところに置かない。

また、床への万が一のゴツンを防ぐためにも値段はやや高いですが、コルクマットもお勧めです。コルクマットは クッション性にすぐれているので、衝撃を吸収します。また、防音にもすぐれているので階下への音も抑える効果があります。秋や春先には暖房効果も感じることができ、我が家では子どもが大きくなっても使っています。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

赤ちゃん(0才代)の子育て

赤ちゃんの環境(部屋)づくり・外遊び

はみがき

←赤ちゃんの子育てへ戻る