食中毒から子供を守ろう

食中毒の細菌は、どうやって増殖する?

食中毒となる細菌は、水分・栄養・温度(35~37℃が一般的)の3条件がそろうと増殖します。3条件のうち1つでもかけると増殖しにくくなるのでそうすることが予防法の1つになります。

食中毒の予防対策

もし、子供が食中毒になってしまったら

家庭でのケアは、できる限りの水分補給を心がけましょう。また、食中毒の下痢は細菌をだしているので、下痢止め薬などは飲まさないようにしましょう。症状が悪化してしまう場合もあります。

病院で便や嘔吐物を持っていく場合は、自分が感染しないように使い捨ての手袋やマスクをして、二重にした袋で持っていきましょう。とにかく、食中毒かな?と思ったら早めに受診を。


←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

*子供・赤ちゃん知恵袋

*絵本をたくさん読もう

キャラクターアイテム
子供の大好きなキャラクター別特集。文具・洋服・食器・おもちゃなど。