子供へのタバコの影響

タバコは家族の命を縮めます

子供がいる家の中で、タバコを吸っていませんか?タバコの煙には血管を収縮させるニコチンや発がん物質を含むタールなど多くの有害物質が含まれています。タバコを吸っている人が1人いるだけで、同じ家の中にいる家族は、嫌でもこれらの有害物質を吸ってしまうことになります。

特に子供は体の機能が発達していないため、受動喫煙によるさまざまな危険性(精神・行動障害、発育・発達の遅れ、SIDS、気管支炎、ぜんそく、中耳炎、肺炎など・・・)が指摘されています。

タバコに含まれる有害物質は壁、天井などにもしみついて蓄積され空気中に拡散していきます。ですから、たとえタバコを吸う人がそばにいなくても子供は常に有害物質にさらされることになります。

子供がいる家の中ではタバコは吸わないようにしましょう。

妊娠中のたばこの影響

みなさんご存じの方も多いと思いますが・・・妊娠中の喫煙は、ニコチンが血管を収縮する作用があるため流産や早産の確率が高まり、発育が妨げられ低出生体重児として産まれてくるケースが多く見受けられます。

また、受動喫煙によっても同じ影響が指摘されているので、赤ちゃんの事を第一優先に考えて家族みんなで「たばこのこと」話し合ってみませんか?

タバコのライターそのままにしていませんか?

子供がいる家の中でタバコを吸っていると、子供はライターに興味深々。もちろん、大きくなった小学生もです。子どもがライターをいたずらして火災になる例も少なくありません。

どうしても・・・家の中でというならば、片付けていても下記のように危険な目に合うことが現状ですが、きちんと片付けをしましょう。

火遊びにより、発生した火災の事例

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

*子供・赤ちゃん知恵袋

*絵本をたくさん読もう