トイレトレーニングに疲れたら

トイレトレーニングでママが疲れたら

おむつもなかなか取れないと焦りますよね。トイレトレーニング中はなかなか出掛けることもできないし、周りからのプレッシャー、まるで何もやっていないかのような周りからの指摘。ママはストレスがたまるばかりです。もし貴方が今そんな状況下ならきっとトイレトレーニングも怒っていることも多いのでは?

そんなときは、焦る必要はなく一旦中断して下さい。ここまでやってきたのに・・・と思うかもしれませんが、中断しても子供もある程度は覚えているので大丈夫。

何より小学生でおむつはいません。「半年あけてみるか」くらいな気持ちで切り替えをしてママも子供も息抜きしましょう。きっといい結果が出ますよ♪

私のトレイトレーニング歴

長男は、2才3ヶ月の夏におむつがとれました。トイレトレーニング期間は約3日間。ノーパンで過ごしました。男の子はこの方法多いみたいですね。

失敗は初日だけでした。おしっこと、うんち各1回ずつの失敗です。そこまでは優秀でした。ただ、パンツになってからが大変でした。漏れる直前でトイレに駆け込む→トイレの前で失敗する→トイレで出来なかったことに泣いてわめいて怒る。

「上手に出来たね」なんて言ってうっかりレバーで流してしまったら大変!「流したかったのに(怒)」と泣いて怒っていました。性格にもよるのかもしれないですが、大変でした。

次男は2才の夏に約2ヶ月くらいトイレトレーニングしました。ノーパンだと出来るのにパンツをはくとまったく教えてくれません。寒くなってきたし、私自身も疲れてきたので中断。

そして次に始めようと思ったのが3才。「3才のお誕生日でパンツになるよ。」と何度か言っていたらチックになってしまい、(夏にトレーニングしていたからわかっている)結局何もせず・・・

3才2ヶ月でノーパンでやっととれました。トイレトレーニングは約1週間。長男より年齢が高いせいかトレーニング終了後の失敗はほとんどありませんでした。

次男のトレーニングのきっかけはチックが治ったことと、本人がおむつにおしっこをしてしまうと、「おむつかえて」と新しいおむつをもって私のところに来るようになりました(笑)

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

トイレトレーニング

パパ・ママのかかわり方しつけ関係