妊娠中の便秘・尿漏れ

妊娠・妊婦の便秘予防と原因

妊娠中の妊婦は、ホルモンの影響や子宮の増大により腸が圧迫され、腸の働きが悪くなるため便秘になりやすくなります。腸の動きを活発化させるためにウォーキングをしたり、朝起きたらすぐコップ1杯のまたは牛乳を飲んだりしましょう。

また、食物繊維の多い食品(1日に20~25gが目安)を食べて便のカサを増す努力もしましょう。決まった時間にトイレに行く習慣をつけ、自然に便が出るのを待つ時間を作ることも便秘予防には大切です。ただし、いきまないように!!

妊娠・妊婦の便秘予防は、食物繊維が多い食品を

(以下は3gの食物繊維をとるための量)
ごぼう1/4本、生しいたけ4個、納豆1パック弱、とうもろこし1/2本、玄米ごはん1.5膳、バナナ2本、切り干し大根15g、ほうれん草1/2束、にら1束、りんご中1個など

痔になってしまった人は、妊娠中の痔を参考に。

妊娠・妊婦の尿漏れ予防と原因

妊娠中の妊婦が、頻尿や尿漏れになるのは、大きくなった子宮が原因。子宮が膀胱を圧迫するため、トイレの回数が増えたり、腹圧がかかっただけで尿もれしてしまいます。

これは、妊娠初期の3~4ヶ月の頃も同様です。妊娠中はある程度しかたがない事ですが、尿漏れは骨盤底筋群という膀胱などを支えている筋膜を強化するエクササイズをすると、症状がやわらぎます。水分を我慢するのはよくありませんが、外出時だけ水分を控える程度なら、大丈夫です。

病院を受診する場合は、婦人科で扱っている病院もありますが、泌尿器科を受診しましょう。

妊娠・妊婦の尿漏れ予防にエクササイズをしよう

妊娠中の尿漏れ予防には、トイレで尿をいったん止めてみるエクササイズをしてみましょう。ただし、トラブルの原因になるので1~2回に!!そのとき使う筋肉が骨盤底筋群です。感覚がわかったら、どこでもいいので、肛門や腟を締めるような感じで1日20回位程度エクササイズしましょう。

また、あおむけに寝て足を開き、ひざを少し立てます。体の力を抜き肛門と腟を10秒間締めその後約50秒かけてゆるめるのも骨盤底筋群のエクササイズです。1日合計20分間、布団のなかなどでやってみましょう。

2~3ヶ月で尿漏れの症状が改善されるはずです!

ちなみに、私の妊婦時代の便秘・尿漏れ

私の妊婦時代、一人目出産前は、妊娠7ヶ月まで仕事をしていたためか、あまりトイレなどでゆっくり過ごす時間がなく、一人目のときは尿もれ便秘ちなみに、痔(いぼ痔)までなりました。

尿漏れは妊娠4ヶ月くらいからあったと思います。くしゃみをすればジョロッ、トイレの前でジョロッ、産後も1ヶ月くらいまで続きました。便秘は妊娠前からそうだったので、あまり気にしていなかった結果、いぼ痔にまでなってしまいました。

二人目の妊娠のときは、便秘にならないよう(一人目のいぼ痔は痛かったので)気をつけていました。コントレックスも予防につながったと思います。毎日同じ時間に排便するよう努力もしていました。もちろん、長男とゆっくりですがほぼ毎日1時間はお散歩をしていました。

尿もれは二人目妊娠のときもありましたが、一人目のときより良かったです。というより、早めにトイレに行く努力をしていたことでくしゃみのときにジョロッ、程度でした。上記に書いたエクササイズをやれば尿漏れは、かなり改善すると思います。

←なちの子育て&節約術((トップページ)へ戻る

妊娠・妊婦関係

リフレ女性用尿漏れ安心パット
25~150ccまでの尿もれに・・・。
(写真は100ccタイプ)少量の尿もれならナプキンを使っている人も多いと思いますが専用品なら吸収力もあり、匂いもガードしてくれるので安心です。