『人間万葉歌〜阿久悠作詞集』の推薦ページ!

↑念のため、Amazonにリンク貼っておきました。よろしければどうぞ〜。


この第2弾である『続・人間万葉歌 阿久悠作詞集』は、
よくAmazonでバーゲンされています。よろしければご参考下さい。


『人間万葉歌 阿久悠作詞集』 VICL-61631〜35 定価 \8,400-(税抜 \8,000)
CD5枚組 全108曲+豪華解説書 全164ページ +特製BOX&CDリーフレット


岩崎宏美さんに提供した阿久悠作品を堪能したい方は紙ジャケ22枚復刻の解説ページを、
桜田淳子さんに提供した作品を堪能したい方は紙ジャケ19枚復刻の解説ページもご参考下さい。

全曲一覧:ふーっ。お手手が痛い(笑)。赤い曲名は特に聴いてほしい1曲です。
なお、下線はオリコン1位獲得曲(全16曲収録)です。実際は更に多くの曲を手がけておられます。

<第一盤>愛と哀しみの旅路 <第二盤>スタア誕生
01 熱き心に / 小林 旭
02 北の宿から / 都 はるみ
03 雨やどり / 都 はるみ
04 契り / 五木 ひろし
05 港の五番町 / 五木 ひろし
06 居酒屋 / 木の実 ナナ/五木 ひろし
07 おまえさん / 木の実 ナナ
08 冬の旅 / 森 進一
09 さらば友よ / 森 進一
10 北の螢 / 森 進一
11 京都から博多まで / 藤 圭子
12 本牧メルヘン / 鹿内 孝
13 円舞曲(ワルツ) / ちあきなおみ
14 舟唄 / 八代亜紀

15 雨の慕情 / 八代亜紀
16 男と女・昭和編 / 井出 せつ子,みなみらんぼう
17 花のように 鳥のように / 桂 銀淑
18 港町三文オペラ / 日高正人
19 昭和放浪記 / 水前寺清子
01 ペッパー警部 02 S・O・S 03 カルメン '77
04 渚のシンドバッド 05 ウォンテッド(指名手配)
06 UFO 07 サウスポー08 モンスター 09 透明人間
/以上 ピンク・レディー
10 わたしの青い鳥 / 桜田淳子
11 夏にご用心 / 桜田淳子
12 ロマンス / 岩崎宏美
13 シンデレラ・ハネムーン / 岩崎宏美
14 さらば涙と言おう / 森田健作
15 水色の手紙 / あべ静江
16 ひまわり娘 / 伊藤咲子
17 乙女のワルツ / 伊藤咲子
18 狼なんか怖くない / 石野真子
19 せんせい / 森 昌子
20 嫁に来ないか / 新沼謙治
21 津軽海峡・冬景色 / 石川さゆり
22 能登半島 / 石川さゆり
23 どうにもとまらない / 山本リンダ
24 狙いうち / 山本リンダ
<第三盤>ショウほど素敵な商売はない <第四盤>青春の光と影
01 時の過ぎゆくままに / 沢田研二
02 勝手にしやがれ / 沢田研二
03 サムライ / 沢田研二
04 ダーリング / 沢田研二
05 カサブランカ・ダンディ / 沢田研二
06 酒場でDABADA / 沢田研二
07 ジャガー / 西城秀樹
08 ブルースカイブルー / 西城秀樹
09 林檎殺人事件 / 郷 ひろみ・樹木 希林
10 白い蝶のサンバ / 森山加代子
11 昨日、今日、明日 / 井上 順
12 京都の女の子 / 研 ナオコ
13 絹の靴下 / 夏木 マリ
14 気絶するほど悩ましい / Char
15 ピンポンパン体操 / 杉並児童合唱団・金森 勢
16 ウルトラマン・タロウ / 武村 太郎・みずうみ
17 宇宙戦艦ヤマト / ささきいさお,ロイヤル・ナイツ
18 ヤマトより愛をこめて / 沢田 研二
19 個人授業 / フィンガー5
20 恋のダイヤル6700 / フィンガー5
21 笑って許して / 和田アキ子
22 あの鐘を鳴らすのはあなた / 和田アキ子
01 また逢う日まで / 尾崎紀世彦
02 ジョニィへの伝言 / ペドロ&カプリシャス
03 五番街のマリーへ / ペドロ&カプリシャス
04 街の灯り / 堺 正章
05 たそがれマイ・ラブ / 大橋純子
06 もしもピアノが弾けたなら / 西田敏行
07 鳥の詩 / 杉田 かおる
08 乳母車 / 森田 公一 とトップギャラン
09 青春時代 / 森田 公一 とトップギャラン
10 人間はひとりの方がいい/森田公一 とトップギャラン
11 東京物語 / 森 進一
12 送春曲 / 野口五郎
13 思秋期 / 岩崎宏美
14 ひとりの悲しみ / ズー・ニー・ヴー
15 未成年 / ズー・ニー・ヴー
16 若草の髪かざり / チェリッシュ
17 世迷い言 / 日吉ミミ
18 青春挽歌 / かまやつひろし
19 みかん / 大竹しのぶ
20 水中花 / 井上忠夫
21 ざんげの値打ちもない / 北原ミレイ
22 時代おくれ / 河島英五
<第五盤(特典盤)>
人間万葉歌 1965〜2005
豪華解説書 目次
(数字のないページは扉絵です)
01 モンキー・ダンス / 田辺昭知 とザ・スパイダース
02 朝まで待てない / ザ・モップス
03 白いサンゴ礁 / ズー・ニー・ヴー
04 酔いどれかぐや姫 / 南 高節 とかぐや姫
05 幼きものの手をひいて / かまやつひろし
06 きりきり舞い / 山本リンダ
07 長距離バス / 森田公一とトップギャラン
08 マンデー・モナリザ・クラブ / ピンク・レディー
09 十年ロマンス / ザ・タイガース
10 瀬戸内行進曲(In The Mood) / クリスタルキング
11 「あゝ甲子園」君よ八月に熱くなれ/夏川りみ
(りみさんの曲は未発表です)
12 学園天国 / 小泉今日子
13 三都物語 / 谷村新司
14 あれから / 小林 旭
15 純情 / 吉田拓郎 &加藤和彦
16 ロックの好きなベイビー抱いて
/ SHEENA & THE ROKKETS
17 昭和最後の秋のこと / 桂 銀淑
18 転がる石 / 石川さゆり

19 傘ん中 / 五木ひろし
20 ムカシ / 都 はるみ
21 ふるえて眠る子守唄 / 渚 ようこ
表2〜1p:阿久悠さん近影+自筆メッセージ

2p:目次一覧

4p〜8p:収録曲目一覧

10p〜11p:監修者 小西良太郎氏解説
『阿久悠』体験記

12p:テリー伊藤氏寄稿
『日本人の心を埋めてきた「詩」』

13p〜33p:阿久悠さんロング・インタビュー
(取材・文:北沢夏音氏)

36p〜73p:曲目解説(北沢夏音氏)

76p〜145p:全108曲の歌詞

148p〜149p:阿久悠さんの受賞歴一覧

150p〜159p:代表作一覧(抜粋)

ここでは、2005年6月22日発売の阿久悠さんの作詞集CD『人間万葉歌』について推薦してみます。
元々、このCDは私はいっさい仕事で関わっていないのですが、これだけ名盤でありながら、いまだに
特集ページもないのでは勿体無さ過ぎる!と思い、一ファンである私個人の感想を通してその収録内容を
紹介させていただきます。

 私の阿久悠さんの印象といえば、アイドルに書く歌はとかく説明が多くて男っぽいなぁ〜というのが印象でした。
例えば、「素敵な髪をカールして」とか「やはりあなたなの」とか「急ぎ足で行く人もいるが」とか、
フツー女の子が言わないだろうってツッコミを入れてたのが最初の阿久悠さんの印象。

 これに対して、演歌は孤独な匂いがプンプンしている絶品ばかりだとある年齢から気づきましたし、
今でも阿久悠さんで好きなものは?と聞かれたら演歌系が多くなると思います。あとは、演歌じゃなくても
西城秀樹の「ブルースカイブルー」とか岩崎宏美の「思秋期」、ペドロ&カプリシャスの「五番街のマリーへ」
などは、なんというやるせない感情を歌にするんだ!!とシビれた記憶があります。

 それで、たしか8年前に14枚組で大全集が出たのを買いたかったのですが、約\40,000という高額に
諦めたんですよ。でも、今回は5枚組\8,400ととってもお買い得なので、いいなぁと思いました。しかも、
CDのリーフレットも1枚、1枚自然の染物のような色合いだし(私、京都出身のためか、こういう日本の
植物による色って好きなのです)、解説書もこんなにしっかりしているなんて!!と正直驚きでした。
ですので、本当にお買い得です。

簡単に各ディスクの説明もいたしましょう。(4枚の構成はおそらく小西良太郎さんです。)
まず、第一盤は、演歌・歌謡曲でまとめてあります。阿久悠さんの特長である、郷愁感がよく出たものが
多いですね。あ!だから、「愛と哀しみの旅路」なんだ。(←気づくの遅い!(笑)) 私は「おまえさん」
(木の実ナナ)を入れてくれたのが嬉しいですね。これ、なんかクセになるフレーズが多いので。

第二盤は、スター誕生出身の歌手を中心にセレクト。でも、いくらなんでもピンク・レディー9曲は多すぎる
ような・・。まぁ、それだけ阿久悠さんのポジションを確立した作品群ですが、それならば最も阿久さんが
凝りまくった「カメレオン・アーミー」も入れて欲しいですよね。ここまでオリコン1位だったんだし。
まぁ、秀作が多いので、言い出したらキリがないのですが。(微笑)

第三盤は、存在自体がドラマティックなシンガーが多い、という感じでしょうか。
ここも、ジュリーこと沢田研二が、7曲。ちなみにブックレットやジャケットに「酒場でDabada」とありますが、
正確には「酒場でDABADA」ですよね。こういうの間違えると、コワい人がいますからねー・・。
でも、ここは歌いたくなるような作品が多いかも。「ブルースカイブルー」なんて小学生なのに、
なぜか泣けてきたもん。潜在的に年上の女が好きだったからかも。(爆)

第四盤は、あ!こっちも切なくなる作品が多いですね。こちらは第三盤よりも、歌声がドラマティックな人が
多いですね〜。「送春曲」と「思秋期」を対にしているのが◎。しかも、中島みゆき作曲の「世迷い言」も
収録されていて、これ家族みんなで「ヨノナカバカナノヨ」って新聞で書いて確かめた記憶があります。

そしてそして、第五盤だけが、阿久悠さん自選の名曲集ということなんですが、
「朝まで待てない」「白いサンゴ礁」「学園天国」あたりは大ヒット曲なのに、なぜ4枚の選曲から
漏れたんでしょうねぇ。まぁ、それはいいとして、個人的にはここにも名作が多いと思うのです。
ピンクの二人も大好きな「マンデー・モナリザ・クラブ」、寂しさ極まる「昭和最後の秋のこと」、
さゆりさんに血を歌わせるか!?と驚いた激しい歌「転がる石」、はるみさんが舞台で奮闘するほど
展開が面白い「ムカシ」などなど、歌詞だけでワクワクするものも多数。あ、シナロケの歌も
シチュエーションが劇的で好き。この盤は他よりはヒット曲が少ないけど、濃厚な歌詞がいっぱいなので、
是非とも優先的に聞いて欲しいです。

ブックレットの阿久悠さんのインタビューは、ロングとはいえ既に多数の自叙伝を出しておられるので
CDサイズ20p程度では新しい事を語られていないのですが、それでもインタビュアーの方は、
的を外さずヒット作を網羅して聴きだしておられるのがポイントです。また、曲目解説は、同じ歌手が
続くところはひと塊になっていますが、それでもかなり丁寧で、思い入れによる不公平感もない優れもの
でお勉強にピッタリです。

 ということで、外郭を語っているだけでこんな文章量になってしまいましたが、少なくとも
丁寧に作られているのに、とっても安い!!ということがお分かりになったかと思います。
どうぞ、歌詞が言霊を発していた良き時代を思い出しながら感慨にふけってみてはいかがですか?

ちなみに、テリー伊藤氏の寄稿は、「阿久悠」という所を「松本隆」に変えても「大津あきら」に変えても、
十分読み替えることができます。なんか、物凄く応用の利く文章(笑)でテリーさんらしくなくて逆に驚きました。
(参考)こちらの作品も面白いですよ!よろしければどうぞ!

斬新なカバー曲満載!パーティー時で“誰が歌っているか?”的なクイズを実施しても大いに盛り上がりそう!

君の唇に色あせぬ言葉を 〜 阿久 悠 作詞集 1978 (2007/12/19発売、\3,000(tax in)VICL-62668〜9)

(収録曲)赤字は特にオススメです。
ディスク:1
1. 本牧メルヘン(井上忠夫)
2. 時の過ぎゆくままに(森進一) 3. さだめのように川は流れる(森進一) 4. ざんげの値打ちもない(日吉ミミ)
5. 港町シャンソン(青江三奈) 6. 白い蝶のサンバ(ペニー・レイン) 7. とても不幸な朝が来た(三善英史) 8. 忍ぶ雨(三善英史)
9. 街の灯り(フランク永井) 10. おまえさん(中尾ミエ) 11. 青春時代(佐良直美) 12. 下宿屋(佐良直美) 13. 乳母車(チェリッシュ)
14. 冬物語(チェリッシュ) 15. 水中花(チェリッシュ) 16. おもいで岬(橋幸夫) 17. 嫁に来ないか(太川陽介)
18. せんせい(畑中葉子)
19. 円舞曲(わるつ)(佐良直美) 20. あの鐘を鳴らすのはあなた(佐良直美) 21. 津軽海峡・冬景色(森進一) 22. 北の宿から(青江三奈)
ディスク:2
1. 朝まで待てない(バウワウ) 2. どうにもとまらない(ピンク・レディー) 3. 狂わせたいの(ピンク・レディー) 4. じんじんさせて(ピンク・レディー)
5. 勝手にしやがれ(ピンク・レディー)
6. 憎みきれないろくでなし(岩崎宏美) 7. 立ちどまるなふりむくな(岩崎宏美)
8. 絹の靴下(アン・ルイス) 9. お手やわらかに(アン・ルイス) 10. うわさの男(アン・ルイス) 11. また逢う日まで(平尾昌晃・畑中葉子)
12. 昨日・今日・明日(桜田淳子)
13. みずいろの手紙(桜田淳子) 14. さらば涙と言おう(石野真子) 15. きみ可愛いね(石野真子)
16. 乙女のワルツ(ザ・バーズ) 17. 個人授業(ザ・バーズ) 18. 気絶するほど悩ましい(中本マリ) 19. ワインカラーのときめき(中本マリ)
20. 若き獅子たち(松崎しげる) 21. ブーツをぬいで朝食を(岩崎宏美) 22. 五番街のマリーへ(岩崎宏美)
23. ジョニイへの伝言(岩崎宏美)



(こちらは私の仕事ではありませんが、岩崎宏美CD企画時に発掘された音源が基点になっているとは思います。)

 



2005年6月17日 臼井 孝

関連ページ 岩崎宏美LP22枚の紙ジャケCD復刻解説ページ」

関連ページ 桜田淳子LP19枚の紙ジャケCD復刻解説ページ」


トップページ 
 @「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 
B「U」の遊び部屋

c:\homepage\usunigao.gif

トップページへ戻る