企画作品の仲間たち

その1:化粧品CMコンピ <ジャケットからAmazonにリンクしています。>
ジャケット タイトル 発売元 発売日 価格 収録曲 おもな特長
コスメティック・
ルネッサンス
〜ノエビア
CM HITS!
ドリー
ミュージック
03年
2/26
\2,520 1.別れの朝 / 世良公則
2.恋のハレルヤ/ 荻野目洋子
3.愛が止まらない
(TURN IT INTO LOVE)/ 西城秀樹
4.銃爪 / 坂本冬美
5.絶体絶命/ 宇崎竜童
6.カサブランカ・ダンディ/ 田村直美
7.ダンシング・オールナイト/ マリーン
8.ミ・アモーレ/ 狩人
9.スローモーション/ 鈴木トオル
10.Heart Of Glass/ 桃姫BAND
(尾崎亜美参加)
11.Lovin' You / アン・ルイス
<1枚を通した情感を
楽しみたい人向き>


化粧品コンピの第1弾。
意外な組合せの
有名曲の有名アーティスト
によるカヴァー曲多数。

ほぼ全曲、シングルとして
はあまり売れなかったのに、
集めてみると、独特のケバさ
加減が面白い作品。

くわしくは、企画立案者に
よるこちらもどうぞ。
ルージュ
〜コスメティック
CM SONG
コレクション〜
BMG
ファンハウス
03年
7/9
\3,129 ディスク: 1 1.う、ふ、ふ、ふ / EPO 2.赤道小町 ドキッ / 山下久美子 3.春咲小紅 / 矢野顕子 4.コットン気分 / 杏里 5.燃えろいい女 / ツイスト 6.Hey Lady 優しくなれるかい / 庄野真代 7.私のハートはストップモーション / 桑江知子 8.君は薔薇より美しい / 布施明 9.セクシャルバイオレット No.1 / 桑名正博 10.Mr.サマータイム / サーカス 11.サマーチャンピオン / 浅野ゆう子 12.蜃気楼 / クリスタルキング 13.キッスは目にして! / ザ・ヴィーナス
14.君に胸キュン。/ YMO 15.ベジタブル / 大貫妙子
ディスク: 2 1.Return To Myself/ 浜田麻里 2.MUGO・ん…色っぽい / 工藤静香 3.色・ホワイトブレンド / 中山美穂 4.Boogie-Woogie Lonesome High-Heel / 今井美樹
5.C-Girl / 浅香唯 6.ちょっとやそっとじゃ Can't Get Love / 中村あゆみ 7.愛の呪文 / 石川秀美 8.シンデレラは眠れない / THE ALFEE 9.くちびるスウィング / 小林明子
10.セブンティ・カラーズ・ガール / 稲垣潤一 11.君のキャトル・ヴァン・ディス /スターダスト・レビュー 12.咲き誇れ愛しさよ / Wink 13.愛が止まらない / 西城秀樹 14.春雪うさぎ / NOKKO 15.Stay with me / 松たか子
<化粧品ソングを
お得に楽しみたい人に>


化粧品のブランドにこだわらず
とにかく自社のヒット曲、
そしてコンピレーションに
協力的なメーカーの楽曲を
片っ端から収録した2枚組。

'02年にミリオンセラー
邦楽コンピ『kiss』シリーズを
生み出したBMG社らしく、
ユーザーのお得感を優先。
beautiful
〜彩美曲
コロムビア 03年
8/27
\2,415 1.ビューティフル・ネーム / ゴダイゴ
2.Mr.サマータイム / サーカス
3.スウィート・ソウル・レヴュー / ピチカート・ファイヴ
4.春咲小紅 / 矢野顕子
5.君は薔薇より美しい / 布施明
6.唇よ、熱く君を語れ / 渡辺真知子
7.How many いい顔 / 郷ひろみ
8.赤道小町ドキッ / 山下久美子
9.すみれ September Love / 一風堂
10.僕のサラダガール / ゴダイゴ
11.微笑の法則 / 柳ジョージ & レイニーウッド
12.Hey Lady 優しくなれるかい / 庄野真代
13.微風のメロディー / 河合奈保子
14.伝説の少女 / 観月ありさ
15.イッツ・ア・ビユーティフル・デイ /
ピチカート・ファイヴ
16.UNE BELLE HISTOIRE / 原田知世
17.ビューティフル・ヨコハマ / 平山三紀
18.涙の太陽 / エミー・ジャクソン
19.ビューティフル・サンデー / ダニエル・ブーン
20.マンダム 男の世界 / ジェリー・ウォーレス
21.WHAT A WONDERFUL WORLD
22.サクセス(アコースティック)
<カネボウCMを中心に
ビューティな楽曲が
楽しみたい人向き>


基本的にカネボウの収録曲
をソニーと組んで集めたが
収録曲が少ないから・・
と、律儀に“beautiful”と
名前のついた楽曲や、
それっぽい楽曲を追加。

ちなみに、お手ごろ価格で
河合奈保子
「微風のメロディー」が
聴けるのは、2005年現在
このCDだけ。
音椿〜
the greatest
hits of
SHISEIDO
〜白盤
東芝EMI 03年
8/27
\2,500 1.オレンジ村から春へ / りりィ
2.マイピュアレディ / 尾崎亜美
3.サクセス / ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
4.君のひとみは10000ボルト / 堀内孝雄
5.裸足の季節 / 松田聖子
6.蜃気楼 / クリスタルキング
7.い・け・な・い ルージュマジック/
忌野清志郎&坂本龍一
8.Woman “Wの悲劇”より / 薬師丸ひろ子
9.メトロポリスの片隅で / 松任谷由実
10.サレンダー / 布袋寅泰
11.朝日のあたる道 / オリジナル・ラヴ
12.精一杯の微笑み / 高橋幸宏
13.コマソンNo.1 / ウルフルズ
14.TOKYO FANTASIA / 山下久美子
15.Still (Single Version) / 矢沢永吉
16.Girls Be Glamorous / 氷室京介
17.流し目プレイ☆ (extended version) / 小林 桂
<ニューミュージック+
女性シンガーという
東芝色が楽しめる1枚>


東芝EMIとソニーが組んだ
資生堂キャンペーンソング
集で、こちらは東芝EMI盤。

全体で古い順に並べられて
いる。松任谷由実や
布袋寅泰など、コンピでは
珍しい人たちも収録。
音椿〜
the greatest
hits of
SHISEIDO
〜紅盤
Sony
Music
Direct
03年
8/27
\2,500 1.揺れるまなざし / 小椋桂
2.春の予感 − I've been mellow / 南沙織
3.時間よ止まれ / 矢沢永吉
4.夢一夜 / 南こうせつ
5.燃えろいい女 / ツイスト
6.風は秋色 / 松田聖子
7.メイク23秒 / 桃井かおり
8.A面で恋をして / ナイアガラ トライアングル
9.め組のひと / ラッツ&スター
10.くちびるヌード / 高見知佳
11.GO AWAY BOY / プリンセス・プリンセス
12.彼女とTIP ON DUO / 今井美樹
13.go for it! / Dreams Come True
14.咲き誇れ愛しさよ / Wink
15.これが私の生きる道 / Puffy
16.やさしい気持ち / Chara
17.NEO UNIVERSE / L'Arc - en - Ciel
<ソニーの幅広いライン
ナップを揃えたい人向き>


東芝EMIとソニーが組んだ
資生堂キャンペーンソング
集で、こちらはソニー盤。

ソニーを中心にまとめた
といっても、永ちゃんから
松田聖子、ナイアガラ、
ドリカム、Puffy、ラルクと
ソニーと実にバラエティ豊かで
レパートリーの広さに
驚かされる。
Belle〜
カネボウ・
ヒット・ソングス
Sony
Music
Direct
04年
6/23
\2,625 1.Oh!クッキーフェイス/ティナ・チャールズ
2.Mr.サマータイム/サーカス
3.君は薔薇より美しい/布施明
4.唇よ,熱く君を語れ/渡辺真知子
5.How many いい顔/郷ひろみ
6.Rock’n Rouge/松田聖子
7.君に,胸キュン。-浮気なヴァカンス-/YMO
8.春咲小紅/矢野顕子
9.君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。/中原めいこ
10.吐息でネット/南野陽子
11.すみれ September Love/一風堂
12.赤道小町 ドキッ/山下久美子
13.にくまれそうなNEWフェイス/吉川晃司
14.キッスは目にして!/ヴィーナス
15.ワインカラーのときめき/新井満
16.星化粧ハレー/ハイ・ファイ・セット
17.夢・恋・人。/藤村美樹
18.きみはどこまで美しくなるのか。/因幡晃
19.プリンセス TIFFA/白井貴子&CRAZY BOYS
20.C-Girl/浅香唯
21.Bonjour お目,目さん。/アラン・シャンフォー
22.Oh!クッキーフェイス/夏目雅子

<夏目雅子さんファンと
より多くのカネボウ楽曲を
楽しみたい人に>


夏目雅子の19回忌の時期に
出されたカネボウコンピ。
前年に出た『beautiful』と
約1/3ダブっているが、
その分、夏目雅子さんが
出た時のCM曲1と、本人の
カヴァー22を収録し、更に
収録曲も多数追加。



<♪わたしーも、おとーなになーりました〜(笑)>
このシリーズでは、私が関わった作品と、その関連作品を並べてみて、
それぞれの良さを理解してもらって、また店頭とかネットとかのぞいた時に興味を持ってもらえれば
と思いページを作ってみました。

実は、当時は比較されるのってイヤなこともあったのです。だって、『ノエビアCM HITS!』が発売された
当初は、大半のお店の反応が悪かったから、それを克服する為に、キャッチ・コピーとか
プロモーションしやすい切り口とか一所懸命考えて、やっとのことセールスが動き出したのに、
そうなった途端に、そらいけーー!!とばかりに他のメーカーが別ブランドの作品や関連作品を
次々と企画しはじめたんですよ。しかも、かなり大規模の宣伝展開をしたので、スタート地点から
すっごく有利なその作品を見てはある種のジェラシーを抱いていたのです。

でも、考えてみれば、音楽ファンの皆さんにとっては、それぞれに良い曲が復刻されるのは嬉しいことだし、
実際に化粧品コンピシリーズで店頭展開して下さっているCDショップが激増したし、その中で
『コスメティック・ルネッサンス』を買った人からは、他のブランドより独特な色合いがあるってご意見も
いただくことも増えたので、やっぱり全体で盛り上がった方がいいかなぁ、と改心しました。

個人的には、上表をまとめてみて、コロムビアさんのけなげさ(?)に感心しちゃいました。

ということで、6枚購入すれば、すっかり美しくなれるかも!?(笑) おためしあれ!


2005年6月8日 臼井 孝

トップページ  @「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 B「U」の遊び部屋

c:\homepage\usunigao.gif