2013年10月7日最終更新

岩崎宏美さん LP24枚の紙ジャケCD復刻のご案内
(このページは、ワタシが趣味でやっているものなので、
多少の誤植は大目に見ていただくか、こっそりメールで教えて下さい。(微笑))


☆なんと紙ジャケットの一部がタワーレコードで復活しています!!(2013年10月)
詳しくはWebか店頭で!


1995年〜99年作品は高音質SHM-CDで、89年〜93年作品は、『『誕生』『家族』『きょうだい』BOX』で復刻!

(なお、シングルセールス上位TOP20を網羅した『GOLDEN☆BEST』や、
ファンに語り継がれる名曲18曲や貴重な初公開フォトも掲載した『GOLDEN☆BEST II』をどうぞ♪)

このシリーズが作られた背景は、日経ビジネスオンラインの記事
「岩崎宏美・紙ジャケCD×22枚、ヒットの理由」をお読み下さい。きっと買う気が増すはず(微笑)。


各\2,500 (tax in)

<オリジナル復刻共通・5つのポイント> 
@最新デジタル・リマスター音源  リマスタリングで原曲の演奏の分厚さや歌唱の透明感が一耳瞭然。
 音の繊細さと大胆さにビックリ仰天。さすが全メーカーお墨付きのFLAIRサウンドです。
Aセルフライナーノーツ収録  歌に関する思い出から当時の裏話までリレー形式で語られていています。
宏美さんのライナーは、(嫌味なく)色んな本音が書かれていてとても面白いですよ。

Bビジュアル面を可能な限り再現  ジャケットや帯の復刻、作品によっては初回特典も追加して復刻されています。
 また、縮小カードの封入に加え、各CDに「歌詞がちゃんと読めるブックレット」付です。
C本編後にボーナス・トラック収録
(全24枚で141曲)
『ファンタジー』DJ抜きバージョン!
・「二十才前」初回バージョン!
・吉田正作品集から「再会」!
・『エクセル・ワン』の新曲11曲!
・オリジナル・カラオケLP/カセットの音源!
・完結盤(五期)では、貴重なNHK音源も!

  これまで、オークションにて超高値で取引されていた音源や企画LPの楽曲を多数含んだ
アルバム未収録のスタジオ録音を、可能な限り追加収録しています。
  <1>〜<22>で、全てのシングルのB面が揃い、<23><24>にはNHK音源もあります。
  また、<18>〜<24>には、アナログ時代全般にわたってのオリジナル・カラオケ
が収録されお得なので、カラオケ・ファンの方や筒美京平フリークの方もどうぞ。
 
 なお、アルバムのコンセプトを保つよう本編との間に最低10秒間隔を設けてあります。
D10枚以上購入でスペシャルCD
『ダルセーニョ〜リミックス・ベスト』
を全員応募プレゼント


※07年12月末日で締め切られました。

 全タイトル購入なさらなくても応募可能です。
収録内容:「二重唱」〜「夏に抱かれて」のシングルA面全17曲リミックス
(84年発売『ダルセーニョ』のみ収録された音源より)

※紙ジャケットの写真の印刷が粗いように見えますが、これは元々のアルバムでも
意図的に粗くして回顧的に(つまり、デビュー当時に戻って、という風に)見せてある
為であり、決して印刷ミスではございません。
<復刻アルバム 24タイトル一覧>
一期 <1>
あおぞら[+1]
<2>
ファンタジー[+10]
<3>
飛行船[+2]
<4>
ウィズ・ベスト・
フレンズ[+2]
<5>
思秋期から・・・男と女[+1]
二期 <6>
二十才前・・・[+4]
<7>
パンドラの小箱[+4]
<8>
恋人たち[+7]
<9>
10カラット・
ダイヤモンド[+6]
<10>
WISH[+7]
三期 <11>
緋衣草(サルビア)
[+5]
<12>
すみれ色の涙
から・・・[+5]
<13>
夕暮れから
・・・ひとり[+5]
<14>
Love Letter
[+2]
<15>
私・的・空・間
[+5]
<16>
ディズニー
・ガール[+6]
第四期は、大人の歌唱が存分に楽しめる傑作多数!大ヒット曲を含むアナログ時代全体のオリジナル・カラオケも収録!
第五期は、貴重なNHK音源や初作品化のオリジナル・カラオケをボーナスで収録!
四期 <17>
I WON'T BREAK
YOUR HEART[+7]
<18>
戯夜曼(ぎやまん)[+9]
<19>
cinema[+9]
<20>
わがまま[+9]
<21>
よくばり[+10]
<22>
Me too[+7]
五期 <23>ALBUM[+10] (童謡・唱歌集第1弾+NHK音源) <24>albumII[+8] (童謡・唱歌集第2弾+NHK音源)
No. 復刻アルバム名

ジャケット写真(Amazonアソシエイツ・
プログラムを使用しています。)

「当時のキャッチコピー」

オリジナル発売日 (品番) 
復刻盤発売日 (品番)
○収録曲  太字はシングルA面曲、下線はシングルにも勝るとも劣らぬ推薦曲です。
私の独断ですのでご了承下さい。(本当はもっと引きたいところ(笑))

◇作家陣(おもに作詩、作曲、編曲、原曲作者の順) ◆特典 

☆ビギナー向けワン・ポイント・メモ
(既にヒロリンの魅力を知り尽くしている人は読まなくて大丈夫です(笑))
1 あおぞら[+1]


天まで響け!!
岩崎宏美ファースト・アルバム」

1975/9/5(SJX-222)
2007/2/21(VICL-62267)
○1. ロマンス 2. はだしの散歩 3. ささやき 4. 私たち 5. 二重唱(デュエット)
6. 空を駆ける恋 7. 愛をこめて 8. 涙のペア・ルック 9. 月見草 10. 美しいあなた 
11. この広い空の下 
<ボーナス・トラック>12. そうなのよ(シングル「センチメンタル」B面曲)

◇阿久悠(1〜6、8、9、11、12作詩)、千家和也、筒美京平(1、4、5、8、9、12作曲)
、穂口雄右、萩田光雄、馬飼野康二
◆「二重唱」宣伝パンフレット復刻(縮小版)


☆「天まで響け!!」・・もうこの一言で全てが言い尽くされたかのような1枚。
デビュー・アルバムとは思えないほど伸びやかで大人びた声、完成された煌めく
歌謡ポップスの連続。デビュー曲「二重唱」や最大ヒットシングル「ロマンス」、
更には後年のコンサートの定番となった「月見草」など代表曲もたっぷり。
ライナーノーツには、初めてのスタジオ入りや、台詞のレコーディングについての
想い出を収録。業界用に配られた宣伝パンフレット(3枚が絶妙に段違い)の
プロフィールも今読み返してみると微笑ましい。

2 ファンタジー[+10]


「ついに完成!!
ホットなニュー・オリジナル・アルバム。
ポップスの常識を破った
新鮮なサウンドと歌唱力!!」
ナレーション:糸居五郎・岩崎宏美

1976/2/10(SJX-10122)
2007/2/21(VICL-62268)
○1. パピヨン 2. キャンパス・ガール 3. ファンタジー 4. 愛よ、おやすみ 
5. 感傷的 6. おしゃれな感情 7. ひとりぼっちの部屋 8. グッド・ナイト
9. 月のしずくで 10. センチメンタル
<ボーナス・トラック> 
1〜10のDJ抜きオリジナル・バージョン=DJ抜きが収録
11. パピヨン 12. キャンパス・ガール 13. ファンタジー 14. 愛よ、おやすみ(*4と同)
15. 感傷的(*5と同) 16. おしゃれな感情 17. ひとりぼっちの部屋
18. グッド・ナイト(*8と同) 19. 月のしずくで  20. センチメンタル

◇阿久悠(1〜3、5、7〜10作詩)、ちあき哲也、筒美京平(1〜6、9、10作曲・編曲)、穂口雄右
※11〜20も、当然ながら1〜10と同じ作家陣です。

☆共に大ヒットとなった2枚のシングルを含む2nd。全編を伝説のDJ故・糸居五郎氏が
DJ形式で楽曲を紹介しつつ、心地良い歌謡曲がノンストップで流れる。
シングルA面以外でも、70年代筒美京平サウンドの王道の「パピヨン」「愛よ、おやすみ」
や、中高音が堪能できる穂口雄右作の「ひとりぼっちの部屋」など、上質な歌謡曲好き
にはたまらない作品が目白押し。また、ボーナス・トラックとして、奇跡的に残っていた
DJ抜きトラックも10曲収録しているので、個々の楽曲を独立して楽しむこともできる。
ライナーノーツには、香坂みゆきによるカバー(4)やレコーディングの想い出を収録。

3 飛行船[+2]


「コバルト・ブルーの夏空の彼方から、
宏美の飛行船がやってくる・・・・・・・
青春の夢と希望を、
すばらしいサウンドに乗せて・・・・・・」
1976/7/25(SJX-10141)

2007/2/21(VICL-62269)
○1. 未来 2. 地平線の彼方 3. サマー・グラフィティ 4. ワンウェイ・ラヴ 
5. 夏からのメッセージ 6. ケン待っててあげる 7. 霧の日の出来事 
8. さよならがビショビショ 9. 美しい夏 10. 愛の飛行船
<ボーナス・トラック>11. 霧のめぐり逢い(シングル) 12. 感傷時代(同B面曲)


◇阿久悠(1、2、5、7、8、10〜12作詩)、千明哲也、松本隆、筒美京平、穂口雄右、萩田光雄
特写!!カラーポートレート(オリジナル復刻・縮小版)

☆ご本人も出来上がってビックリの(笑)合成ジャケットが愉快な3rd。まさに青空を想わせる
ナチュラルな美声が特徴。ヒロリン本人も意識されていたように、1st、2ndよりも更に
低音に磨きがかかった1枚。特に、松本隆の歌詞の魅力も相まって「ワンウェイ・ラブ」や
、「美しい夏」など言葉に説得力が増しているのも見事。シングルではイントロ部分が
その後の京平ポップスに広く応用された「未来」や、コアな人気の高い「霧のめぐり逢い」
を収録。(カップリングの「感傷時代」の方がA面っぽいかも。)セルフライナーノーツでは、
ジャケットやピンナップ撮影、「飛行船」のイラストへの希望等を収録。

4 ウィズ・ベスト・フレンズ[+2]


好きになって下さい、宏美・・・・・・。
このアルバムの中におや!と思う
素敵な歌がいっぱいあります。
それは宏美があなたのために、
ひとつひとつ心をこめて
歌っているからです。」


1977/5/25 (SJX-10194)
2007/2/21(VICL-62270)
○1. 悲恋白書 2. 砂の慕情 3. メランコリー日記 4. わたしの1095日 5. 平行線 
6. 学生街の四季 7. パパにそむいて 8. コンサート 9. 花のことづけ 
10. 想い出の樹の下で 11. 愛をどうぞ 12. さよならそして自由へ
<ボーナス・トラック> 13. ドリーム(シングル) 14. スイート・スポット(同B面曲)


◇阿久悠、ちあき哲也、櫛田露弧、中山大三郎、
大野克夫、穂口雄右、筒美京平、川口真、三木たかし、うすいよしのり、青木望、田辺信一
『ベスト・ヒット・アルバム』(1976/11/25,GX-17)
初回盤封入ピンナップ集(オリジナル復刻・縮小版)


☆ご本人も「おや!」と思うほど分かりやすい表現のキャッチ・コピーが面白い4th。
清らかな声は変わらないが、全体にどこか翳りや憂いの表情も垣間見える作品が
多い。それは、高校を卒業したことや、ディレクターが歌手・岩崎宏美の育ての親となった
飯田久彦氏に変わったことが影響し、“大人への出発”を意識したのか。
シングルでは、初期京平ポップス調の「ドリーム」、『飛行船』の延長のような
「想い出の樹の下で」、初めて京平さん以外の作曲シングルとなったジュリー・ポップスの
「悲恋白書」を収録。ライナーノーツでは、ファンの間では有名な“もう一つの「悲恋白書」”
について収録。
5 思秋期から・・・男と女[+1]


青春期。恋夏期。思秋期。感冬期。
無邪気な春の語らいや、
華やいだ夏のいたずらや、
笑いころげたあれこれと、
過ぎゆく青春を四季に分けて、
宏美は唄います。」


1977/10/5(SJX-20017) 
2007/2/21(VICL-62271)
○1. 思秋期 2. ランボルギーニが消えて 3. 男と女 4. 恋夏期 5. 個人指導 
6. 煙草の匂いがする 7. メランコリー・ジュース 8. 幸福号出帆 
9. チェイス 10. ピアノ弾きが泣かせた 11. ウェルカム・ホテル 12. BOO BOO
<ボーナス・トラック> 13. 折れた口紅(シングル「思秋期」B面曲)


◇阿久悠(全作詩)、三木たかし(1〜4、13作曲・編曲)、川口真(5〜8作曲)、
大野克夫(9〜12作曲)、船山基紀

☆ヒロリン本人も、飯田久彦氏も「大好きな作品」とおっしゃっている1枚。
だけど、ファンの反応にやや温度差があるのは、本作で筒美京平作品が一旦消え、
急に落ち着いたサウンドが多くなったためか。しかし、言い換えれば、ウェットな歌唱で
大人びたシチュエーションが多く、もはやアイドル・ポップスとは呼べないほど地に足の
着いた楽曲ばかりなので、ふだん歌謡曲をあまり聴かないフォーク系ポップスが好きな人や
、「思秋期」のようなフェミニンでおセンチ系の楽曲が好きな人にはたまらない1作では。
ライナーノーツでは、阿久悠氏のエピソードや“ランボルギーニ秘話”を収録。当時から、
ヒロリン・ファンの音へのこだわりの強さがうかがえる。

この解説で飽き足らない方は、“もっと紹介ページ”へどうぞ。
6 二十才前・・・[+4]


「 「宏美」・・・19歳!
この春、新しい新しい香りをのせて・・・!!

誰もが避けることのできない、
20才前のノスタルジックな想いを、
ニュー・ミュージックも含めて語りかける
宏美ニュー・ブレンド・アルバム!!


1978/4/5 (SJX-20054)
2007/3/21(VICL-62272)
○1. 二十才前 2.クェッション・マーク 3. 熱帯魚 4.夏のたまり場 5.ニッカ・ボッカ 6.ザ・マン
7.何かが起こりそうな朝 8.季節のかほり 9.つめたい抱擁 10.ヴェニスの花嫁
11.暁 12.今様つづり
<ボーナス・トラック> 13.あざやかな場面(シングル) 14.いちご讃歌(同B面曲)
15.ひとりぼっちの部屋(イントロ・ロング・バージョン)(アルバム『宏美』より)
<特別収録音源> 16.二十才前(イニシャル・バージョン)(シングル初回録音)

◇阿久悠、東海林良、丸山圭子、中里綴、穂口雄右、三木たかし、川口真、
萩田光雄、佐藤準、船山基紀

☆前作がコンセプチュアルだったのに対し、本作では、キッズソング風の「ニッカ・ポッカ」
から純和風ポップスの「今様つづり」、歌い上げ系の「暁」まで、非常に幅広く、おそらく
彼女のために集まった様々な曲で“二十才前”としての力量を試したのではないか。
あるいは、「思秋期」で一つの完成形を見たので、今後の方向性を一から模索したとか。
とにかく全ポップスファンに1作は好きな曲がありそう。シングルでは、情熱系の「熱帯魚」、
まるで歌唱試験の課題曲のような難しい構成の「二十才前」、叙情ワルツ「あざやかな場面」
を収録。そして、ご本人の了解を得て「二十才前」の初回バージョンを初CD化。(いわゆる
幻の鼻声バージョンです。)ライナーノーツには、「二十才前」に関するエピソード等を収録。
7 パンドラの小箱[+4]


「パンドラの小箱につめたエキゾチックな
新しい風(サウンド)が今、飛び出します。」


1978/8/25 (SJX-20077)
2007/3/21(VICL-62273)
○1.媚薬 2.パンドラの小箱 3.コントラスト 4.パンドラの小箱(バリエーション)5.ピラミッド
6.カンヴァセーション 7.シンデレラ・ハネムーン 8.想い出は9月ゆき 9.ミスター・パズル
10. 11.南南西の風の中で 12.パンドラの小箱(リプライズ)
<ボーナス・トラック>
13.さよならの挽歌(シングル) 14.夕暮れメヌエット(同B面曲)
15..春おぼろ(シングル)  16.吐息ばかり(同B面曲)


◇阿木耀子、島武実、橋本淳、山上路夫、筒美京平(全作曲、1、2、4〜16編曲)、船山基紀
演奏:Dr.ドラゴン&サウンド・オブ・アラブ(1〜12)

☆初の全曲筒美京平作曲によるアルバム。男女のスリリングな駆け引きを描いた1,2
(阿木耀子・作詩)から始まるせいか、あるいは夜っぽいジャケットのせいか、序盤〜中盤に
ミステリアスな印象あり。他方、終盤は軽快なポップスの「L」やAOR風の「南南西〜」
など爽やかな印象も。シングルは、多くの方に(色んな形で)記憶されている「シンデレラ・
ハネムーン」や、「秋桜」と対照的なシチュエーションの「春おぼろ」、ラブ・サスペンス
路線(笑)の「さよならの挽歌」を収録。ライナーノーツには、阿木耀子氏に関するエピソード
等を収録。

なお、後藤次利さんの公式サイトによると、演奏したDr.ドラゴン&サウンド・オブ・アラブの
面子は以下の通り。・・・超豪華!!きっと、他の記載なし作品もこの高水準なのでしょう。
林立夫(Dr)、後藤次利(EB)、松原正樹(EG)、佐藤 準(Key)、坂本龍一(Key)、
渋井 博(Key)、斎藤ノブ(Per)
8 恋人たち[+7]


「ロマンティックなヨーロッパをあなたに
・・・恋人たちに捧げる宏美のラブソング」

1979/3/9 (SJX-20112)
 2007/3/21(VICL-62274)
○1.恋人たち 2.白いバラ 3.シェルブールの雨傘 4.ラ・ボエーム 5.黒いオルフェ
6.この想いをあなただけに 7.行かないで 8.禁じられた遊び 9.マイ・ラヴ 10.白い恋人たち
11.思い出さないで  
<ボーナス・トラック ( )内はオリジナル> 12.甘い生活(野口五郎) 13.再会(松尾和子)
14.ジョニイへの伝言 15.五番街のマリーへ (以上2曲ペドロ&カプリシャス) 
16.ブーツをぬいで朝食を(西城秀樹)  
17.憎みきれないろくでなし 18.立ちとまるなふりむくな (以上2曲沢田研二)
以上レアな企画アルバムより初CD化

◇阿木耀子、片桐和子、櫛田露弧、なかにし礼、菅美沙緒、永田文夫、山上路夫、
佐伯孝夫、阿久悠、筒美京平、中山大三郎、吉田正、都倉俊一、大野克夫、
萩田光雄、青木望、田辺信一、Cat Stevens、Jacques Demy、Michel Legrand、
Jacques Plante、Charles Aznavour、A.Maria、L.Bonfa、Luciano Beretta、
Alberto Anelli、Jacques Brel、Paul&Linda MacCartney、Pierre Barouh、Francis Lai

☆初の洋楽カバー・アルバム。(ただし、1はオリジナル曲。11は邦楽のカバー。)
シリーズ<5>の『思秋期から・・・男と女』で培った大人の憂いを更に引き出すべく(?)
ヨーロピアン・ポップスに応用。どの歌も、情感たっぷりに歌い上げているが、やはり
本人が選曲した「マイ・ラブ」が最も気持ち良さそう。
そして、ボーナス・トラックの7曲がこれまでオークションで高値取引されていた
レアな企画盤からの楽曲を含むカバー曲。この音源が見つかったことで、スポーツ紙
にも大きく報道していただいた。特に、男性ヴォーカルをかなり高いキーのまま歌う
突き抜けたヴォーカルは、他にはない魅力満載。獄中の彼を見舞う「再会」もかなり
意外な仕上がり。ライナーノーツには、ハワイに行かなくなった理由等を収録。

9 10カラット・ダイヤモンド[+6]


「今、最高に充実している宏美が、
愛をテーマにその光と影を歌いあげる
意欲作!!」


1979/10/5 (SJX-20152) 
2007/3/21(VICL-62275)
○1.スリー・カラット・ダイヤモンド 2.マチネへの招待 3.東京−パリ 4.麗しのカトリーヌ
5.めぐり逢い伝説 6.小夜曲(セレナーデ) 7.水曜の朝、海辺で・・・・・・ 
8.哀しみは火のように  9.テーブルの下 10.微笑の翳り  
<ボーナス・トラック> 11.夏に抱かれて(シングル) 12.ラヴ・アラベスク(同B面曲)
13.万華鏡(シングル)
14.泣きながら目覚めて(リミックス・バージョン) 15.砂の伝説 16.時の女神
(以上3曲ライブ&スタジオ録音アルバム『ライブ&モア』よりスタジオ新録音源を収録)

◇阿木耀子、三浦徳子、山上路夫、橋本淳、呉田軽穂、川口真、穂口雄右、佐藤準、
筒美京平、馬飼野康二、吉田拓郎、後藤次利、船山基紀、加藤和彦、瀬尾一三

☆初めてノン・シングルで勝負したオリジナル8thアルバム。とはいえ、全体に女性の
本音に迫るような歌詞(阿木耀子、三浦徳子)がディープなので聞き応え十分。
ヒロリンの歌唱も「万華鏡」路線でかなり抑えたものから、「マチネへの招待」のように
ヒステリックに伸びるものまでレンジが広い。ボーナス・トラックには人気の2枚の
シングルや、呉田軽穂−吉田拓郎コンビという異色ポップスの「時の女神」を収録。
なお、「泣きながら目覚めて」は、ファンの方からビクターへのご指摘で、リミックス
であることが判明した為、急遽第四期『わがまま』のボーナスとして収録されることに。
・・・お疲れさまでございます!ライナーノーツでは、当時の歌詞への理解度について
語られている。

この解説で飽き足らない方は、“もっと紹介ページ”へどうぞ。
10 WISH[+7]


「ロスアンジェルス録音盤“ウィッシュ”
心地良いロスの風に吹かれ無限に
ひろがる宏美のラブソング!!」


1980/8/5(SJX-30016) 
2007/3/21(VICL-62276)
○1.Wishes 2.五線紙のカウボーイ 3.Sympathy 4.Street Dancer 5.Kiss Again
6.Half Moon 7.女優 8.Rose 9.処女航海 10.夕凪海岸 11.最後の旅 12.Wishes
<ボーナス・トラック> 13.スローな愛がいいわ(シングル) 14.白夜(同B面曲)
15.女優(シングル・バージョン) 16.レンガ通りの恋人達(同B面)
17.銀河伝説(シングル) 18..愛の生命(同両A面曲)
19.寂しくないですか-郵政省ふみの日の歌(企画カセット『GOLDEN PRIZE』より)

◇橋本淳、なかにし礼、康珍化、山川啓介、阿久悠、三浦徳子、伊達歩、山口洋子、
長者原寿子、伊藤アキラ、筒美京平(1〜16作曲)、宮川泰、浜田金吾、川口真、
後藤次利、戸塚修、萩田光雄、林哲司


☆LAレコーディングによる全曲筒美京平が手がけたアルバム。LAの空気のせいか、
どれも良い意味で乾いた感じで、前作までに確立したウェットな歌い方でも、
どこか余裕を感じさせる。シングル「女優」も、アルバム・バージョンの方が重厚な
ディスコ・サウンドなのに、歌謡テイストは薄まっている。ボーナスでは、『ヤマトよ
永遠に』主題歌を含む同時期の3枚のシングルを収録。また、ライナーノーツには、
LAでの楽しい想い出や、5年間を振り返ってのエピソードが収録されており、
22枚中最も長文となっている。
11 緋衣草(サルビア)[+5]


「私はうたう、あなたへの愛、
ひとすじの愛、ロマンチックな愛を。」


1981/7/5(SJX-30075) 
2007/4/25(VICL-62277)
○1. 月下美人草 2. 恋待草 3. 今夜だけは 4. 自鳴琴(オルゴール) 5. ひとつまえの夏
6. ひまわり 7. 花散里(はなちるさと) 8. さ・よ・な・ら 9. 名前のない花 10. 緋衣草(サルビア)
<ボーナス・トラック>11.摩天楼(シングル)12.絵空事(同B面曲)13.胸さわぎ(シングル)
14. 潮風の物語(同B面曲) 15.つぶやけば愛(シングル「恋待草」B面曲)

◇荒木とよひさ、伊達歩、竜真知子、吉田旺、白鳥英美子、及川恒平、上田成幸、
わたなべ礼、松本隆、松尾一彦、三木たかし、小林亜星、萩田光雄、白鳥澄夫、
川口真、松任谷正隆、あすなろ、浜田金吾、大村雅朗、井上鑑、戸塚修、松井忠重

☆通算10作目のオリジナルで初CD化。“草花シリーズ”というコンセプトが明確ながら、
なぜか作家陣が最もバラエティに富んだアルバム。全体に和のテイストを感じさせるのは
荒木とよひさ、伊達歩、吉田旺など文学系歌謡曲にもヒットの多い作家が多いためか、
はたまた縦書きの歌詞カードのせいか。ボーナスには'80〜'81にかけてのシングル曲を
収録。全体に地味な作りながら、歌謡曲でもポップスでもない、クロスオーヴァーな独特の
雰囲気を醸し出している。ライナーノーツには、「上田成幸」氏のエピソード等を収録。
12 すみれ色の涙から・・・[+5]


「宏美!心の愛唱歌!!」

1981/11/5(SJX-30123) 
2007/4/25(VICL-62278)
○1. すみれ色の涙 2. 卒業写真 3. サルビアの花 4. 20才のめぐり逢い 5. 吟遊詩人の唄
(One Man Band)
6. さよならをするために 7. 街の灯り 8. 少しは私に愛を下さい
9. ともしび10. 夢で逢えたら 11. 空に星があるように
<ボーナス・トラック> 12. 愛しても愛しても 13. そして哀愁 14. ブルー・エンジェル 
15. シャイニング・スカイ 16. 万華鏡(ニュー・バージョン)
 (
以上レア・ベスト&新録LP『EXCEL ONE』より初CD化

◇万里村ゆき子、荒井由実、相沢靖子、田村功夫(「功」ににんべんあり)、甲斐よしひろ、
石坂浩二、阿久悠、小椋佳、山上路夫、大瀧詠一、荒木一郎、三浦徳子、竜真知子、
小田啓義、早川よしお、坂田晃一、浜圭介、大野雄二、萩田光雄(1〜13編曲)
筒美京平、小田裕一郎、馬飼野康二、大谷和夫、Leo Sayer、Dave Courtney

☆大ヒット曲「すみれ色の涙」を含む邦楽カバーアルバム。単体としては初のCD化。
本人による選曲も約半数含まれており、初めてプロデュースにも名を連ねている。フォーク系
の楽曲が大半を占め、全体に70年代前半のモノクロな世界が描かれていて懐かしい趣き。
「吟遊詩人の唄」はヒロリン唯一の“おいら”ソング(のはず)。「街の灯り」や「夢で逢えたら」
は聴いていても、本人がオリジナルの歌い手のファンであることがよく分かる。そして、
ボーナス・トラックには『EXCEL ONE』初作品のうち前半の5曲を収録。多様なストック
曲の中から、70年代後半からのストックを幅広く集めて録音したと思われる。ライナーノーツ
では、カバー・アーティストへの想いや、『EXCEL ONE』のジャケットの感想等が語られている。
13 夕暮れから・・・ひとり[+5]


聖母たちのララバイTV VERSION収録
さらに大きくなった宏美が、
心をこめて歌います・・・。
ビッグ・ヒット“聖母たちのララバイ”
をはじめ、ポップな魅力溢れる
ニュー・オリジナルがいっぱいです!!」


1982/7/5(SJX-30155) 
2007/4/25(VICL-62279)
○1. 檸檬 2. 飛ばして、TAXI 3. 恋は戦争 4. 夜明けのない朝 5. Single man 6. China reef
7. エトランゼ 8. 52階のオフ・ステージ 9. ハートブレイク・トワイライト 
10. 聖母たちのララバイ(TVバージョン) 
<ボーナス・トラック> 11. れんげ草の恋(シングル) 12. 悲しみのほとり(同B面曲)
13. 影絵(シルエット)(シングル「檸檬」B面曲) 
14. 聖母たちのララバイ(シングル・バージョン) 15. 赤い糸(同B面曲)

◇松本隆、康珍化、伊藤薫、大津あきら、有川正沙子、山川啓介、竜真知子、
喜多条忠、山崎光、鈴木キサブロー、亀井登志夫、林哲司、木森敏之、John Scott、
水谷公生、坂田晃一、あすなろ、萩田光雄、大村雅朗、清水信之、大村憲司

☆岩崎宏美のLP時代における最大ヒット・アルバム。前カバー・アルバム同様、
本人の連名プロデュースであるが、作風としては一転して都会の景色を切り取った
ポップス集となっている。サンバ調の「飛ばして、TAXI」、前のめりな歌唱の「恋は戦争」
など、“マドララ”路線とは異なるポジティブな作品が多い。とはいえ、作品全体での
大人目線は一貫しているので聞きやすい。大ヒットシングル「聖母たちのララバイ」は、
本編では火サスのイントロ・バージョンを、ボーナスではシングル・バージョンを収録。
また、シングルの「檸檬」は大味なヴォーカルはないものの、松本隆の歌詞の世界が
共感を呼び、歌謡ファンに人気が高い。ライナーノーツでは、横向きのジャケットの理由が
語られている。こちらも、初CD化。
14 Love Letter[+2]


「どこを切っても、宏美ちゃん!!」

1982/11/5(SJX-30169) 
2007/4/25(VICL-62280)
○1. 南の島の忘れもの 2. 夢のかけら 3. 甘いせかい 4. 深川 その1  5. My darling
6. I LIKE SEIJO  7. ときめき 8. ワン・碗  9. 今夜のあなた 10. 深川 その2
11. やさしい妹へ 
<ボーナス・トラック>12. 思い出さないで(シングル・バージョン) 13. メラニーに(同B面曲)

◇岩崎宏美(1〜11作詩)、中山大三郎、福田一三、佐藤準、武谷光、水谷公生、
竹内まりや、滝沢洋一、浜田金吾、大野克夫、長部正太、萩田光雄、海出景広、
清水信之、鈴木茂、青木望
オリジナル封入ピンナップ&自筆歌詞カード復刻(縮小サイズ)、
自筆イラストによるピクチャー・レーベル仕様


☆本編の11曲は、自己初となる全曲本人による作詩、プロデュースのアルバム。
歌詞カード、ミュージシャン&スタッフ・クレジット、レーベルや歌詞カードのイラストなど
可能な限り手書きで、「シンガーソングライターに憧れてのイニシアティブ」とはいえ、
ここまで気張った作品は、業界全体を見渡しても滅多にないのでは(微笑)。
全11曲は、妹・岩崎良美に贈られた「やさしい妹へ」のような長編から、コミカルな即興
ソング「深川 その○」「ワン・碗」のような短編まで幅広い。ボーナスには、同時期発売の
シングル「思い出さないで」を収録。ライナーノーツには、このアルバムへの意気込みや、
歌唱に専念することに戻したエピソードなどを収録。ブックレットには、LP当時のもう片面
の自筆イラストも再現。初CD化。


この解説で飽き足らない方は、“もっと紹介ページ”へどうぞ。
15 私・的・空・間[+5]
(私的空間)


1983/7/21(SJX-30198) 
2007/4/25(VICL-62281)
○1. 真珠のピリオド 2. 無口なヴィーナス 3. 二人の午後に 4. テンペスト
5..わたしに戻るとき 6.素敵な気持ち 7.ことづけ 8. Morning Breeze 9..生きがい
10.日暮れのマティーニ
<ボーナス・トラック> 11. WAITING(シングル「素敵な気持ち」B面曲)
12. 夜明けの天使たち(シングル「真珠のピリオド」B面曲)
13. 家路(シングル) 14. それぞれの朝(同B面曲)
<特別収録音源>15. 家路(TVバージョン)

◇松本隆、なかにし礼、有馬三恵子、片桐和子、康珍化、秋元康、竜真知子、山川啓介、
伊藤薫、筒美京平(1〜4、6、9、10、12作曲)、玉置浩二、平井夏美、木森敏之、
萩田光雄(1、3、5〜9、11、12編曲)、奥慶一、平野孝幸

☆当時のセールスは、オリコン最高位31位、リード・シングル2枚も各々32位、37位と
決して派手なヒットではないものの、ファンの間では一、二を争う高い人気のアルバム。
当時のAORサウンドを取り入れた「素敵な気持ち」や、シャバダバ歌謡の「真珠のピリオド」
など、シングルは一歩引いた視点でじわじわ勝負しているが、アルバム曲は「テンペスト」
「わたしに戻るとき」のようなアゲアゲな歌唱や、「生きがい」「日暮れのマティーニ」のような
十八番系歌い上げなど、これぞ“岩崎宏美”と言わしめんばかりのキャッチーな作品揃い。
オリジナルでは3年ぶりとなる筒美京平や、ブレイク前の玉置浩二が参加していることでも
ポイントが高い。ボーナスのB面曲「WAITING」(こちらも「瑠璃色の地球」「少年時代」で
注目される前の平井夏美氏)、どう考えてもA面狙いのブラスが派手な「夜明けの天使たち」、
火サス主題歌「家路」の両バージョンなどが収録され、とってもお買い得。ライナーノーツでも、
多くの曲について触れられており、ご本人のこのアルバムに対する熱量が伝わってくる。

16 ディズニー・ガール[+6]



1983/10/21(SJX-30210) 
2007/4/25(VICL-62282)
○1. You Are Too Beautiful 2. And I Love You So 3. Let It Be Me 4. With Pen In Hand
(手紙) 5. Until The Boat Sails Away(思い出の渚) 6. It Must Be Him(この恋に生きて)
7. Someone To Watch Over Me(その人は誰)  8. Do That To Me One More Time 
9. Niagara(ナイアガラ) 10. Disney Girls (ディズニー・ガール) 
<ボーナス・トラック> 11. 思秋期(ニュー・バージョン) 12. 黄昏ジェラシー 13. 満潮 
14. 窓辺のサフラン 15. やさしく叱って 16. アデュー・アデュー 
(以上 レア・ベスト&新録LP『EXCEL ONE』より初CD化)

◇有馬三恵子、山川啓介、阿久悠、小林和子、滝御夏子、岡本おさみ、阿木耀子、
三木たかし、萩田光雄、あすなろ、水谷公生、筒美京平、戸塚修、羽田健太郎(1〜10編曲)
L.Hart、R.Rodgers、Don McLean、M.Curtis、G.Becaud、Bobby Goldsboro、B.Payne、
H.Beatty、B.Holland、E.Holland、M.Vidalin、I..Gershiwin、G.Gershiwin、Toni Tennille、
M.Hamlisch、C.B.Sager、B.Roberts、Bruce Johnston
◆シール帯復刻(縮小サイズ)

☆4年半ぶりとなる洋楽カバー・アルバム。うち4曲(1、2、3、8)では全編英語詩で、
選曲にもヒロリン本人の意見がふんだんに取り入れられていることが当時のライナーノーツ
から読み取れる。ジャジーな「You Are Too Beautiful」や、ミュージカル風の「Disney Girls」
など幅広い楽曲へのチャレンジも見事だが、さすが“日本のバーブラ”(佐藤竹善氏談)と
言われるだけあり、「Niagara」の歌い上げっぷりには並々ならぬ愛情を感じさせる。
ボーナス・トラックには、『EXCEL ONE』の新録曲の後半6曲を収録。「思秋期」は、過去に
ベストアルバム『Reprise』でもCD化されていたが、こちらの静かなバージョンも人気が
高そう。ライナーノーツでは、シール帯の感想等が語られている。なお、収録曲を
記載する為、復刻盤独自の帯が作成されているが、アルバム内に、シール帯も封入。

「黄昏ジェラシー」が気になった方は、妄想ミステリーへどうぞ。
17 I WON'T BREAK YOUR HEART[+7]


「さすがアメリカ・ロサンゼルス!
今回のテーマは“パワー”です。
LAのトップ・ミュージシャン達と
一ヶ月かけてじっくり作ったこのLP。」


1984/4/21(SJX-30226) 
2007/5/23(VICL-62283)
○1. Sticky Situation 2. Come Softly 3. Passion Is 4. Secret Eyes 5. I Do 6. Both Of Us
7. Could You Be The One 8. Here We Are 9. Every Now And Then
10. I Won't Break Your Heart 
<ボーナス・トラック> 11. 20の恋(シングル) 12.眠りの船(同B面曲)
13.未完の肖像(シングル) 14.二時に泣かせて(同B面曲) 15.(シングル)
16.逃亡者(同B面曲) 17.そばに置いて(ベストアルバム『ダルセーニョ』ボーナス・シングル)  

◇山川啓介、佐藤ありす、康珍化、荒木とよひさ、阿久悠、財津和夫、筒美京平、
木森敏之、三木たかし、大村雅朗、萩田光雄、羽田健太郎、
Erich Bulling(1〜10編曲)、Al Mckay、Dorie Pride、Tony Haynes、Ralph Johnson、
Yvonne Scott、Alex Costandines、Bill Champlin、Carmen Grille、Billy Katt
◆『ダルセーニョ』8pブックレット復刻版(縮小サイズ)、当時のレーベルを再現

参加ミュージシャン:スティーブ・ルカサー(TOTO)、ビル・チャンプリン(シカゴ)、
ラルフ・ジョンソン(EW&F)、デビッド・フォスター他 (LP帯より転載)

☆約4年ぶりとなる2度目のLA録音アルバム。前回は、日本の作家陣の楽曲を
海外のミュージシャンやスタッフと作り上げたのに対し、本作は訳詩以外すべて
海外の作家陣を起用。フュージョン風のアレンジで高音が冴え渡る「Sticky Situation」
や、全編英語詩でビル・チャンプリンとのデュエット曲「Both Of Us」、同じく英語詩の
「Every Now And Then」など海外スタッフを起用した効果がテキメンに現れている楽曲多数。
ボーナスでは、一転して84年のバラエティに富んだシングル3枚とベスト・アルバム
『ダルセーニョ』のボーナス・シングルとして収録され高い人気の「そばに置いて」を
収録。洋邦の両テイストからふくよかな声量を堪能できる贅沢な1枚。ライナーノーツでは
LAレコーディングの楽しい想い出が語られている。
18 戯夜曼(ぎやまん)[+9]


カメリアダイヤモンドCFソング
“決心”、“夢狩人(VersionII)”収録!!

恋艶やかに、心は躍るままに・・・・・・。
連綿たる女性の物語十一篇。」


1985/6/5(SJX-30268) 
2007/5/23(VICL-62284)
○1.恋孔雀(こいくじゃく) 2.星遊劇(ほしあそび) 3.唇未遂(くちびるみすい) 4.夏物語
5.夢狩人(VersionII) 6.偽終止(ぎしゅうし) 7.横浜嬢(よこはまモガ) 8.射麗女(しゃれいど)
9.決心 10.風関係 11.誘惑雨(さそいあめ) 
<ボーナス・トラック>12.夢狩人(シングル・バージョン)
<オリジナル・カラオケ集I>13.二重唱 14.月見草 15.ロマンス 16.私たち
17.センチメンタル 18.そうなのよ 19.ファンタジー 20.パピヨン
(アルバム『あなたが唄う岩崎宏美ビッグヒット』と同選曲)

◇松井五郎(1〜8、10〜12作詩)、山川啓介、滝沢洋一、奥慶一(1〜7、10〜12編曲)、
山川恵津子、萩田光雄  ※カラオケは除く(全作詩阿久悠、全作曲筒美京平)

☆事務所を独立して初となるオリジナル(通算15作目)。80年代前半のシングルに
しばしば見られた“ふられ上手”な女性や献身的な女性とは対照的に、気ままに
人生を謳歌する美しい女性がテーマとなっている。情感たっぷりに明るく歌うヒロリンの声が
アクが強すぎず適度に軽やかなのは、奥慶一による打ち込みサウンドの効果も大きいのか。
この後、流行っていく杏里や今井美樹などアクティブなOLから支持される陽性ポップスの
前身とも言えるような傑作。(どうでもいい話だけど、8と9の歌詞が「悲恋白書」と「メラン
コリー日記」のようにリンクして見えますね。) ライナーノーツには、ジャケット撮影の
エピソード等を収録。なお、この作品以降5枚のボーナス・トラックに、オリジナル・カラオケの
マスター音源も可能な限り復刻。(これは、ごく初期の大ヒット作品や筒美京平ポップスしか
関心のないファンに、事務所独立後の等身大の女性路線の作品にも興味を持ってもらう為、
なんとか引き込めないかと考えた策略(笑)です。
本作では、デビューから4枚のシングルA/B面を収録。
19 cinema[+9]



1985/11/21(SJX-30283) 
2007/5/23(VICL-62285)
○1.星に願いを 2.慕情 3.そのとき彼女はジーンセバーグ 4.ジェラシーの鍵貸します
5.シンデレラ・ラッシュアワー 6.ChapterII  7.月光 8.夏の手紙は書かないで 9.一夜の恋
10.クローズ・アップ 11.さよならは2度ベルを鳴らす 
<ボーナス・トラック> 12. 25時の愛の歌(シングル)
<オリジナル・カラオケ集II> 13.未来 14.夏からのメッセージ 15.霧のめぐり逢い
16.感傷時代 17.ドリーム 18.想い出の樹の下で 19.悲恋白書 20.熱帯魚
(アルバム『あなたが唄う岩崎宏美ビッグヒット』『カラオケ決定盤』と同選曲)

◇松井五郎(1〜11作詩)、山川啓介、山川恵津子、奥慶一(1〜11編曲)、中崎英也、
久保田利伸、木森敏之 ※カラオケは除く(全作詩:阿久悠)

☆「シネマ」をコンセプトに、恋にドラマティックに生きる女性が11篇にわたって
描かれたアルバム。ピラミッドLIVEのアンコール前の歌唱も輝かしい「星に願いを」
や、「一夜の恋」などアッパーな作品も「決心」同様に良いが、2,3,4,8など本作では
ミディアム調でも、歌詞の世界が芳醇に広がるものが多い。やはり、それだけ
レコーディングに集中でき、共感できる楽曲が集まったということか。また、「月光」は
デビュー前の久保田利伸の作品で、いかにもヒロリン好みのファンキー・ポップス。
ライナーノーツでは、久保田氏への賞賛が語られている。ボーナスには、
'76〜'77のシングル曲のオリジナル・カラオケを収録。
20 わがまま[+9]



1986/7/21(SJX-30302) 
2007/5/23(VICL-62286)
○1.真昼のSILVER MOON 2.恋人以上 3.姫ごころ 4.もういちど・・・ 5.小さな旅
6.道がめざめる時 7.SEE YOU AGAIN  8.カサノバL 9.好きにならずにいられない
<ボーナス・トラック> 10.好きにならずにいられない(シングル・バージョン)
11.春乙女(同B面曲)12.泣きながら目覚めて(シングル・バージョン)(「万華鏡」B面曲)
<オリジナル・カラオケ集III>13.思秋期 14.二十才前 15.あざやかな場面
16.シンデレラ・ハネムーン 17.さよならの挽歌 18.万華鏡
(アルバム『カラオケ決定盤』『オリジナル・アイドル・カラオケ』と同選曲)

◇山川啓介(1、2、4〜6作詩)、佐藤ありす、松井五郎、三浦徳子、
山川恵津子(1、2、4、6、8〜10作曲)、花岡優平、大野雄二、奥慶一、馬飼野康二
※カラオケは除く

☆通算17作目のオリジナル。山川啓介が半数以上を手がけていることもあり、
前2作の奔放な女性から、男女間の距離も見据えたよりアダルトな女性像が描かれている。
「姫ごころ」はシングルとしても人気が出そうなほど、力強い歌唱が響き渡る。
人気曲「好きにならずにいられない」は、本編でアカペラ・バージョン、ボーナスでシングル・
バージョンが収録されている。関東での長寿番組『小さな旅』のテーマ音楽に歌詞を
つけた「小さな旅」も収録。ライナーノーツには、親友でもある山川恵津子氏に関する
エピソード等を収録。ボーナスでは、'77〜'79のヒット曲のオリジナル・カラオケ
の他に「泣きながら目覚めて」のシングル・バージョンも追加収録。
21 よくばり[+10]



1987/4/21(SJX-30330) 
2007/5/23(VICL-62287)
○1.月とシャボン 2.願い 3.ソネット 4.Call Me 5.最初の恋人達 6.天使の一日
7.Don't Disturb 8.夜のてのひら 9.二人をすべて
<ボーナス・トラック>10.せつなさのバランス(シングル「夜のてのひら」B面曲)
11.せつなさのバランス〜Lonely Long Dream(同シングル・カセット収録バージョン)
12.風の童話集(ジュブナイル)(シングル) 13.ラスト・クルーズ (同両A面曲)
<オリジナル・カラオケ集IV> 14.すみれ色の涙 15.聖母たちのララバイ 
16.思い出さないで 17.真珠のピリオド 18.家路 19.橋
(アルバム『オリジナル・アイドル・カラオケ』『火曜サスペンス劇場カラオケ集』と同選曲)

◇川村真澄、佐藤純子、遠藤京子、佐藤ありす、来生えつこ、田口俊、相曽晴日、
山川恵津子、花岡優平、中崎英也、奥慶一、筒美京平、佐藤隆、和田春彦、武部聡志
※カラオケは除く    

☆『わがまま』の続編を意識したかのようなタイトルのオリジナル通算18作目。
シングル「最初の恋人達」や「夜のてのひら」を含め、初期のように歌謡曲的に
キャッチーな作品てんこ盛りというよりも、リアルな日常を反映した歌詞、
メロディーが多い感じ。その意味では意外と『私・的・空・間』あたりの
たおやかなポップスが好きな人にじっくり支持されるかも。なお、3、6、7の3曲で
当時のバックバンドだった激光旋律団が参加。この3曲はバンドとしての統一感も
感じられて興味深い。ボーナスでは、「せつなさのバランス」の2バージョンや、
ヒロリンへの提供としては異色(田口俊、相曽晴日、佐藤隆)、シングルとしても異色
の「風の童話集/ラスト・クルーズ」を収録。ライナーノーツでは、『レ・ミゼラブル』
への熱い想い等が語られる。また過去にカセットで発売されていた
オリジナル・カラオケ集の中から'81〜'84のシングルも収録。
22 Me too[+7]


「今、あなたと同じ気持ちでいれることが
とても嬉しい。だから、Me,Too.」


1988/7/21(SJX-30364) 
2007/5/23(VICL-62288)
○1.Dance with a loneliness 2.私らしく 3.Southern wind 4.Interval 5.I miss you so long
(さよならもいいね)  6.聞こえてくるラプソディー 7.最初広いBEDに座った
8.あなたのいらだちと私の理由 9.唐突 10.さよなら夏のリサ 
<ボーナス・トラック>11.未成年(シングル) 12.透きとおった時間(同B面曲)
13.夢見るように愛したい(シングル) 14.A PEACE OF MIND(同B面曲)
<オリジナル・カラオケV>15.決心 16.夜のてのひら 17.未成年

◇影森閏、上杉伸之助(4、6〜10作詩)、山川啓介、売野雅勇、W.Right、
和泉常寛、濱田金吾(4、6〜10作曲)、三木たかし、林哲司、
中村哲、戸塚修(6〜10編曲)、萩田光雄、大村雅朗 ※カラオケは除く
◆シール帯復刻(縮小サイズ)

☆アナログ時代のラスト・アルバムは奇しくも初婚前ラストの作品にもなった『Me too』。
前半は、オメガトライブやラ・ムー(!)でもお馴染みの和泉常寛によるシティ・ポップス
全開で、最新リマスタリングとの相性もあり、シングル向きの楽曲が多い。また、和泉氏の
楽曲としても、よりアダルトな女性ポップスへの提供作として意義あるものになったのでは。
そして、後半は、「摩天楼」や『Love Letter』でも提供を受けた浜田金吾の作品。こちらも、
シングルの「聞こえてくるラプソディー」の静かな歌い方だけではなく、8などでは、張り上げる
中高音が聞いていて快感。ボーナスではNHKで結婚前に何度も聞いた「未成年」や、
益田宏美名義で初の作品となった「夢見るように愛したい」のシングル2作や、独立以降の
代表3作のオリジナル・カラオケも収録。同じメロディーなのに、日本語と英語の歌詞で
歌い方が全く異なる13と14の違いも聴きどころ。ライナーノーツでは、この時期の揺れる
心境が素直に語られていてしみじみ。


この解説で飽き足らない方は、“もっと紹介ページ”へどうぞ。
23 ALBUM[+10]


「人それぞれに忘れ得ぬ心のうた、
心に残るアルバムがある!」

1978/10/25(SJX-20089) 
2010/3/17(VICL-63606)
○1.この道(*) 2.赤とんぼ〜七つの子 3.宵待草(*) 4.浜千鳥 5.花嫁人形〜叱られて 6.
7.雪の降る町を 8.ペチカ 9.椰子の実 10.青い目の人形〜赤い靴(*) 
11.ちいさい秋みつけた 12.冬の夜〜母さんの歌
<ボーナス・トラック> 13.青い目の人形(NHK「みんなの童謡」より)
14.ぼくのプルー(NHKみんなのうた/1977年2月〜3月) 
15.走馬燈(NHKみんなのうた/1977年12月〜1978年1月)
<オリジナル・カラオケ集VI>16.春おぼろ 17.夏に抱かれて 18.スローな愛がいいわ
19.女優 20.銀河伝説 21.愛の生命(いのち) 22.摩天楼
(過去にカラオケ音源が発売されていないシングル曲を発売順に)
(*)は岩崎作品として初CD化

◇山田耕筰、中田喜直、本居長世、青木望 ※カラオケは除く
◆貴重なNHK音源を収録
・メドレーはトラック/インデックス・ナンバー・サーチが可能

☆岩崎宏美の童謡・唱歌アルバム第1弾。他のLPよりも断然太い帯も忠実に再現。
第1弾では、1,9などこの時期ならではの伸びやかな美声が響きわたる名曲が多数。
「学校で習ったから・・」と消極的だったリスナー(私です)も、きっとその楽曲の良さ
ヒロリンの声質の良さにあらためて開眼するはず。リマスタリングで、84年以来発売
されてきた旧音源では気付かなかったブレス直前ぎりぎりまでの丁寧な歌唱や、響き渡る
高音もよりクリアに堪能できる。ボーナストラックでは、今でも年に数回O.A.されている
NHK『みんなの童謡』で、こちらはこのアルバムバージョンよりもクラシカルな演奏と
まったりとした中低音が魅力。また、NHK『みんなのうた』で長らく幻とされてきた
「ぼくのプルー」、そして30周年BOXで傷んだ音源だった「走馬燈」も、モノラルながら
クリアな音源で楽しめる。ライナーノーツでは、当時の撮影や歌唱について語られている。
24 albumII[+8]



「だれもが心の片隅に大切にしまっている
幼い日の想い出・・・・・・、そして遠いふるさと
その郷愁をあたたかく歌いあげた
宏美のアルバム・シリーズ第2弾!!」

1980/2/1(SJX-20176) 
2010/3/17(VICL-63607)
○1.中国地方の子守唄 2.さくらさくら〜出船 3.浜辺の歌 4.夏の思い出 
5.夏は来ぬ〜待ちぼうけ 6.荒城の月(*) 7.島原地方の子守唄
8.通りゃんせ〜砂山 9.旅愁 10.冬景色 11.ゆりかごの唄〜春の唄 12.故郷(ふるさと)(*)
<ボーナス・トラック> 13.手のひらは小さなシャベル
(NHK連続テレビ小説「マー姉ちゃん」主題歌/1979年)
14.夢やぶれて〜I Dreamed a Dream〜(第38回 NHK「紅白歌合戦」より/1987年)
<オリジナル・カラオケ集VI>15.胸さわぎ 16.恋待草 17.れんげ草の恋
18.檸檬(レモン) 19.素敵な気持ち 20.20(はたち)の恋
(過去にカラオケ音源が発売されていないシングル曲を発売順に)
(*)は岩崎作品として初CD化

◇北原白秋、草川信、山田耕筰、青木望 ※カラオケは除く
◆貴重なNHK音源を収録
・メドレーはトラック/インデックス・ナンバー・サーチが可能

☆岩崎宏美の童謡・唱歌アルバム第2弾は、テーマは旅愁、歌声もより繊細なためか、
ジャケットも後の草花シリーズ(『緋衣草』や『すみれ色の涙から・・・』など81年の作品)
に通じるようなタッチ、帯までほっそりしている。前作の続編とはいえ、全体に抑えた
トーンで、寂しげな曲はより寂しく、温かい曲はより温かく聞こえるのが特長的。
特に、6がこれほどまでに情景が見えるなんて、と小学校で習った人も感動するはず。
ボーナストラックには、記録的な高視聴率ドラマ『マー姉ちゃん』に12回だけ流れた
「手のひらは小さなシャベル」(元々、1コーラスのみ作られていた模様)と、語り草と
なっていた1987年の紅白での歌唱で、『レ・ミゼラブル』から「夢やぶれて」も収録。
特に、「夢やぶれて」は、この1年間ファンティーヌ象と闘うように過ごしてきたことが
容易に想像される鬼気迫る熱唱。その意味では、母親となり、またレミゼを卒業し
自然に歌えるようになった近年の歌唱も包容力があって、その良さが再確認できる。
(無論、優劣の問題ではありません。) ともあれ、この「夢やぶれて」の凄みは、
You Tubeではとてもじゃないけど伝わらないので、是非ご堪能を。きっと、聴き終わった
後にスタンディングオベイションしたくなるはず(微笑)。さらに、ライナーノーツでは、
自らの選曲や当時のスケジュール、そしてボーナストラックについても語られている。
お願い
 1〜22の解説は、1日がかりで一気に書いたので、誤植があろうかと思います。多くの方に聞いていただけるよう努力してまいりますので、
間違いなど見つけられた場合は、どこかの掲示板やSNSにURLを貼り付けて晒し者にするのではなく(汗)、メールでそっとご教示ください。

(なお、アルバムのブックレットについては私の管轄ではありませんが、誤植などご連絡いただけた場合は、取りまとめて届くように努めます。)

 「こんなアルバムが好きな人にはこのヒロリン・アルバムも好きかも」的なレコメンドも作ってみました。
岩崎宏美さん 紙ジャケ復刻CDお楽しみプランのご提案』  このページとあわせてどうぞ。

 それでは、ご興味のある方は是非ともCDでお求めいただけると嬉しいです。なお、基本的にAmazonさんからジャケットをお借りしている手前、
Amazonにリンクしていますが、行きつけのお店があればそちらで買っていただければと思いますし、またご自分のアフェリエイトで
お安くお求めいただいても構いません。良い音楽が広がることで作り手も聞き手も潤うことが私の願いです。どうぞよろしくお願いいたします。

2007年5月5日(完結盤は2010年2月25日に更新、訂正は随時加筆) 臼井 孝(復刻盤・企画)/つのはず誠(宏美さんライナー聞き手)

 ☆岩崎宏美さんの親友、伊藤咲子さんの9CD+1DVD BOXも発売中!詳しくはこちらで♪


関連ページ 1995〜1999:「高音質SHM-CD 解説ページ」

関連ページ 1989〜1993:「『誕生』『家族』『きょうだい』BOX 解説ページ」


関連ページ「アルバム『Natural』推薦ページ」

関連ページ「カヴァーアルバム『Dear Friends』推薦ページ」

関連ページ「16枚組LIVE BOX『ROYAL BOX』解説ページ」

関連ページ 桜田淳子LP19枚の紙ジャケCD復刻解説ページ」

トップページ  @「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 B「U」の遊び部屋


c:\homepage\usunigao.gif