2007年5月11日作成(以降随時更新)

岩崎宏美さん 紙ジャケ復刻CD
お楽しみプランのご提案


(このページについては、ワタシが趣味でやっているものなので、
多少の誤植は大目に見ていただくか、こっそりメールで教えて下さい。(微笑))


<はじめに> 
 07年2月〜5月、岩崎宏美さんのLP時代のアルバムが22タイトルごっぞり紙ジャケ仕様になって復刻されました。
これはもう何年も待ち焦がれ、待っているだけではどうにもならないと考えていた私にとっても非常に感慨深い出来事です。
 
 それで、本当に幅広い名作揃いというのもあるし、いずれまた廃盤になってしまうということもあり、また買いそびれるする人が
続出しなういちに多くの方にオススメしたいと思うのですが、22枚もあってどれから買ってよいかと躊躇ってしまうし、
ファンの方(私も含む)から「全部オススメ!」とか言われても、一般の方はドン引きする一方だし(苦笑)、ましてや90年代以降の
アルバムの買われ方として「ヒット曲やタイアップ曲がどれだけ入っているか」という味わいもへったくれもない(笑)理由
主流となってしまったので、コンセプト重視とはいえヒット・シングルに頼ることが少ない当時の作品は尚更買いづらいことでしょう。
かといって、“シングルのない作品はよく分からない”として敬遠されたままにしておくのは本当に勿体ないことですよね。

 そこで、このページでは、
10通りの切り口で22枚の中からオススメの4枚を私なりに考えてみました。
 4枚というのは、とりあえず最大10,000円コースであれこれ考えてみたかったからでして、1枚なり、2枚なりお好きにアレンジ
いただければと思います。
※ちなみに、2010年3月には、童謡・唱歌集+NHK貴重音源の『ALBUM{+10]』 『albumII[+8]』も復刻されました。

 なお、私個人は、ダウンロードよりもできれば新品CDをお買い上げいただけると大変嬉しいです。それは、ダウンロード
(アルバムまるごとで\1600)よりプラス900円でジャケットやらボーナストラックやら歌詞カードやら様々な付属物が
付いてくるというお得感だけではなく、“今回の復刻CDが出たことは有意義なものだった”という何よりの証拠となるからです。
どうしても、音だけ欲しい!という方は、とりあえず新品CDを買って、携帯プレイヤーなどに保存した後、
B○○K・○FF(←伏字です(笑))あたりにお売りいただければ、確実にダウンロード以下の出費で抑えられることでしょう。
なにしろ、同店は、1980円のゴルベスですら、なぜか全店統一で2350円で売っておられるくらいですから買い取りも
高いはずです(笑)。


※以下、お読みいただく際は、同時に「岩崎宏美LP24枚の紙ジャケCD復刻解説ページ」を開いておいていただけると
詳細な収録曲を見ることが出来て便利かと思います。よろしければどうぞ〜。
No.
こんな方にオススメ

オススメNo.1&No.2のジャケット
(Amazonアソシエイツから使用しています。)


オススメの4枚はコチラ!

☆オススメ・ワン・ポイント・メモ
まずはヒット・アルバムから
集めてみたい!

左目が写ってない理由は・・正解はブックレットで!  さて、この公園は?・・正解はブックレットで!
1・夕暮れから・・・ひとり[+5](23万枚以上) 
2・あおぞら[+1](13万枚以上)
3・ファンタジー[+10](12万枚以上)
思秋期から・・・男と女[+1](9万枚以上)
<次点>飛行船[+2]戯夜曼(ぎやまん)[+9](8万枚以上)
(※上記売上は当時のオリコンLP+CD+CT+8トラチャートの100位内の数字であり、その後の
ロングセラー化やCD等での復刻のセールスを加算すると更に数万枚上回ることを申し添えます。)

 「とりあえず売れた作品をどんなのか聴いてみたい。」
これは、私が日ごろ最も尋ねられる質問なので、応用してみました。
オリコン調べの数字から拾ってみると、1位は「マドララ」収録で
82年発売の『夕暮れから・・・ひとり[+5]』。デビュー8年目が最大セールス
なんて女性アーティストとしては非常に珍しい実績を残されていますね。
2位、3位は1st、2ndアルバムがランクイン。音楽界におけるヒロリンの
出現は衝撃的でしたから、これまた当然な結果でしょう。そして、4位は
「思秋期」で新たな魅力を開花した時期の5th。前4作とガラリと内容が
異なるのも特徴です。また、次点として事務所独立後初作品となった
『戯夜曼[+9]』もランクイン。カメリヤダイヤモンド効果もありますが、
当時のトッポい女性を凝縮したような名作です。
宏美さんの思い入れの強そうな
作品を買ってみたい!

※ライナーノーツより私が独断で推測
したものですので、ツッコミはご勘弁を(笑)。
あと、他にも好きな作品は
いっぱいあると思いますので、ご安心を。


裏ジャケットでは撮影の楽しさも伝わります  裏ジャケットでは入水なさってます・・
1・cinema[+9] 2・思秋期から・・・男と女[+1]
3・Love Letter[+2] 4・WISH[+7] <別格>あおぞら[+1]


 LIVEツアーやプラハ録音、新曲プロモーションの合間を縫って、本当に
ご多忙のなか、今回の復刻CD用のセルフライナーノーツは作成されました。
のべ何時間もお話を伺っているのに、面白いエピソードがどんどん出てきて
つくづく宏美さんはクレバーな方だと思います。その中で、聞き取りしながら
「あぁ、本当に好きなんだなぁ」と私が思ったのが上の5枚です。『あおぞら』は、
デビューアルバムなので並々ならぬ想いがある為別とした上で、最も話が
盛り上がったのは『cinema+9』だと思います。30周年BOXにも本作から2曲を
ご本人が選ばれていますし、他にも「あれも好き」「これも好き」とお話が
出ましたし、トドメに久保田利伸作曲の「月光」収録も大きいのでしょうか。
そして、『思秋期から・・・男と女[+1]』も、私個人は「えぇ、あの曲も
その曲もそんなに好きなんですか?」と心の中で実は驚いてました。そこまで
歌詞を深く読み取ってなかったので。確かに、聞き直してみて、良い作品と
思いました。この2枚は、私いろんなファンの方の「好き」というエピソードを
聞いたなかで、最も好きなのは宏美さん自身では?とも感じています。
3番目の『Love Letter[+2]』は、何から何まで自分の意見を取り入れたという
ことから、記憶としてインプットされている情報が最も多いように思いました。
そして、4番目の『WISH[+7]』は、曲もアレンジもロスでの初録音も強い
印象をお持ちのようでした。この5枚、音楽性は様々ですが共通しているのは、
宏美さんの声のツヤの良さで、お気に入り度がビシビシ伝わってきますね〜。
とりあえず筒美京平ポップス
たくさん集めたい!

アルバム現物で薬指の爪も要チェック!  ドライアイスを焚いたその理由は・・ブックレットで!
1・WISH[+7](16曲収録) 2・パンドラの小箱[+4](16曲収録、うち2曲インスト)
3・ファンタジー[+10](8曲、16トラック収録) 4・私・的・空・間[+5](8曲収録)
<番外>戯夜曼(ぎやまん)[+9] (カラオケにて8曲収録)

 筒美京平ポップス×ヒロリンのヴォーカルという 鬼に金棒スタイルが
お好きな方に向けて収録曲の多さでオススメしてみましょう。
 最もボーカル・トラックが多いのは、『WISH[+7]』で、ボーナスを含め16曲収録
されています。前述のようにLAサウンドもゴージャス!『パンドラの小箱[+4]』は
ボーナスも含め、全トラック京平ポップス!こちらは、「シンデレラ・ハネムーン」
に代表されるあの歌謡曲然とした雰囲気が魅力的!『ファンタジー[+10]』も
全曲京平先生かと思うほどコンセプチュアルなので、穂口先生の2曲も京平
先生ファンなら気に入るはず。DJ抜きバージョンも含めれば20トラック聞けます
(笑)。そして、『私・的・空・間[+5]』も玉置浩二作品も京平作品にうまく融合して
いていい感じ。なお、カラオケで京平トラックを集めたい方にはボーナスで
8曲収録の『戯夜曼[+9]』もオススメします〜。サウンドのカッコよさを再認識!
できるだけバラエティにとんだ
楽曲や作家陣を1枚で楽しみたい!

 
1・緋衣草(サルビア)[+5] 2・二十才前・・・[+4]
3・夕暮れから・・・ひとり[+5] 4・恋人たち[+7] <番外>Love Letter[+2]


 宏美さんの大きな特徴は、歌謡曲、フォーク、ジャズ、シティ・ポップス、
ポピュラーとあれこれ歌えてしまうことだと思います。そんな魅力がよく分かる
4枚を選んでみました。『緋衣草[+5]』は、草花アルバムというコンセプトが
統一されているのですが、作詩・作曲・編曲合わせ22枚中最も多くの作家を
起用しているので、実はメロディーも歌詞もいろんな方向からのアプローチが
うかがえます。舟木一夫さんファンの方も是非(微笑)。『二十才前・・・[+4]』
は、対照的にアルバム自体にコンセプトがなく、「とにかく、私、スタジオが好き
なので、いろいろ歌って集めました」って感じがして、よろしいかと思います。
『夕暮れから・・・ひとり[+5]』も、「23歳の時期で歌えるあれこれ」という感じで
これに近いでしょうか。アレンジは80年代のニュー・ミュージック風が多いです。
そして『恋人たち[+7]』は、洋楽から邦楽カバーまで、本当に何でも歌えちゃう
んだなぁって実に感心するアルバム。ちなみに、『Love Letter[+2]』は、
「深川 その1/その2」「碗・ワン」というここでしか味わえないコミカルな作品が
あるので、<番外>として選んでみました(微笑)。
気軽にかけっぱなし
出来そうな作品を買ってみたい!

 
1・思秋期から・・・男と女[+1] 2・Me too[+7]
3・すみれ色の涙から・・・[+5] 4・よくばり[+10] <番外>私・的・空・間[+5]

 宏美さんのアルバムは、ヴォーカルの強さも相まって、ついつい
“ながら聴き”せずに聞き入ってしまうものが多いと思いのです。しかし、
一部の音楽ファン、特にアルバムファンの中には歌詞やメロディーに
気にせず、かけっぱなし出来るような作品が欲しいという方もたくさん
いらっしゃいます。それは洋楽だけではなく、邦楽のSotte Bosseなど
がヒットすることからもそのニーズが大きいことがよく分かります。
 そこで、宏美さんの作品でもなんとなーく聞けそうだと思うアルバムを
集めてみました。『思秋期から・・・男と女[+1]』は、全体にウェットで統一
されているので、1曲ごとに気にせずとも、アルバム全体で「思秋期」
気分になれます。『Me too』は、さらりとリラックスして聞ける曲が多いですね。
前半はドライブにも合いそう。『すみれ色の涙から・・・[+5]』は、お馴染みの
フォーク・ソング中心なので最近のヒットシリーズ『Dear Friends』の感覚で
楽しめます。そして『よくばり[+10]』も単体の楽曲で強い主張はないのですが、
全体でバブル前の適齢期の女性像が浮かび上がります。そして、番外の
『私・的・空・間[+5]』は、声を張り上げるものも多いのですが、全体に
統一感があって、それに慣れた頃に心地良く聞き流せそうなアルバムとして
選んでみました。ちなみに、近年の『Happiness』や『Natural』も、ゆったりと
聞ける良い作品ですよね。
歌謡曲のキラキラ感
楽しんでみたい!

 
1・パンドラの小箱[+4]  2・ウィズ・ベスト・フレンズ[+2]
3・あおぞら[+1] 4・戯夜曼(ぎやまん)[+9] <番外>恋人たち[+7]

 今回の復刻盤はネットでヒットしているようですが、例えばAmazonでの
お客様の併せ買い状況を見てみると、ヒロリン以外では三井比佐子さんが
ダントツで買われているのを見て、ワタクシ最初は凍りつきました。
三井比佐子の愛称=チャコ=飯田久彦氏→岩崎宏美という繋がり
なのか・・・(そんな訳ない)、歌の上手さが同じだという評価から
なのか・・・(大汗)、それともヒロリンの後に、チャコちゃんを聞いて
ジェットコースター気分を・・・(以下自粛。私チャコちゃんは可愛い人とは
思っていまして、敵意は全くございませんので念のため)。

 でも、三井比佐子作品には筒美京平作品も多いことだし、きっと歌謡曲の
キラキラ感を両者の作品で楽しみたいのだろうなぁと自己完結しました。
で、そんなアルバムを選んでみると、やはりトップは『パンドラの小箱[+4]』
かなと思います。どれもこれも歌謡曲の模範生のような作品ばかり。
『ウィズ・ベスト・フレンズ[+2]』も70年代の優良歌謡曲という匂いがプンプン
します。もちろん、デビュー・アルバムの『あおぞら[+1]』も、歌謡曲の範疇で
良い曲をあれこれ集めようとした意気込みが伝わってきます。そして、
『戯夜曼[+9]』は80年代の打ち込みに時代を感じさせるものの、当時の輝き
が散りばめられています(まさに“戯夜曼”!)。なお、歌謡曲カバーの
キラキラ感を楽しみたい方は、『恋人たち[+7]』をどうぞ。
外人キラーさん、
いらっしゃ〜い!

 
1・I WON'T BREAK YOUR HEART[+7] 2・ディズニー・ガール[+6]
3・WISH[+7] 4・恋人たち[+7] <番外>戯夜曼(ぎやまん)[+9]

 とにかく外タレ、外国作家、外国ミュージシャンなど、洋モノになると
途端に目の色が変わってしまう方(いえ、それも立派な動機です)に
オススメの4枚はこちらです。トップは、作家もミュージシャンもジャケット
等のアートワークも外国仕様の『I WON'T BREAK YOUR HEART[+7]』
ですね。ちなみに、ここでの海外作家&ミュージシャン起用のノウハウが
応用されて河合奈保子の名盤『9 1/2(NINE HALF)』が出来たと思われます。
そして、ジャジーな作品から歌い上げ系まで幅広いポピュラー・ソングが
楽しめる『ディズニー・ガール[+6]』もお洒落でいい感じ。『WISH[+7]』は、
粒揃いの筒美京平ポップスが多いとはいえ、ミュージシャンや録音が
海外仕様なので、その良さがよく出ています。さらに『恋人たち[+7]』は
海外の名画主題歌も多いので挙げました。そして、番外の『戯夜曼[+9]』は、
香港公演を意識した楽曲タイトルが多いので選んでみました〜。
ボーナスのレアっぷり
ダウンロード派と差をつけたい!

 
1・恋人たち[+7] 2・ファンタジー[+10]
3・ディズニー・ガール[+6] 4・すみれ色の涙から・・・[+5]
<補足>ALBUM[+10]とalbumII[+8]には貴重なNHK音源を多数収録!
<番外>二十才前・・・[+4]

 今回のCD復刻では、本編は殆ど持っているのであまり興味はないけど、
ボーナス・トラック(全123曲)は珍しいので持っておきたいというご意見も
よく聞きます。確かに、レア度はパッケージ所有の大きな促進因子になること
は普段のマーケティングでも実感していますので、その観点から4枚選んで
みると、やはり『恋人たち[+7]』がトップではないでしょうか。獄中の恋人を想う
「再会」!脳天がぶち切れそうなくらいの高音の「甘い生活」!巻き舌もカッコ
いい「憎みきれないろくでなし」!もう眩暈がするほどレアな邦楽カバー7曲入り
です。『ファンタジー[+10]』は、私がマイ・ヒロリン・ベストを編集時に「DJ入りも
いいけど、DJ抜きもあったらいいな〜」と思ってダメもとで提案したら、奇跡的に
発掘していただき、宏美さんに快諾いただいたオリジナル・バージョン10曲入り
。そして、『ディズニー・ガール』と『すみれ色〜』の[+6]、[+5]は、ベストなのに
新曲てんこ盛りの2枚組LP『EXCEL ONE』からの11曲入り。小田裕一郎や岡本
まさみなど他のアーティストではヒット曲の多い作家の提供作も楽しめます。
そして<番外>はレアなコレクターから要望の多かった「二十才前」
イニシャル・バージョン収録の『二十才前・・・[+4]』。いずれも、ダウンロードでは
当分発表されないであろう楽曲ばかりなので、なくならないうちにどうぞ。
収録時間の長いCDから
買ってみたい!(笑)

 
<カラオケ抜き部門> <カラオケ有り部門>
<カラオケ抜き部門>   
1・WISH[+7](76'47") 2・ファンタジー[+10](75'06") 
3・10カラット・ダイヤモンド[+6](74'53") 4・ディズニー・ガール[+6](67'43")
<カラオケ有り部門>
1・cinema[+9](78'33") 2・Me too[+7](78'25")
3・わがまま[+9](78'05") 4・ALBUM「+10](77'45") 5・albumII[+8](76'58")
(次点:戯夜曼(ぎやまん)[+9](76'28")、よくばり[+10](76'21") )

お客様アンケートでインディーズ系のCDを買った理由をまとめていたら、
「値段の割にたくさん入ってるから」なんてご意見が多いのですが、
ヒロリンの復刻CDだって負けてません!(笑) カラオケ収録の5枚は
すべて70分を超えていますし、カラオケ抜きでも3枚が70分以上。22枚
全部聴くのに、寝食を除いたとて1日以上かかってしまうのでご注意を(笑)。
なお、ビクター第1弾となった『岩崎宏美 ゴールデン☆ベスト』も76'40"、
その続編となる名曲ベスト『ゴールデン☆ベストII』も76'49" と
ギリギリ入っちゃっています。復刻ではありませんが、あわせてどうぞ。
10 ミニチュアの付属物が豪華な
CDから買ってみたい!

 
1・Love Letter[+2] 2・あおぞら[+1]
3・I WON'T BREAK YOUR HEART[+7] 4・ウィズ・ベスト・フレンズ[+2]
<参考>スペシャルCDもスペシャルです

 アナログの復刻CDの魅力は、このちまちましたミニチュアの完成度の高さ
にもあるので、その付録が素敵な4枚をご紹介。まず『Love Letter[+2]』は、
ケース4枚分のポスターの裏に、ご本人手書きの歌詞カード&絵がビッシリ!
おまけにミュージシャン&スタッフ・クレジットまで手書き!!ハード
スケジュールの合間を縫って、当時よく書かれたなぁと泣けてきます。
『あおぞら[+1]』は、マスコミ向けに配られたデビュー当時のプロモーション
資料3点セット(当然非売品です)の縮小版リーフレットを復刻して封入。
32年も前のものを日テレ音楽さんはよくぞ綺麗に残しておいででした。
『I WON'T BREAK YOUR HEART[+7]』は、『ダルセーニョ』封入の8pブックレット
に加え、本編の歌詞カードには豪華メンバーが宏美さんと一緒にハイポーズ!
ミッキー・マウスが写っていたら大変なことになってました(笑)。
そして『ウィズ・ベスト・フレンズ[+2]』にも、近い時期に発売されたベスト盤の
2つ折ポスターの縮小版復刻入りです。どうぞお手にとってお楽しみ下さい。



私の好みから聞いてみたい
・・という珍しいお方に!
(保証はしません・・(笑))

 

 
1・戯夜曼(ぎやまん)[+9] 2・私・的・空・間[+5]
3・わがまま[+9] 4・10カラット・ダイヤモンド[+6] <番外>ファンタジー[+10]


 そして、最後に私自身が自分の考えを押しつける(笑)としたら、この4枚に
なりました。多分、『ファンタジー[+10]』がTOP3に入ると思うのですが、何分
私にとって初ヒロリン作品ですから、冷静に判断できないので番外としました。
ただし、その後何十枚も集め、その12年後こんなお仕事に関わらせるほどの
魅力的な1枚であることは間違いないです(笑)。『戯夜曼[+9]』は、本当に
どれも好き。宏美さんご自身は男言葉の歌が大好きとおっしゃっていますが、
私自身は強気な態度に優しさが垣間見える歌が好きなので、もうこの作品は
胸に刺さりまくりです。『私・的・空・間[+5]』は、「テンペスト」、「Morning Breeze」
さらにB面曲「夜明けの天使たち」と、ヒロリンの(良い意味で)ヒステリックな
中高音が堪能できクラクラします。「日暮れのマティーニ」は'99の『Never Again』
も是非どうぞ。『わがまま[+9]』は、「姫ごころ」「See You Again」「小さな旅」など、
“ザ・歌い上げ”という感じも好きなんですが、全体の歌詞が今の歳になって
分かってきたという楽しみがありますね。『10カラット・ダイヤモンド』も、Q盤を
買い揃えた当初は、「知らない曲ばかりは聞きづらいなぁ」とか思ってましたが、
1曲ごとの読ませる、聞かせるあざやかな場面を宝石のように散りばめた情景は
おそらく22作中一なのでは。特にリマスタで聴いた「マチネへの招待」で、私は
あまりの完成度からいつも迷い子になってしまいます(笑)。
 以上、とても参考にならない意見ですが、よろしかったらどうぞ。
<おわりに>
 以上10(+α)通りの選び方をご提案しましたが、各TOP4に唯一入っていないアルバム・・・そう『飛行船[+2]』ですが、
こちらは、当然
ジャケ買いNo.1アルバムでしょう。
この合成まるだしの空、なのに平然と飛んでいる飛行船(のイラスト)。まるでトホホ歌謡系のビジュアルと、
完成度の高いポップスのギャップは、ジャケット・コレクターなら たまらなく萌えるのではないでしょうか(笑)。

 なお、これはあくまでも私の考えたパターン(しかも、なるべく22作に分散するようにランキングを考慮)なので、
異なるご意見の方は、どんどんご自分のセンスで周囲に広めていただければと思います〜。
 なんたって宏美さんの作品はナツメロファンにも、最近のJポップファンにも満足して聞いていただける名作が多いですからね!

それでは、以上ご参考ください。


2007年5月11日(訂正箇所は随時加筆(苦笑)) 臼井 孝(復刻盤・企画)/つのはず誠(宏美さんライナーノーツ・聞き手)

 


関連ページ 1975〜1988:「LP24枚の紙ジャケ復刻CD解説ページ」

関連ページ 1989〜1993:「『誕生』『家族』『きょうだい』BOX解説ページ」

関連ページ 1995〜1999:「高音質SHM-CD解説ページ」


関連ページ「カヴァーアルバム『Dear Friends』推薦ページ」

関連ページ「アルバム『Natural』推薦ページ」

関連ページ「16枚組LIVE BOX『ROYAL BOX』解説ページ」


トップページ  @「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 B「U」の遊び部屋


c:\homepage\usunigao.gif