企画CD『名曲発掘!ジュエル・バラッズ』のご案内
(めいきょくはっくつ ジュエルバラッズ、Jewel Ballads)
(2005年10月19日発売、PCCA-02189,PCCA-2189,PCCA2189 \2,310(tax in))

↑Amazonにリンクしていますが、08年1月に「製造中止」となり、その後08年11月〜09年6月に、
在庫が復活しましたが、09年7月に「製造中止」となりました。ご了承下さい。

(ただし、たまーにどこかのショップやサイトでは在庫がありますので、よろしければどうぞ〜。)


<関連サイト情報>

☆MARUさんによるでもご紹介いただいています。

☆数多くの名盤レヴューを書いておられる「ナツメロ喫茶店」の中崎あゆむさんにも
ご紹介いただきました。<オススメ復刻盤17の下方です。>

「尾崎亜美研究室」でも丁寧にご紹介いただいています。

☆アイドル&アイドル出身女性アーティストを応援なさっている人気ブログ
「LOVELY IDOL POPS」にてご紹介いただきました。

「CDジャーナル」でもご紹介いただきました!(OngakuDBはネットでのヒット後も!)
☆首都圏の山野楽器で試聴展開されました。
('05.10/末〜11/中)

☆収録曲をご存知でもリマスタリングで新発見。 リマスタ解説ページはこちら
☆収録曲がよく分からず不安な方は収録曲解説ページをどうぞ。


収録曲一覧
☆「泣ける」だけでなく、最後に「励まされる」名曲群です。

の楽曲は05年現在、新品CDとして入手できるのはこのCDのみです。


MARUさんの「ジュエバラ応援サイト」では、歌詞もチェックできる素晴らしいサイトです。

アーティスト 曲名 コンピ
収録
オリジナル作の特長
中島みゆき
<試聴>
誕生 '92年のシングルより。大ヒットでなくても
命の大切さが分かる名曲。
06/3/3(金)金曜エンタテイメント
『生きててもいい…? 〜ひまわりの咲く家〜』
のエンディング・テーマに使われました。
今井美樹
<試聴>
半袖 '90年アルバム『retour』より。複雑な状況も
今井さんの伸びやかな声に救われます。
松原みき
<試聴>
真夜中のドア '79年のデビュー・シングル。林哲司作曲の
初期作品の中で珠玉のスタンダード。
中森明菜
<旧バージョン
ですが、試聴
できます>

 
予感
(リニューアル・ヴァージョン)
'95年、再録音ベスト『true album』より。
'85年のASKA提供作。10年で切なさ倍増。
尾崎亜美 
<試聴>
蒼夜曲 セレナーデ
(シングル・ヴァージョン)
'80年のシングル。20年近く廃盤だった
ドラマティックなシングル・ヴァージョン
岩崎宏美
<試聴> 
そばにおいて '95年。'84年のベスト『ダルセーニョ』の
ボーナス・シングルの再録音バージョン。
(アルバム『MY GRATITUDE』より収録。)
岩崎良美
<試聴> 
恋ほど素敵な
ショーはない
'83年のシングル。良美さんの声質の良さ
で洋楽好きにもファンの多い作品。
高樹 澪
<試聴> 
恋の女のストーリー
'81年のデビュー・シングル。桑田佳祐が
音楽監督をつとめた映画の劇中歌。
石川ひとみ
<試聴>

'83年のシングル。正義感のイメージの強い
石川さんの意外キャラが垣間見える作品。
10 斉藤由貴
<試聴> 
眠り姫
'87年アルバム『風夢』より。武部氏の編曲
と斉藤さんの歌唱のハーモニーが絶妙。
11 工藤静香
<試聴> 
そのあとは雨の中 '93年のアルバム『Rise me』より。
ドラマティックな情景がLIVEでも人気。
12 谷山浩子 カントリーガール
(アルバム・
ヴァージョン)
'90年の同名のほぼ新録音アルバムから。
シングルしか知らない方は是非4番を!
13 山崎ハコ
<試聴>
織江の唄 '81年のシングル。小説・映画のインパクト
も大きく語り継がれる名曲に。
14 研ナオコ 
<試聴>
はぐれ鳥
'77年のアルバム『かもめのように』より。
初期の中島みゆき節の真骨頂。
15 本田美奈子  つばさ '94年のシングル。本田さんが幅広い
ポップスを歌うようになった転機の名作。
16 平松愛理
<試聴> 
美し都〜がんばろや
We love KOBE〜

'95年の阪神大震災チャリティー・シングル。
毎年神戸で大合唱が起こる感動的な作品。

          「つばさ」の収録に寄せて (歌詞はこちら。応援サイトで掲載いただきました。)
 本CD収録の「つばさ」(リマスタリング音源)を歌われた本田美奈子.さんが
2005年11月6日永眠されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

この曲の収録に関しては、非常に大きな思い入れがありました。
LIVEでは感動している人が圧倒的に多い楽曲なのに長らく廃盤だったので、企画CD編成時に強く
推薦したこと、その後も闘病中のご本人が退院されるまで、楽曲収録の許諾のリミットまで待ったこと。
さらに、収録のお許しを得てからリマスタリングについては、これまでのどのCDよりも後半のロングトーンを
はじめとする美奈子さんの美声、他の楽器の繊細な音が聞こえるようにエンジニアの方に何度も
やり直してもらったりと、ただならぬ力を注いでいました。先週、事務所の方にCDをお送りしたばかり
だったのですごく残念でたまりません。

 解説に「きっと「美しいつばさ」でカムバックしてくれるに違いない」と書いたことが、結果的に“誤植”と
なってしまったこと、申し訳ありませんでした。
                                   2005年11月6日 『名曲発掘!ジュエル・バラッズ』企画 臼井 孝
『名曲発掘!ジュエル・バラッズ』が作られた経緯
オムニバスアルバムは記録的ヒット曲で構成されることが多い・・・
だけど、本当は人々は記憶されるヒット曲が好きなんじゃないか・・・

そんな疑問から、ファンの間で語り継がれている隠れた名曲や、
ポップスが大好きな人に歌い継がれている名曲を女性バラードを中心に選ばれています。

ナツメロ番組でも、シングル・ヒットばかりがクローズアップされる昨今ですが、
そこで紹介されなくても、確実に人々の心に浸透し続けている楽曲
スポット・ライトが当てられています。

それぞれのファンの人が「シングル・アルバムを通してこの曲が名曲だ」
とおっしゃっている楽曲は、決してマニアックなものではなく、
すべてのポップスファンが聴いても感動できる楽曲だと私は思います。


ですので、ご存知でない曲は「80年代や90年代風の評判の高い新曲
として楽しんでいただければと思います。
完成度の高い新曲が16曲\2,310なんてお得ですよ〜。

なお、複数のヴァージョンのある作品では、多くのファンの方の意見を
参考に、より人気の高いヴァージョンが収録されています。


<Amazonランキング詳細>(2005年〜2006年)




年が明けていったん下がったのですが、年明けにもロングセラーを続けました。ちなみに「エタバラ」とは、
本作の礎となった企画CD『Eternal Balldas』のことです。






トップページ


ご意見などございましたらこちらまでどうぞ。