奈保子ミュニケーション その7

祝・復刻! 河合奈保子ライブDVD紹介ページ
 

☆☆2014年2月19日に『NAOKO THANKSGIVING PARTY』
がDVDで復刻!これは137分もの収録時間で超お買得です!

'82〜'87LIVE DVDの特長:
(いずれも2012年11月21日発売です)

☆なんと6作中5作がオリコン週間TOP30にランクイン!
(残る1作も31位。)今年のチャートではAKB48と並ぶ快挙となりました♪

YouTubeに公式紹介映像がアップされています!!

正確なリズム感、真面目なMCが楽しめるのはLIVEの醍醐味!

☆洋邦のカバーも自作曲も、シンガーソングライターの提供作も
職業作家の難曲もなんでも歌いこなしてしまう実力を堪能あれ!

いずれのライブ映像も、初めてフルサイズで復刻!
(83年の初EASTは、『PURE MOMENTS』にて復刻されています。)

当時の9800円からまた88年LIVEは合計14400円から
3500円+税 に大きくプライスダウン!

(しかも、今は店頭でもネットでもDVDの更なる値引きも!)

※6作購入による応募でクオカード6枚セットを100人にプレゼントは終了しました。
発売タイトル一覧
タイトル/ジャケット写真
(Amazonアソシエイツでリンク)

オリジナル発売日
/LIVE収録日、場所
/今回の品番と価格
☆おもな特徴

収録曲一覧 
カバーは青字アルバム曲、新曲は赤字
NAOKO
THANKSGIVING
PARTY

1988/11/21(VHS,LD)
1988年7月24日
よみうりランド・EAST
COBA-6535
¥3,675(税込)

《137分》

20 アルバム
『スカイ・パーク』より
5 アルバム
『デイドリームコースト』より
29 アルバム
『9 1/2 NINE HALF』より
30,32 アルバム
『スカーレット』より
31 アルバム
『JAPAN』より
33,34 アルバム
『Members Only』より
6 当時未発売
(後に『masterpieces』収録)
☆全7作中最長の収録時間でアイドル期から
シンガーソングライター期まで網羅!
☆83〜87のEAST LIVEのダイジェストや
過去を振りかえる奈保子モノローグも収録、
まさに88年までのベスト的な内容!!


1. (Part I オープニング) 
2. HAPPY BIRTHDAY TO YOU
3. 奈保子・モノローグ
(4〜8 コンサート・ダイジェスト)
4.
恋にメリーゴーランド ('83) 5. LIVE INSIDE YOUR LOVE ('84)
6.
秘めやかなラヴ・ストーリー ('85)
7.
Rock Around The Clock ('86) 8. 十六夜物語 ('87)
9. エスカレーション 10. UN バランス
11. THROUGH THE WINDOW〜月に降る雪〜
12. ジェラス・トレイン 13. Harbour Light Memories
14. デビュー〜Fly Me To Love
15. (Part II オープニング) 16. 奈保子・モノローグ
(17〜20:弾き語りコーナー)
17. 大きな森の小さなお家 18.
愛は二人の腕の中で
19. けんかをやめて 20.
Sky Park
21.
恋にメリーゴーランド 
(22〜25:メドレー)
22. スマイル・フォー・ミー 23. Invitation 24. 涙のハリウッド
25. デビュー〜Fly Me To Love
26. (Part III オープニング) 27. 奈保子・モノローグ
28. 悲しい人 29.
NIGHT AFTER NIGHT -星になるまで-
30.
想い出のコニーズ・アイランド 31. 黒髪にアマリリス
32.
夢みるコーラス・ガール 33. Girls Like a Party
34.
GT天国 35. ハーフムーン・セレナーデ

・・これは当時3本のビデオ(LDは120分に収まるよう一部の
楽曲をカット)で発売されていたものを1枚のDVDで復刻した
超お買い得盤!実は私、当時は“シンガーソングライター”
としての河合奈保子が大好きだったので、第3巻(本作で
いうと、26〜35の部分)しか買っていなかったのです。
その後、執筆仕事で全部を初めて観たのですが、超充実な
収録内容に驚きました。
 まず第1巻部分(1〜14)の冒頭は、過去5年間のEAST LIVE
のダイジェストから。どれも、その年らしい演出が印象的。
(85年は、スパークした歌唱も、ここに加わるかな〜。)そして、
本編は、なんといきなり“奈保子・元気タイム”からスタート。
Milkのコーラスも冴えています!また、2番の歌詞を一部
間違えても、コーラス部分でぴたりと修正する勘の良さも健在!
第2巻部分(15〜25)は、前半がリクエストによる弾き語り、
後半がバンドサウンドでのセルフカバー。
弾き語りは元気ハツラツ時代しか知らない人には、是非聞いて
欲しいほど心にすっと入るナチュラルな出来。そして、メドレーは
バンドといっても、明るいボーカルを前面に押し出したフュージョン
系の爽やかなサウンド。特に、「Invitaion」がテンポが変わって
いて斬新かも。
そして第3巻部分は、自作曲中心だが、唯一自作ではない
「NIGHT AFTER NIGHT」が更に進化を遂げていて圧巻!
また、明るい曲も多いのに、どこかパーティーの終わりを
感じさせる寂しさが漂うのもこのラストのEASTならでは。
「ハーフムーン・セレナーデ」でのやり遂げた感じにこちらも
じーんとしてしまう。
この当時は、意図的にかなり濃いメイクやアバンギャルドな衣装
を着ていたので、これも時代だったと思って懐かしく楽しめます。
とってもお買い得なので、是非どうぞ♪
BRILLIANT
-Lady Naoko
in Concert-


1982/11/21
1982年10月17日
芝郵便貯金ホール
COBA-6367 ¥3,675(税込)

《70分》
☆記念すべき奈保子初のビデオ作品!
☆ジャニーズ系からカーペンターズ、百恵淳子
まで全ビデオ中カバー曲最多、かつ多彩!
☆「けんかをやめて」を既に弾き語り!

1.AIN'T NO MOUNTAIN HIGH ENOUGH
2.LADYナオコメドレー〜
・YOU KEEP ME HANGIN ON  ・雨
・スニーカーぶるーす ・フィーリング ・.愛をください
・DANCING QUEEN ・FOR ONCE IN MY LIFE
・.しあわせ芝居 ・キッズ・オブ・ファイアー 
・ダンスはうまく踊れない ・BEGIN THE BEGUINE
・100%…SOかもね ・YESTERDAY ONCE MORE
・.I HEAR A SYMPHONY 3.スマイル・アゲイン

4.けんかをやめて
5.秋桜 6.ヤング・ボーイ
7.愛してます 8.17才 9.スマイル・フォー・ミー
10..ムーンライト・キッス 11.大きな森の小さなお家
12.夏のヒロイン (encore) 13.ラブレター
特典映像
14.愛は二人の腕の中で

・・考えてみれば、河合奈保子の場合、6本のLIVEの
中で最もアイドルらしいLIVEが本作で、残りはすべて
アーティスト・シンガーという部分が前面に出ている。
しかも、このアイドルらしい作品ですら、"レディナオコ”
がコンセプトのためか、前半はショー・タイムという構成で
13分の間に邦楽洋楽問わず様々なタイプの14曲を
衣装の早替えを交えてノン・ストップで歌い踊るという内容。
ダイアナ・ロスのカバーがあったり、ダンディーズと踊ったり
というのは先輩の岩崎宏美からのリサイタルを踏襲しつつ
歌声をじっくり聞かせようとしているのも、芸映のお家芸と
いうところ。その数年後の完成度の高さを知っていると、
「まだまだ歌えるな」と分かるものの、アイドルとしては
十分及第点の歌唱。特に、「秋桜」は20才前でこんなに
情熱的に歌っていたのかと聞き惚れるほど。また、後半の
シングル7連発は、レコードよりかなりハイテンポなのに、
ピッチが乱れず、また会場の乗せ方もかなり上手い。
ラストの「ラブレター」、特別映像の「愛は二人の腕の中で」
では、歌声も人柄の良さも滲み出て、じーんと来る。
実力派というと影の部分をしっかり描けるアイドルが多い中、
これだけ陽性のキャラながら実力があるのは、意外と
少ないかもしれない。それを証明する意味でも貴重な作品。
愛のコンサート


1983/12/1
1983年10月10日
芝郵便貯金ホール
COBA-6368 ¥3,675(税込)

《60分》
☆カバー中心のフォーク・NM系と
ヒット・メドレーの2部構成!
☆前半のシリアスな語りと後半のコミカルな
ピエロ姿のギャップに唖然(笑)!
☆フィナーレに彼女の素が垣間見えて爽快!

<第一部>
1.DIO,COME TI AMO! 2.疑問符 3.空―翼を広げて 
4.秋桜 5.君は悲しみの 6.片想い 7.あなたの空を翔びたい

<第二部>
8.スマイル・フォー・ミー 9.UNバランス
10.エスカレーション 11.ラブレター

・・・私の中で、DVDを見て最も印象が変わった1作
発売当時は私も若く、アップテンポが聴きたい!と思ってたし
MCで首を振り過ぎ!とか突っ込んだり、なぜにダブダブの
ピエロ姿?とかネガティブに考えてまともに観てなかった。。
ジャケットもなんか怖い感じがしてました(スミマセン)。
 でも、今回見直して第一部のバラードの上手さに驚き!
1,3,5,6,7の清らかで伸びやかな声、それでいて豊かで
あふれ出る感じがなんとも心地よいです!あと、MCも
20才の秋ということで、女の子らしくしっとりと笑顔もなく
シリアスタッチだけど、続く選曲とのストーリーも◎!
特に、妹の話から「君は悲しみの」に続くあたり泣けます。
他にも、お父様、お母様、恋などについて、奈保子らしい
トークで、ちゃんと聴けば好感が持てます。
 そして、第二部のピエロも、「スマイル・フォー・ミー」を
弾みながらちゃんと演奏していたり、しっかり歌に入ったり
やっぱりこの人、音楽的才能があります!アップテンポの
9,10も上手い。最後に流れる、ダンスの映像なども残って
いたらなぁ〜と思いますが、それ無しでも十分楽しめます♪

SUMMER SPECIAL
in EAST '84


1984/12/1(VHS)
1985/1/21(LD)
1984年7月24日
よみうりランド・EAST
COBA-6369¥3,675(税込)

《57分》

1,(3) アルバム
『サマーデリカシー』より
2,5,6,7 アルバム
『デイドリームコースト』より
12 オリジナル書き下ろし
☆ビデオ制作の黎明期らしく、
LIVE本編の音に、ディスコグラフィーや
オフショットが挿入され新鮮!
☆パーティー気分がまだ少ないことや、
本人の急成長で、歌唱面では
全LIVE中最も安定!
☆ここからアルバム曲も堪能できるLIVEに!

1.太陽の下のストレンジャー 2.IF YOU WANT ME
3.夏の日の恋
4.オリジナルメドレー
・スマイル・フォー・ミー ・ヤング・ボーイ
・ムーンライト・キッス ・ラブレター ・愛してます 
・17才 ・微風のメロディー ・愛をください
・大きな森の小さなお家 ・夏のヒロイン
5.LOVE ASSISTANT 6.LIVE INSIDE YOUR LOVE
7.ANGELA
8.唇のプライバシー 9.UNバランス
10.コントロール (encore) 11.エスカレーション
12.DEAR MY FRIENDS

・・これは、アイドルらしい衣装やルックスといった
ビジュアル面と、急成長中の歌唱面のバランスが最適かも。
その意味で、グラビア誌から入ったアイドルファンも、
これ以降のアーティスト路線から入った人にも入門編的作品。
 前半から、真夏にカーリーヘアのWIGと白いハットで
汗だく、本当に暑そう。それでも乱れぬ歌唱に驚き!
その後の、デビューから4年間を総括した11分間メドレーは、
TVと重複しないようにとの工夫か、ここでリハーサルやステージ
設定の風景を挿入しメイキング的。当時、凄い偉い人が
ショートパンツで打合せしているのが微笑ましい。
アップテンポの「微風のメロディー」が新鮮。それにしても、
この11分も乱れずノリノリ!(できればチャプターほしかった。)
 メドレー前後に、発売前の海外録音アルバムから4曲も
披露。まだ歌いこんでいないはずなのに、既に「ANGELA」は、
シングル曲並の完成度!!どこまでも力強く伸びる中高音!!
そして、既にフル・スロットルなのに、ここから“奈保子元気タイム”
でお馴染みの難易度の高いハードポップが3連発!(17〜19)
普通なら息も絶え絶えになりそうなのに、とことん歌い込む
奈保子に画面の前で思わず拍手。特に、「コントロール」は
このLIVEの方がギリギリ感が秀逸!そして20,21がアンコール。
今回のMCはこの部分だけだが、歌手としての決意に感涙。
ラストは、ファルセットが多く、既にこれも有りと思える出来。
 とにかく、この作品、
“口パクより上手すぎ!!”
アイドルは、ニコニコお遊戯しているだけで十分と思っている人
、これを見てからでも人生全然遅くないです♪
NAOKO EAST '85
〜感電するゾ熱い夏〜


1985/9/21(VHS)
1985/10/21(LD)
1985年7月24日
よみうりランド・EAST
COBA-6370 
¥3,675(税込)

《59分》

1 オリジナル書き下ろし
6 当時未発売
(後に『masterpieces』収録)
10,11 アルバム
『デイドリームコースト』より
14 新曲
(ベストLP『NAOKO 22』収録)
☆自作曲をビデオでも初収録!(6,14)
☆原色系かつ露出度の高い衣装で、
全LIVE中、最も感電しちゃうかも?
☆シングル/アルバム、アップテンポ/バラード
など選曲バランスは6作中最高クラス

1.感電するゾ熱い夏 2.UNバランス 3.ジュラス・トレイン
4.夏のヒロイン 5.君は綺麗なままで
6.秘めやかなラヴ・ストーリー 7.コントロール 8.デビュー 9.MANHATTAN JOKE 10.I LOVE IT 11.ANGELA
12.ラブレター (encore) 13.愛してます
14.夢かさねて

・・ここからNATURAL&MILKの演奏&コーラスが炸裂。
全体によりパワフルで白熱したLIVEパフォーマンスに。
前年までの反省からか、リハーサル風景は、「感電するゾ
熱い夏」のオープニングに集約。ここ1年で急に大人びて
綺麗になっていてドキリとする。他方、少女の笑顔と元気が武器
だった前年までと同等以上に派手にする為か、この年から
衣装がどんどんエスカレート。蛍光色や金銀が多用されて
いって、お祭りと思えばこれも面白い。
 そして、歌唱面も大きくステップアップ。「UNバランス」
「ジェラス・トレイン」「君は綺麗なままで」と吼えまくり。
この年の「コントロール」は本当に爆発寸前の絶唱でお見事。
それだけでも凄いのに、自作曲バラード「夢かさねて」
「秘めやかなラヴ・ストーリー」での丁寧な熱唱も聞かせる。
更に「ANGELA」「ラブレター」は、ファンとのコール&レスポンス
も、急激に上手くなっている。これにはファンの方にも拍手。
 ラストは、河合奈保子を一時忘れていった人には、
特に心に残るメッセージもあり感動。とにかく、60分弱なのに
コンパクトに総集編となっているのが本作。
NAOKO '86
STARDUST PARADISE
in EAST


1986/9/1(VHS)
1986/10/21(LD)
1986年7月24日
よみうりランド・EAST
COBA-6371¥3,675(税込)

《58分》

2,8 アルバム
『9 1/2 NINE HALF』より
15 開催時、未発売の新曲
(のちにアルバム『スカーレット』、
シングルリカット)
☆海外作家によるオリジナルとオールディーズ
強めの歌唱やド派手な衣装も、
思いきりアメリカン!
☆その一方で、バラードがより本格的に!
ラストの「ハーフムーン・セレナーデ」は
伝説レベル!

1.Opening(Inst) 2.Happy Ever After -砂の記号-
3.ジェラス・トレイン
Oldies Hits Medley(4〜7)
4.Rock Around The Clock 5.Diana
6.Oh! Carol! 7.The End Of The World

8.Night After Night -星になるまで-
 
9.刹那の夏 10.Through The Window 〜月に降る雪
11.エスカレーション 12.ラブレター 13.デビュー
(encore) 14.涙のハリウッド
15.ハーフムーン・セレナーデ

・・この映像は、すべてのEASTの中で、最もアイドルから
かけ離れているかも。というのは、前半、オールディーズを
延々と歌ったり、「エスカレーション」をシャウトしまくったり、
衣装もピエロ風も、その後のスーツスタイルも、かなり
大きめでドスコイな感じ(微笑)だし、前年の『9 1/2』と、
これから出る自作曲アルバム『スカーレット』の影響で、
よほどアイドル色を払拭しようと画策していたのでは。
 でも、そのオールディーズにしても、「ジェラス・トレイン」や
「Through The Window」にしても、パンチのある歌唱でかつ
ビブラートも綺麗に伸びて上手いです。「Night After Night」と
「ハーフムーン・セレナーデ」は見とれてしまうくらい絶品。
だから、アイドルファンとしては、歌唱も衣装も??かも
しれないけど、歌唱力を堪能したい人には大有りな1作。
月夜宮殿
〜ムーンライト・パレス〜


1987/9/10(VHS)
1987/10/21(LD)
1987年7月24日
よみうりランド・EAST
COBA-6372
¥3,675(税込)

《92分》

15,16 アルバム
『デイドリームコースト』より
10,11,12,(20) アルバム
『スカーレット』より
12,(13),14 アルバム
『JAPAN』より
19 オリジナル書き下ろし
(CD未発売
『PURE MOMENTS』
初回特典にてライブ音源CD化)
☆当時過去最長の90分とボリューム満点!
初期ヒット曲7曲、自作曲8曲と最もお得!

☆「ビールじゃないからね、麦茶だからね」
ほか24歳とは思えない愛らしいMCも最高!


1.We want to clap with your hand(inst.)
2.Can't Stop The Music
3.スマイル・フォー・ミー 4.大きな森の小さなお家
5.ヤング・ボーイ 6.愛してます
7.ムーンライト・キッス 8.夏のヒロイン 9.ラブレター
10.想い出のコニーズ・アイランド
11.ロードサイド・ダイナー 12.終夜の蛍 

13.十六夜物語
 14.黒髪にアマリリス 15.ANGELA
16.WHAT COMES AROUND GOES AROUND

17.エスカレーション
18.夢見るコーラス・ガール
(encore)19.My Song For You 20.ハーフムーン・セレナーデ

・・これは、前年までと重複する“奈保子・元気タイム”の
数曲を除き、大半が再現されている事、またそれ以上に
ライブ・アーティストとしてパフォーマンスが成長している
ことが堪能できるので、82〜87の6作中最もLIVEらしい作品。
 まず、観客とのコール&レスポンスのやり取りが見事。
前半の可愛いアイドル時代の「スマイル・フォー・ミー」、
「ラブレター」は凄く盛り上がるし、前年に発表したばかりの
「夢見るコーラス・ガール」でもLIVEバージョンが楽しげ!
 また、口パクではなく、紙テープをよけたり、会場を
大きく移動して弾みながら歌っているので、歌唱に多少の
乱れはあるものの、映像と共に聞いていると、全く気になら
ない。フゥー!とかハァー!とかフェイクも入っているので
むしろ、アーティストの熱気あるLIVEという感じ。
 そして、本作もバラードが絶品!「十六夜物語」は、
より狂おしいし、「ハーフムーン・セレナーデ」も、まさに
絶唱という言葉が似合うほど、燃え尽きるような歌唱。
(炎を使った演出効果も最高!) 楽しくもあり、終わると
切なくもあり、まさに月夜の宴という感じ。

 ということで、今回少しだけ宣伝のサポートをしているご縁で、
簡単な解説ページも作ってみました。やっぱり、LIVE映像ソフトって
どこから買って良いか、私自身もなかなか分からないので。

演出やアルバム曲、カバー曲の有無は上記で分かりますが、
全シングルの違いについては、下にまとめてみました。
これで、自分の好きな曲を最も歌っているLIVEを選んでみるのも
一手だと思います。

(シングル歌唱曲比較一覧表)
タイトル
(◇はショート・サイズ、
☆はLIVE当時CD未発売)
発売日 82 83 84 85 86 87 88 歌唱
回数
大きな森の小さなお家 80.6.1 - - - 4
ヤング・ボーイ 80.8.25 - - - - 3
愛してます 80.12.10 - - - 4
17才 81.3.10 - - - - - 2
スマイル・フォー・ミー 81.6.1 - - 5
ムーンライト・キッス 81.9.1 - - - - 3
ラブレター 81.12.5 - 6
愛をください 82.3.10 - - - - - - 1
夏のヒロイン 82.6.10 - - - 4
けんかをやめて 82.9.1 - - - - - 2
Invitation 82.12.1 - - - - - 1
ストロー・タッチの恋 83.3.1 - - - - - - 0
エスカレーション 83.6.1 - 5
UNバランス 83.9.14 - - 4
疑問符 83.12.1 - - - - - 1
微風のメロディー 84.3.1 - - - - 1
コントロール 84.6.1 - - - 2
唇のプライバシー 84.8.28 - - - - 1
北駅のソリチュード 84.12.5 - - - - 0
ジェラス・トレイン 85.3.5 - 3
デビュー 85.6.12 - ○○ 4
マンハッタン・ジョーク 85.6.12 - - - 1
君は綺麗なままで 85.8.7 - - - 1
ラヴェンダー・リップス 85.10.3 - - - 0
THROUGH THE WINDOW 85.12.12 - 2
涙のハリウッド 86.4.1 - 2
刹那の夏 86.7.24 - - 1
ハーフムーン・セレナーデ 86.11.26 3
十六夜物語 87.7.24 (87
映像)
2
悲しい人 88.3.1 1
Harbour Light Memories 88.7.21 1
タイトル
(◇はショート・サイズ、
☆はLIVE当時CD未発売)
発売日 82 83 84 85 86 87 88 歌唱
回数

以上、どうぞ前向きにご検討の程(笑)よろしくお願い申し上げます♪

2012年10月5日 臼井 孝(2014年5月8日追記)

河合奈保子ミュニケーション1〜6はこちら


トップページ  @「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 B「U」の遊び部屋

c:\homepage\usunigao.gif