決定!2010年間ベスト50!


 さて、T2Uコンテンツの中で最も期待度(アクセス数/文章量)が低いページ(爆)、今年も更新させていただきます!
今年の特徴は、以前から多いメロディアスなものに加え、ダンサブルなもの、歌詞を圧倒的に聞かせるものの割合が
増えたのかな〜と思います。なお、シングル曲中心ですが、気になったアーティストはアルバム単位で聞いていただけると
更に深みがあってよろしいかと思います。それでは、どうぞ〜♪
(※誤字脱字は追々直しますので。(汗))
(←よろしければお買物はこちらで(笑)。もしくは地元のCDショップで!)
順位 曲名/アーティスト
(歌詞は歌ネットへどうぞ!)
一言ポイント(一部の楽曲には職権を濫用した(笑)解説付き)
1 真夜中の動物園/中島みゆき
(アルバム『真夜中の動物園』より)
毎年大量に音楽を聴いているはずなのに、今年もやっぱり中島みゆきか・・・と言われるかもしれませんが
今年は、人種とか国境とか超越して、ついに生物全般に行ったか!というくらいマクロな視野で
ミクロな部分を語った名曲ぞろい。個人的には『ララバイSINGER』以来、大きく唸らされた作品でした。
「逢えない相手が逢いに来る」とか字面しか興味のない人には一生分からない世界かも。深遠です。
2 小さき負傷者たちの為に
/中島みゆき
(アルバム『真夜中の動物園』より)
この歌は、動物虐待とかを想起させるようなテーマだけれど、さらには中国や北朝鮮、ミャンマー等で
起こっていることもイメージされている気がします。「そんなに偉いか」から「はるかに偉いか」にかけての
咆哮(?)は絶品。CDジャーナルの識者100人による「名盤」に全く入ってないのが個人的には不可解です(笑)。
3 ずっと好きだった/斉藤和義
(収録アルバム
ARE YOU READY?』もオススメ)
とっても分かりやすい三分劇をロックミュージシャンである彼がやるところがエラい。
作詞家を唸らせるほどのシンガーソングライターが他にも出てくることを願います。
(☆解説付
4 ありがとう/いきものがかり
(ベスト盤『いきものばかり』も
スタンダードな楽曲揃い)
彼らって、こういうストレートでベタなメッセージソングでも、ちゃんとキラキラしたポップスに出来るのが
素晴らしいと思います。ダサいからと、みんなが敬遠して横文字ばかり使っているうちに、
いきものがかりの一人勝ちになったような。こういうポップスも今後もっと出ればいいな〜。
5 Gee/少女時代 私は韓国文化についてあまり理解していない方なんですが、この中毒性の強い歌詞とメロディーと振付
には物凄く驚かされました。あと、韓国全体の“整形で直せない部分を実力で磨く”っていう考え方も勉強に
なりました。
6 Period/CHEMISTRY 初期のメロウな路線を卒業してしばらく聞いてなかったのですが、いつの間にやら
物凄くアッパーでパワフルなデュオに!実力的にはEXILE以上では。ちなみに私、ここから遡って
数作のアルバムを買いました。それくらい強いボーカルが魅力的に。 
(☆解説付
7 虹〜Singer/岩崎宏美
(アルバム『Dear Friedns V』より)
別のページで熱心に語りまくっていますが、お世辞抜きで本作はシリーズ5作の中で絶品。
特に、これはプロ意識を感じさせる名唱で、こちらもジーンとします。
(☆全曲解説はこちら!
8 京都物語/原由子
(アルバム『ハラッド』より)
昭和歌謡を歌っても古臭くないのが、桑田メロディーや原坊ボーカルの素晴らしさですよね。(☆解説付
9 ミスター/KARA こちらも少女時代同様、サビの憶えやすさが強烈。日本のアイドルグループも、この辺りを
大いに学ぶべし。
10 この夜を止めてよ/JUJU この狂おしいほどの恋愛模様を書く人って誰??と思えば、やはり松尾潔。あと、JUJUのボーカルって
かなり高音で、その辺も切なさを助長しているのではないかと。
(☆解説付
11 また君に恋してる/坂本冬美 こちらは松井五郎の詞がほど良く湿っていて、その辺が幅広く支持されたのではと思います。
12 今日以来/中島みゆき
(アルバム『真夜中の動物園』より)
これは中島みゆきの中では凡作の部類かもしれないけれど、節の付け方などが吉田拓郎の域に
入ってきた感じが斬新で何回も聞きました。
13 深夜高速(2009)
/フラワーカンパニーズ
(アルバム『深夜高速
−生きててよかったの集い−
』より)
全アーティストが「深夜高速」を歌うというアルバムが09年に出ていて、そこからじわじわとハマりました。
中年以上の方なら一生のテーマになるのかもしれません。
14 逢いたくていま/MISIA 最初は単なるラブソングかと思っていたけれど、よくよく聞いてみたら、「逢えないから逢いたい」辺りが
テーマとなっていてジーンと来ました。その意味では1位とダブっていますね。あっ、『逢いたい』『逢えない』
なんて言ってると女子中高生と一緒じゃん!とか言われそう(笑)。えぇ、ある意味一緒かも。
15 パーマ屋ゆんた
(深夜便バージョン)
/BEGIN
(アルバム『ビギンの島唄
−オモトタケオ3−
』より)
この歌は「なんで なんで あんたの人生さ」の意味をもう少し本土向けに噛み砕いたら、
さらに広がったかも。全体の寂寥感は、故郷を離れて暮らす人なら思い当たる節があるかも。

(☆解説付
16 つじつま合わせに生まれた僕等
/amazarashi
(アルバム『0.6』より)
久しぶりに歌詞でガツンと聞かせるバンド(?)が出てきたと期待しております。
被害者と加害者、需要と供給、生と死などなど実は繋がっている二極について考えさせられます。
17 GENIE/少女時代 ダンスのみならず「お呼びですか?」とか歌詞のトリッキーな部分が隠し味になっていると思いました。
18 まるで高速電車のように
あたしたちは擦れ違う
/中島みゆき
(アルバム『真夜中の動物園』より)
みゆきさんの場合、「怒る」ことと「歌う」ことが対義語になっているのだな、というのが
あらためて分かったような。それにしても「高速電車」って言葉、初めて聞いたかも(微笑)。
19 Ring a Ding Dong/木村カエラ 歌詞の中毒性という意味では、日本では木村カエラが一番近い位置にいるのかな〜。
結婚、出産なさっても何でもありな感じは残していってもらいたいですね。 
(☆解説付
20 ねぇ/DREAMS COME TRUE 大サビ前に突然70年代ディスコみたいなメロディーが挿入されるのが大好き!
21 負けんもんね/中島みゆき
(アルバム『真夜中の動物園』より)
これはサビ直前の「が」が秀逸!ここで流れが負けモードから、負けん!モードに変わるので。
22 蒼いバラ/安全地帯 こちらは大人のエロス〜〜という感じにクラクラさせられました。 (☆解説付
23 黒のクレール/岩崎宏美
(アルバム『Dear Friedns V』より)
これはピアノソロ(塩谷哲)とのコンビが絶妙で、リラックスさせつつも聞かせるという、まさに
熟練のミュージシャンならではのパフォーマンス。生でも聞きたい! 
(☆全曲解説はこちら!
24 EARLY IN THE MORNING
/桑田佳祐
(シングル「本当は怖い愛とロマンス
c/w)
無事復帰されて私も嬉しい!で、これは『めざましテレビ』では、元気爽快なのに、全体で聞いたら
スーパー・エロ・ポップになっているのが素晴らしい。30秒で切り取って楽しめない魅力満載。
(☆解説付
25 夜明けのメロディー
/ペギー葉山
秋元順子「愛のままで・・・」路線が好きなら、こちらも是非どうぞ。すぐ憶えて歌えます。(☆解説付
26 NAMIDA〜ココロアバイテ〜
/ゼブラクイーン
これは歌謡曲の流れを汲むポップロックだと思います。ゼブラクイーンになりきる仲里依紗の
パフォーマンスもお見事。
27 元少年の歌
/フラワーカンパニーズ
上述の「深夜高速」からハマってアルバムも聞いたら、これまた中年ならではのモガき満載で
めちゃくちゃハマりました。大人だって恐いぜ。
(☆解説付
28 愛のシューティング・スター
/ゴスペラーズ
フィリー・ソウル歌謡って伝統芸能のように継承していくべきだと思うのです。
あのアレンジの完成度を考えたらね。で、さすがのゴスペラーズ。目の付け所が素敵です。
29 裏切りの夕焼け
/THEATRE BROOK
こう並べてみると、やはり私は構成が明確でドラマティックなロックが好きみたいですね。
30 Break It/安室奈美恵 譜割りを全く無視した歌詞、そしてそれをタイトに歌って踊る安室ちゃん。完璧です。
31 一番綺麗な私を/中島美嘉 シンプルなバラードもドロドロに仕上げられる歌唱に大いなる成長を感じました。
32 同じ時代に生まれた若者たち
/腐男塾
すみません・・・今までバカにして聞いてこなかったのですが、これは歌詞やテーマが良い。
それで彼女たちが歌うことで過熱せずに完成しているのが良い。これで成長するといいな。
(☆解説付
33 夏を待っていました/amazarashi
(アルバム『爆弾の作り方』より)
こちらはメジャー1stミニ・アルバムのリード曲。彼らのロックは、日本海側とか東北とか
青空でもどこか曇った感じを想起させます。だから心に引っかかるのかも。
34 バクチ・ダンサー/DOES 実は声質的にちょっと苦手なんだけど、彼らの書くロックも大人向けで骨太かつ明解。
アニメよりもドラマタイアップでブレイクしそうに思います。 
(☆解説付
35 タマシイレボリューション
/Superfly
(シングル「Wildflower」c/w)
アゲる歌は気持ちよくアゲられるのが越智さんの強みですよね。
36 はじまりはいつも雨/岩崎宏美
(アルバム『Dear Friedns V』より)
ASKAが歌うよりも歌詞がよく聞こえ、なんとも艶っぽい作品だと知らされた1作。
カバーってこういう新解釈にたどりつくのが止められまへんな〜。 
(☆全曲解説はこちら!
37 TSUBOMI feat. 九州男
/lecca
相変わらずleccaの強い低音と、九州男の爽やかな高音のバランスは最高。
38 知らんふり/長渕剛
(アルバム『TRY AGAIN』より)
恐らく無差別殺人事件を取り扱っていると思うのですが、そのスリリングな描写が素晴らしい。
あと、このアルバム、高校生あたりの感性が随所に散りばめられていて、その若さに恐れ入りました。
39 あんずの夕陽に染まる街
/中村美律子
(シングル「人生一度」c/w)
私が好きなメロウ歌謡の描ける花岡優平が美っちゃんには、ブンチャカ歌謡を提供する、というのが
何とも狙いすぎていて可笑しい。でも、確かに似合っています。 
(☆解説付
40 Get Myself Back
/安室奈美恵
この歌は「黒い感情 抑えきれず 正義とすり替えてた」の一文だけでノックアウトです。
41 バンブー/たむらぱん 人生をポップスに変換できる若手女性SSWとしてその才能を買っています。(☆解説付
42 鷹の歌/中島みゆき
(アルバム『真夜中の動物園』より)
もうこのアルバム何曲目??と言われそうなほどですが、これまた長く生きた人、そして
命を這いながら生きている人に対するリスペクトソングとして希有だと思います。
43 1!2!3!4!ヨロシク/SKE48 アイドルグループ×ディスコ歌謡は、「LOVEマシーン」の秋元版といったところでしょうか。
えぇ、11年経ってるからパクリとか問答無用ですよ。
44 女と男のララバイゲーム
/モーニング娘。
こちらは、アイドルグループ×ロシアン歌謡 という組合せ。歌詞は、ちょっと演歌っぽいけど
その辺のミスマッチが逆に面白いです。
45 ポニーテールとシュシュ
/AKB48
中毒性という意味では、AKBもK-POPに負けていないと思わせる1曲。カラオケを考えた作りかと。
来年はアンチAKBの人達が前向きに、各人の思う「グッドミュージック」を強く推してくれたら
音楽界はもっと健全になると思います。その後ろ向きな強いパワーを変換してくれれば。
46 Roll Over the Rainbow
/Superfly
(シングル「Wildflower」c/w)
これもSuperflyらしくてよく聞きました。
47 アルクアラウンド
/サカナクション
サカナクションはゴダイゴやYMOあたりが好きなら、どのアルバムもイケます。
それでいて作品ごとに少しずつ多様になるのが飽きさせない。
48 風の会話/佐々木功 これは佐々木功ならではの雄大アニソンですね。ジャケットはやや陳腐ですが(スミマセン)、
歌唱は壮大です。
(☆解説付
49 LOL!/黒木メイサ こちらは中森明菜「DIVA」的によく聞いたんだけど、CD見たら「初回盤、通常盤の同時購入者のみ
“抽選で”プレゼント!」って書いてあって一気にトーンダウンした。同じCDを何枚も買わされるって、
やっぱりどこか歪んでいると思います。思いませんか?
50 オワリはじまり/かりゆし58 これは“行列”で散々かかっていたので、その真似と思われるかもですが、でもやっぱり
「やり残したことはないかい?」って心にささるのです。 
(☆解説付
次点 美しき日々よ/清水翔太 清水翔太はこれと「君が好き」でボーカル力の高さを思い知りました。デビュー前のアメリカ公演は
ちょっと胡散臭かったけれど、そんなことなくても彼は実力派だと分かります。
次点 Lollypop/倖田來未 例の“羊水事件”からネットでは叩かれまくりの倖田さんですが、バラードもこの曲のようなダンサブルも
より聞かせる感じに成長しているのが心ニクい。エイベックスって叩かれた後でも、しっかりと
成長させる土台があるのが凄いと思います。(ICONIQも今後どう復活させるのか注目です。)
次点 君が生まれたあの日
/加藤登紀子
これは、今年非常に思い当たることが、しかもこのCDの発売日にありまして(微笑)、ちょっと特別な気持ち
で聞いております。人を育てるということは、自分が受けた感謝をたどることなのだと日々実感しています。

(☆解説付

誤字・脱字の報告はコチラまで♪



過去のうすちゃんベスト50(物好きな音楽好きな方はどうぞ)
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 
2002年 2001年 2000年 1999年〜


@「T」の仕事部屋  A「U」の仕事部屋 B「U」の遊び部屋

c:\homepage\usunigao.gif

トップページへ戻る