「臼井孝」&「つのはず誠」の仕事について (2007年〜2008年)
マーケティングアナリスト:臼井 孝としての仕事
音楽チャートアナリスト:つのはず誠
としての仕事
ささやかなお願い 時に書いた記事についてメールでお褒めいただくことがあり、大変励まされます。有難うございます!
よろしければ、媒体さんにお便りやコメントをお送り下さい。そうすればエンタメコーナーがさらに充実します。宜しくお願いします♪
2011年
こちらへどうぞ。
2009年

2010年
こちらへどうぞ。
2008年 12月:企画CD 
 

『エンカのチカラ -SONG IS LOVE 80's&90's』
『エンカのチカラ -SONG IS LIFE 70's』
企画、プロデュース、選曲
(コロムビアより発売)

お馴染みのJ-POPの名曲を大御所の演歌歌手の
皆様が歌っております!なかなか凄いことになっています(笑)。
これは是非一度聴いてほしいです!!
詳しくは紹介ページをどうぞ!


8月:分析でお手伝いした九州男さんが大ヒット
・・勿論、私のアドバイスなどゴミみたいなもので、大方は
アーティストおよびスタッフの方のご尽力によるものです。
超大手ではない、事務所&レコード会社からヒットが出ると、
本当に嬉しいです。



6月:岩崎宏美『誕生』『家族』『きょうだい』BOX
企画サポート
(胎教・育児三部作)
(ボーナス・トラック、帯キャッチ・コピー考案、価格提案など)
 すごくお得な価格で、その上おとなも子供もスヤスヤ眠れる
良いCDです。お子さんのおられるご家族への贈り物にも最適。
詳しくはこちらで。



4月:企画CD『DRIVIN' J-POP for love&joy』

選曲ベース考案、タイトル考案、
マーケティング・サポート

1. 道/ GReeeeN   2. 気分上々↑↑/ mihimaru GT
3. Dreamland/ BENNIE K   4. リルラ リルハ/ 木村カエラ
5. 空はまるで/ MONKEY MAJIK  6. イージュー★ライダー/ 奥田民生
7. 日曜日よりの使者/ THE HIGH-LOWS   8. 恋のエチュード/ PUFFY
9. invitation/ 柴咲コウ    10. 恋とマシンガン/ FLIPPER'S GUITAR
11. セロリ/ 山崎まさよし  12. Love Somebody/ 織田裕二 with マキシ・プリースト
13. 陽のあたる坂道/ Do As Infinity  
14. 世界でいちばん頑張ってる君に/ HARCO   15. 遠く 遠く/ Sotte Bosse


・・・春から夏のドライブの演出にお役に立てれば!と思います♪












1月〜:「普通のアナリストに戻ります」
と言わんばかりに、日々の音楽分析に邁進しております。



(基本的に、毎月↑の連載や関連特集を担当しております。)

12月:日経エンタテインメント!年末特集
『年間チャート診断』を担当
・・・今年も頑張らせていただきました。一人で4ページも担当
させてもらえるなんて、きっと読者の方のご好意だと思います。
有難うございます。



11月〜:音事協magazineにて執筆
「着うたヒット」「今年のCDヒット:復活」について

・・・これは音楽&芸能事務所の応接室や図書館に置かれる
フリーペーパーなので、平たい言葉で書く勉強になりました。
40歳になっても毎日が勉強、お仕事先の全員が先生です(笑)。







7月〜:日経TRENDYnetでの月1連載
「つのはず誠の音楽チャート最前線」連載開始

・・・読者の年齢層に合わせて、チャートから面白そうな作品を
ピックアップしていますので、正確には、“最前線”というよりも、
“最後線”かもしれません(苦笑)。でも、これをキッカケに
最近の音楽にも興味を持って下されば嬉しいです。





4月:NHKジャーナル(NHK第一)にて、
音楽コーナー等のコメント依頼始まる

 ・・・私、音楽業界に来てから、バリバリの京都弁で通すという
モットーで10年やって来たのに、お喋りのお仕事をいただき、
毎回その聞きづらさに反省しながら奮闘しております。
あと、音楽が専門外の報道のプロの方からの質問というのは
なかなか勉強になります。


3月:森山良子さんJ-POPカバーアルバム
『春夏秋冬』推薦文を寄稿

・・推薦文は例えば、Amazonなら「商品の説明をすべて表示」
をクリックしてみて下さい。しつこく“記録”と“記憶”を対照的に
使っています(笑)。
作品は「真夏の果実」や「春夏秋冬」の低音がグー!


3月:日経エンタテインメント!特別付録
「歌姫TOP100」(全16ページ)を執筆

人気者の「賞味期限」音楽ページ担当(全3ページ)

 ・・女性アーティストということで、私にお話いただいたのですが
やってみたら100人を被らないように書くのに、かなり苦労しました。
 なお、一人一人を一番よく分かっているのは、ファンの方々です。
たかだか140字でそのアーティストの全魅力を語れるワケが
ありませんので、これは「入門の手引き」だと思って、サラリと
楽しんで下さいまし。

1月〜:共同通信での連載が新聞→Webに移行、
タイトルも『つのはず・田澤のマジくるヒット宣言』に
 ・・田澤記者との対談形式で、今後のヒット作品を占うという
コーナーになりました。ちなみに、タイトルは田澤さまです。
(こういう脱力系のセンス、お見事!(笑))
2007年 12月:岩崎宏美 CD14枚+DVD2枚 LIVE BOX
『ROYAL BOX〜スーパー・ライブ・コレクション〜』
を企画 (タイトルやキャッチ・コピーも担当)
(←これは箱の外観です。)
・・怒涛のヒロリン復刻も、ファンの方が買って下さったお蔭で
ここまで来れました。ヒロリンのLIVEの迫力は物凄いので、
年末のご自身へのご褒美としていかがでしょうか?
完全生産限定盤なので、ずっと切望なさっていた方はお早めに。
また、お近くのファンの方に教えてあげて下さいね。


12月:河合奈保子 CD+DVD BOX『NAOKO PREMIUM』の
マーケティング・アドバイザーを担当
(←これはジャケットではありません。)
・こちらのBOXでは、基本的に制作ではなく、どのようにして
宣伝・営業してお客様に届けるかという仕事で関わっています。
ゆえに、今回は本業の「臼井孝」名義なのです。
(ちなみにリンクは安さが魅力のAmazonですが、
コロムビアファミリークラブでは特典満載です。お好みで。)
なお、『しんぐるこれくしょん』がヒットして、アルバムBOXに
繋がったように、残されたLIVEやビデオのCD&DVD化は、
本作のヒットが最短の近道です。みんなで頑張りましょう〜♪

11月:産経新聞にて「R35 世代狙い撃ちでヒット」
のヒット要因分析についてコメント
 ・・・私自身は、こういった特大ヒットコンピの選曲には
興味がないのですが(すみません)、自社音源1曲で
突き進まれたそのスタンスは素直に感心いたします。

10月:毎日新聞にて
9歳のシンガー・ソングライター「ゆっぴ」について分析コメント


10月〜11月:レコードメーカーにて
「激変するメディア・バランスの考察」を講演


9月:『GOLDEN☆BEST』4作の
資料準備、プロモーション協力、選曲サポート

(石野真子、太川陽介、畑中葉子、シェリー)
   
着実に売れているものから、オーダーメードファクトリー未満(爆)
の売上のものまで。真子さんは、ここから復刻が進むといいですね。


8月:最近の仕事もろもろ
・数アーティストの購入者アンケートの分析
・レコード会社新規事業の分析レポートおよび改善提案
・CD店様向け経営会議への出席
・新人ブレイク・アーティストの詳細分析
桜田淳子さん紙ジャケCDのメディア告知サポート


7月:桜田淳子ベスト『GOLDEN☆BEST』
コンセプト・選曲を担当


 ・・これは、もともと宏美さんのゴルベスと一緒に
ご提案していたものです。オリコン累計売上枚数順に
24曲も入って1980円とお得!
なお、全シングル曲は紙ジャケコレクションの方でCD化されます。
(このゴルベスは、あくまでも紙ジャケCDのキックオフ作品です。)


6月:7人の女性新人アーティスト群Seven Colorsによる
男性アーティストの名曲カバー集
『On/Off』選曲サポート


 ・・これは真冬に選曲たたき案を出していました(笑)。
みんないい声をしているので、この後ブレイクするかもです。


5月〜6月:レコードメーカーにて
「音楽マーケットの詳細なジャンル別分析、CDの売れ方の変遷」を講演

5月:ZARD・坂井泉水さんの生前のご活躍について、
共同通信〜各スポーツ紙に配信、J-WAVEにてコメント


2月〜5月:岩崎宏美オリジナル(+カバー)LP
全22作品のCD復刻を企画
 (各\2,500(tax in) 

☆最新デジタル・リマスター音源
☆岩崎宏美セルフライナーノーツ収録
☆ビジュアル面を可能な限り忠実に再現
☆ボーナストラック収録
(タイトル後の[ ]数字がその曲数です)
☆10枚以上購入者の応募特典としてスペシャルCD
『ダルセーニョ・リミックス・ベスト』をプレゼント


第四期(5/23発売)は以下の6タイトルです。
     
『I WON'T BREAK YOUR HEART[+7]』『戯夜曼[+9]』『cinema[+9]』
『わがまま[+9]』『よくばり[+10]』『Me too[+7]』

第三期(4/25発売)は以下の6タイトルです。
     
『緋衣草[+5]』       『すみれ色の涙から・・・[+5]』
『夕暮れから・・・ひとり[+5]』  『Love Letter[+2]』
『私・的・空・間[+5]』   『ディズニー・ガール[+6]』


第二期(3/21発売)は以下の5タイトルです。
   
『二十才前・・・[+4]』 『パンドラの小箱[+4]』 『恋人たち[+7]』
『10カラット・ダイヤモンド[+6]』 『WISH[+7]』


第一期(2/21or2/28発売)は以下の5タイトルです。
    
『あおぞら[+1]』 『ファンタジー[+10]』 『飛行船[+2]』
『ウィズ・ベスト・フレンズ[+2]』 『思秋期から・・・男と女[+1]』

☆詳しくは公式サイトや販売店サイトでご確認下さい。

3月:岩崎宏美ベスト『GOLDEN☆BEST』
のコンセプト、選曲を担当


 今まであまた出ていたヒロリンのベストですが、CD店でも
お客様が「どれがベストなのかな・・」と迷っているのを
何回も見てきました。
 それで、絶対的な基準で1枚あればいいなと思っていたところ、
ちょうどビクターさんから打診されたので提案しました。
ちなみに、ジャケットやインナーの青い服を着ている写真は、
宏美さんご本人がセレクトして下さいました。
 なお、私自身、隠れ名曲の発掘に命がけになるような(笑)
おバカさんなので、これを起点としてオリジナル盤や新曲
まで初心者の方が深入りして下さればと願っております(笑)。


2月:レコードメーカーにて
「アンケート分析から分かるファンの変遷、
音楽ジャンル別にみたマーケット盛衰」を講演
12月:日経エンタテインメント!年末特集
11月:日経エンタテインメント!『チャートBOOK』

『年間チャート診断』を担当
 ・・昨年のアンケート人気が高かったらしく、今年も担当しました。
(アンケートで投票して下さった方、有難うございます。)

これで01年、02年、03年、06年、07年と単独での年間“診断”は
5回目となります。この間に、音楽市場もガラリと変わりました。








































9月:左の4作品のうち、畑中葉子のみ楽曲解説を
担当しています。


8月:日経エンタテインメント!音楽特集
「新人ブレイクアーティストの作り方」を執筆
 
・・これって普段のワタクシの仕事にやや近いのですが(笑)
数字や図表中心なのが本業(左)で、文章中心なのが
「つのちゃん」という感じでしょうか。









6月:クラウンPANAMレーベル
レーベル紹介文を執筆

 ・・私、PANAMについてはさほど明るくないのですが、
母がこうせつさんの大ファンだということで、引き受けました。

綺麗なサイトにして下さって、クラウンさんに感謝です!


4月:「日経エンタテインメント!」
“つのはず誠のチャート診断”が連載まる5年

迎えました(微笑)。

 おそらく連載陣の中では、ダントツで無名なはず(爆)なのに、
ずっと続いております。おそらく読者の方のアンケートのお蔭です!



3月:コーヒーカラーシングル「OH!米家族(マイかぞく)」
の推薦文とキャッチコピーを寄稿

「人生に乾杯を!」でポテンヒットした男女ユニット、コーヒーカラー
の会心作です。彼らの作品は、“運転上手は床上手”とか
“男同士のサウナ”とかちょっと題材がユニーク(汗)なのが
多いんですが、これもディスコ・チューンなのに、“米食って
手と手を取り合って生きていこう!”という斬新な曲調です。
ちなみに、ボーカルの仲山さんは普段の衣装がスーツです(笑)。


3月:南こうせつさんシングル「恋はるか」の
推薦文を寄稿

「神田川」の続編とも言えるような永遠のラブソングだと
思います!なお、私自身は、クラウンさんの作品の推薦や
マーケティング分析でお仕事いただいておりまして、
ヒロリンのような復刻ものには関わっておりませんので念の為。


3月まで:
←の作品がより多くの人にご興味持ってもらえるように、
各メディアにせっせとプロモーション中。

私は、足で稼ぐので、皆さんは、お財布のヒモを緩めて(笑)
更なる企画実現に貢献なさって下さい♪
(ダウンロードや中古でいくら買っても復刻は進みませんよ〜)
2007年

2008年
こちらへどうぞ。
2005年

2006年
こちらへどうぞ。
2003

2004年
こちらへどうぞ。
2001年

2002年
こちらへどうぞ。

2000年
こちらへどうぞ。

言い訳ですが(汗)、本当はもっといろいろ細かい仕事もしています。
まぁ、またボチボチ更新してまいります。



トップページへ戻る