「臼井孝」&「つのはず誠」の仕事(2009年〜2010年)
最新の実績 トップページ
マーケティングアナリスト:臼井 孝としての仕事
音楽チャートアナリスト:つのはず誠
としての仕事
ささやかなお願い 時に書いた記事についてメールでお褒めいただくことがあり、大変励まされます。有難うございます!
よろしければ、媒体さんにお便りやコメントをお送り下さい。そうすればエンタメコーナーがさらに充実します。宜しくお願いします♪
2011年
こちらへどうぞ。
2010
12月:坂本冬美アルバム『Love Songs II
〜ずっとあなたが好きでした〜』解説のデータ部分を補足
(ボランティアですが名前は掲載されています)

11/24:ビクターより佐良直美3枚組ベスト
『ゴールデン・ベスト・デラックス』の提案、カバー部分選曲


10/6ユニバーサルミュージック企画CD
『COVER WHITE 男が女を歌うとき』
『COVER RED 女が男を歌うとき』 企画・監修・解説
公式サイトはこちら
 
呼んで字の如し企画のCDですが、ジャケット(武田製作所さま)
が素晴らしい!また、リマスタした時のオトナの上質感に驚き!
よろしければお聞き下さい。詳しくはこちら

9/22:ビクターCD『俺たちのフォーク!カバー篇』
制作・選曲をサポート(企画ではありません)

フォーク系のカバーが32曲山盛りに入って2980円!
詳しくはこちら

7月:ユニバーサルより企画CD
『また君に恋してる〜セカンド・プロポーズ』選曲サポート
ビリー・バンバンさんが長年いらっしゃるという強みから
生まれた企画で、男性から愛を告白する楽曲が多数収録。

5月19日:岩崎宏美さん高品質SHM-CD5作品

の企画、ボーナストラック選考、ライナーノーツ聞き手
  
 
 ナツメロを大人の歌声で楽しみたい方は、1番目と5番目が
オススメ。豪華ミュージシャンの凄腕LIVEは上方3番目の
『LIVE '96 ”FULL CIRCLE”』(CD+DVD)がオススメです。

 なお、これで3年間でCD47枚、DVD3枚+ベスト2作での
宏美さん復刻プロジェクトから卒業します。


3月17日:岩崎宏美さん
紙ジャケシリーズ23枚目『ALBUM』&24枚目『albumII』
の企画、ボーナストラック選考、ライナーノーツ聞き手

 
単なる童謡・唱歌集だと買いづらい方もいるかなぁ〜と思い、
NHKさんから貴重音源をお借りしました。リマスタも最高です!

名曲選『GOLDEN☆BESTII』の企画・選曲・解説、写真の選別補助


引退やご逝去された場合を除いて、他の歌手ではあり得ない
裏ベストが出せることになりました。超ロングセラーの前作
『GOLDEN☆BEST』(詳しくは別ページをどうぞ)と甲乙つけ難い
ほど、熱唱の連続!「月見草」「学生街の四季」「そばに置いて」
「姫ごころ」など、これA面じゃないの??という名曲の数々!
『あおぞら』とリンクした初公開フォトも掲載されています。


2月3日:企画CD『部屋カフェ#1
SCHOOL DAYS FLAVOR』の選曲を担当

女性ボーカルの卒業ソングを今様にインテリア・ポップス
としてカバーしたものです。軽く聞けてよろしいかと。
(私が関わるものでは珍しい(笑))

1月20日:企画CD『エンカのチカラ』第3弾
を企画・プロデュース

今度は、左がポップス中心の芳醇盤、
右が既存のエンチカに収録されたバラードの別歌手カバーの
吟醸盤です。でも、やっぱり上手い!
12月:日経エンタテインメント!年末特集
『年間チャート診断』を担当

 ・・これで9回目の執筆となります。支えて下さる方、
本当に有難うございます!


11月:日経エンタテインメント!12月号
「J-POP 2011年の主役」にて執筆


10月〜:全日本CDショップ店員組合サイトにて
「つのはず誠の元気が出るCDショップ」連載開始
 
・・約10年間、CDショップで買うと買わないの間を
 見つめてきたことが、まさか連載になるなんて!
 世の中不思議なものです。でも、ショップには、色んな
 マーケティングのヒントがあって楽しいですよ♪


10月:日経TRENDY11月号
実は意外な場所で売れている CD不況のウソ」を執筆

10月:日経エンタテインメント!11月号
「人の心を打つ歌詞の作り方」から
歌詞検索ランキングを分析
 ・・いろんな方から絶賛の声をいただいております。
 ラブソングにおける男女の変化が面白いです(微笑)。


10/20:岩崎宏美35周年企画『Dear Friends BOX』
のライナーノーツの聞き手を担当


総数27000字を執筆しました。35周年パンフと併せて、
宏美さんの歌や本人が好きになること間違いなし!

10月:ドリーミュージックよりデビューする女性SSW
曽根由希江「ギンモクセイ」の推薦文を執筆

9月:日経エンタテインメント!
「急上昇ガールズ」内 女性アイドルマップ作成
女性シンガーソングライターについて執筆

8月:日経エンタテインメント!
「ジャニーズサウンド解体新書」のチャート作成




7月:日刊スポーツにて秋川雅史さん新作インタビュー
 ・・“カバーに詳しい人”ということで執筆依頼いただきました。
アリスの「チャンピオン」がカッコいい!「愛のメモリー」
は予想に反して抑えているのがお見事。よろしければどうぞ。












4月:岩崎宏美さん35周年コンサートツアーの
パンフレットの記事部分を執筆

 ・・・執筆と言いますか、単に宏美さんが仰ったことを、
あれこれと文字に起こす担当でした。総数12,000字!!
ここでしか触れていない興味深い事実も多数あります!
<PART1:35周年について〜35年を迎えて、今思うこと>
<PART2:Dear Friendsについて〜カバーするということ>
<PART3:チェコとプラハについて〜チェコ共和国との出会い>

4月:日経エンタテインメント!の人気特集
「タレントパワーランキング」の音楽部門の分析、
GARNET CROWに関する分析を担当



3月:音事協magazineにて取材を受ける
 ・・・私という人間の作り方(笑)が気になる方は、
   配布場所等で獲得していただければ。












2月〜3月:XO JAPANにて音楽コラム執筆
・・日本の音楽シーンにおける特色を海外のファンに
向けてご紹介するというコラムです。英訳は別の方です。
私に聞かないで下さい(汗)。

第1回:アニメ
第2回:女性アイドル
第3回:カラオケと携帯発のヒット
第4回:限定ヒット


2009
11月〜12月:真面目にあれこれ分析していますが、
社外秘段階のものばかりなので、軽はずみには申せません。
えぇ、基本ワタクシ裏方人生まっしぐらなのです(苦笑)。


10月:
『アラフォー・ドライブ』(フォーライフ)企画・選曲

私ならではのマニアックなものではなく、30代後半〜40代の
方が素直に懐かしく思いつつも、今もノレそうな企画です。

9月:
障子久美、山田邦子、野沢直子の
ビクター集大成となる『GOLDEN☆BEST』
提案、選曲
障子久美の作品紹介ページはこちら
  
私、「卓越したボーカリスト」と「捨て身のパフォーマー」の
両極が好きなので、今回お仕事をさせていただきました。
障子さんは、佐藤竹善さんとの珠玉デュエット
「A Neverfading Love」がオススメ
。最新リマスタリングで
素晴らしい音になっているので中古でお持ちの方も是非。

8月:酒井法子さんの最近の音楽活動についてコメント
共同通信〜各スポーツ紙に配信、TBSテレビに出演
 ・・但し、別の媒体からのクラブやタトゥーを悪く決めつけて
コメントしてほしいという取材は断りました(笑)。


6月:歌詞検索サイト「歌ネット」にて
情報分析サービスの推薦文を寄稿
 ・・これを見てお声がけいただくことも多いです。

5月〜6月レコードメーカー、CD店組合にて
「デジタルとパッケージのヒット関係の考察」について講演

5月企画CD『地球バラード』
企画&選曲サポート

私には珍しくロック系、しかも男性ボーカリスト専門です。
しかし、心に沁みる名曲を厳選しています。


5月:橋真梨子カバー集『No Reason』
ヒット促進に向けてサポート


4月22日:企画CD『エンカのチカラ』を
企画・プロデュース
『エンカのチカラ GORGEOUS 90's-00's』
『エンカのチカラ GREAT 80's』
『エンカのチカラ GOLD 70's』

第1弾が少し売れたおかげで第2弾が発売されました。
さらに、色んな運動が広がればいいな〜と思います。


3月18日:企画CD
『想いうた〜歌姫フォーク・カバーズ』
『想いうた〜歌姫エール・ソングス』
の企画(後者は選曲サポート)・監修・解説

 
(ともにビクター、解説はつのはず誠ちゃん(笑)です)

・・『歌姫フォーク・カバーズ』は08年春から頓挫していた企画で
「女性が歌う男唄」というのを徹底しました。ジャケットは326氏。
12月:日経エンタテインメント!年末特集
『年間チャート診断』を担当
・・・今年も頑張らせていただきました。3ページと例年より
1ページ減っていますが、他のジャンルはすべて1or2ページ
の中、よく使っていただいていると感謝しております。














8月:歌詞検索サイト「歌ネット」にて
「「キラ☆歌」発掘隊」連載開始
歌詞検索ランキングについて分析するのは
初の試みなので、なんとか可愛がってもらえればと思います。


7月:日経エンタテインメント!にて
バンド特集について執筆









4月〜:共同通信社から各メディアに配信
音楽玉手箱」邦楽レビュー担当(月2回)
PV数のテコ入れにと、バトンタッチを受けました。
自分が関わったお仕事もシレっと書きますが、
どうぞ放置して下さい(微笑)。各文章の語尾に注目!(笑)






3月25日:企画CD
『こころのしずく〜未来に継がれていく歌〜』
解説のみを担当
(テイチク−タクミノート)

収録曲は「千の風になって」とか「吾亦紅」とか
「ハナミズキ」「案山子」「壊れかけのRadio」
「未来へ」「with」などなど・・。大人向けの名曲集です。
“泣け歌”ほどシンプルではありません。深いです。
ちなみに、ヒロリンの「始まりの歌、あなたへ」も収録
されています。(こちらでは、雇われライターですので、
私の意向は反映されていません、念のため。)


2月:日経エンタテインメント!
歌姫ランキング特集を執筆


かつてのベストテン黄金律方式で算出しました。
なかなか好評みたいです。

2007年

2008年
こちらへどうぞ。
2005年

2006年
こちらへどうぞ。
2003

2004年
こちらへどうぞ。
2001年

2002年
こちらへどうぞ。

2000年
こちらへどうぞ。

言い訳ですが(汗)、本当はもっといろいろ細かい仕事もしています。
まぁ、またボチボチ更新してまいります。



トップページへ戻る